脳血管・神経内科

脳血管・神経内科について

脳血管・神経内科とは、
脳梗塞や脳出血などを主な対象とする「脳血管内科」と、
頭痛・めまい・しびれなどを主な症状とする脳や神経の病気を扱う「神経内科」が一緒になった科で、
脳神経センターの内科部門を担当しています。
脳、脊髄、末梢神経、筋肉、感覚器に生じるさまざまな病気を手術ではなく、内科的に治療する科です。

脳血管・神経内科で診る病気

脳梗塞、脳出血、てんかん、髄膜炎、脳炎、認知症など

診療内容と特色

脳血管・神経内科と脳神経外科には強い連携があります

外来も入院も、脳血管・神経内科は脳神経外科と一緒に脳神経センターとして診療を行っています。これによって、内科・外科の枠を越えた患者さんの必要度に応じた高度な専門医療を提供しています。

脳卒中救急医療を24時間体制で行っています

脳卒中は1分でも早く治療を開始しなくてはならない病気です。脳神経センターでは24時間体制で脳卒中患者さんを受け入れています。横浜市が推進する脳卒中救急体制の幹事病院として発症4.5時間以内の脳梗塞に対する超急性期血栓溶解療法(tPA投与)にはとくに力を入れています。

脳卒中専用の入院病床であるSCUを備えています

SCU(脳卒中ケアユニット;6床)は厳しい設置基準をクリアした脳卒中急性期治療の専門病棟です。リハビリテーション科の協力で発症早期からの急性期リハビリを休日も含めて行っています。

回復期リハビリテーション施設と密接に連携しています

SCU病棟、脳卒中一般病棟での治療と急性期リハビリに引き続いて、脳卒中の程度によっては回復期リハビリの継続が必要な場合があります。脳神経センターでは脳卒中地域連携パスを通じて済生会神奈川県病院をはじめとする地域の多くの回復期施設と連携を図り、切れ目のないリハビリの継続を実践しています。

各種専門外来を充実させています

外来では脳循環評価外来、認知症を専門に扱うメモリークリニックといった専門外来を整備し、さまざまな神経疾患に対し高度な専門性のある医療を提供しています。

診療実績

2013年度 2014年度 2015年度
急性期脳卒中入院数 392 399 394
脳出血入院数 119 85 109
脳梗塞・TIA入院数 278 314 285
tPA(超急性期血栓溶解療法)投与数 21 24 19
急性期血栓回収療法施行数 14 12 7
自宅退院数 138 160 179
回復期リハビリ施設転院数 85 103 128
脳卒中地域連携パス使用数 149 140 125
メモリークリニック初診外来受診数 48 176 124

スタッフ紹介

副院長
脳神経センタ―長
脳血管内科部長
■丸山路之(まるやまみちゆき)
新潟大1983年卒
専門分野
脳血管内科
特に専門としている分野
脳血管障害の診断と治療(神経超音波検査・脳血流SPECT検査・脳血管造影検査)
学会専門医・認定医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
労働衛生コンサルタント
神経内科部長
■後藤 淳(ごとうじゅん)
慶應義塾大1988年卒
専門分野
神経内科
特に専門としている分野
神経内科全般、認知症診療
学会専門医・認定医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本頭痛学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医
医長
■丸山淳子(まるやまあつこ)
東邦大1997年卒
専門分野
脳血管内科
特に専門としている分野
神経超音波検査、脳卒中急性期治療
学会専門医・認定医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
医長
■小倉直子(おぐらなおこ)
東邦大2001年卒
専門分野
脳血管内科
特に専門としている分野
脳卒中急性期治療、脳血管内治療
学会専門医・認定医
日本内科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
日本神経学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
医長
■笠井陽介(かさいようすけ)
山梨大2003年卒
専門分野
脳血管・神経内科
特に専門としている分野
脳卒中急性期治療・脳血管内治療
学会専門医・認定医
日本内科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
日本神経学会専門医
医長
■齋藤充弘(さいとうみつひろ)
岩手医科大2006年卒
専門分野
脳血管・神経内科
特に専門としている分野
脳卒中急性期治療
学会専門医・認定医
日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
医長
■伊達悠岳(だてゆうがく)
慶應義塾大2007年卒
専門分野
神経内科
特に専門としている分野
神経内科全般、認知症診療
学会専門医・認定医
日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
日本認知症学会専門医・指導医