整形外科

整形外科について

整形外科では、外傷・変性疾患・リウマチ・スポーツ整形等、運動器外傷、疾患の殆どの領域を扱っています。
上肢外科・脊椎脊髄外科・下肢外科・リウマチ・スポーツ整形外科などの分野の専門医と、これから専門を決めるために整形外科一般を学ぶ若手研修医が協力して診療にあたります。
有効性の認められた最新の治療法を積極的に取り入れる一歩先の医療に取り組むことは言うまでもなく、他施設で治療に難渋している患者さんの治療をお引き受けすることも当院の使命と考えています。
これからも近隣の医療機関との連携を保ちつつ、横浜市東部地区の中核病院として機能することを目標にしてまいります。

初診で紹介状をお持ちの方は予約が可能です。詳しくはこちらをご覧下さい。

対象疾患

主な診療内容 

手外科 
膠原病 

「上下肢骨折・骨盤骨折」

上下肢骨折に対しては、髄内釘、ロッキングプレート、MIPO(最少侵襲プレート固定法)、創外固定など最新の技術を取り入れ、可及的に最小侵襲手術を行っています。感染性偽関節や骨欠損、脚長不等に対しては骨輸送や骨延長などによる治療も行っています。救急科から連絡を受けた開放骨折や骨盤骨折、多発骨折などには緊急対応、緊急手術を行っています。重度の骨盤骨折に対しては、後遺障害の予防のため、積極的に骨接合術を行なっています。

「手外科」

日常的に見られるばね指やドケルバン病などの腱鞘炎、手根管症候群・肘部管症候群などの末梢神経障害、手の外傷(骨折、腱損傷、神経損傷)、リウマチやその他の原因による手・指の関節炎、手の腫瘍、腕神経叢損傷、など幅広く扱っています。手根管症候群に対しては患者さんの希望により、鏡視下手根管開放術または手掌内小切開による手根管開放術を選択しています。指尖損傷については植皮や皮弁形成を用いないocclusive dressingを行っています。
「手外科外来」詳細ページへ

「脊椎損傷・脊髄損傷」

当院は三次救急病院ですので、救急部と連携を取り緊急手術にも対応しています。脊椎損傷、脊髄損傷に対しては、手術による脊髄神経圧迫因子の除去や脊椎固定による神経障害の改善、脊柱安定化を図り、早期離床・早期リハビリテーションによる社会復帰を目指しています。

「骨粗鬆症性椎体骨折」

骨粗鬆症を基礎疾患に持つ高齢者脊椎(圧迫)骨折に対しては、薬物療法(最新の骨粗鬆症薬、消炎鎮痛薬の投与)、装具療法(コルセット作製)を行います。椎体圧潰の進行や偽関節化、神経障害が出現した場合は、椎体形成術や脊椎固定術を施行します。当院では保存療法から経皮的椎体形成術(Balloon Kyphoplasty:BKP)、前方固定術、後方固定術と全ての外科手術に対応し、症例に応じて適切な治療方法を選択し行っております。

経皮的椎体形成術(Balloon Kyphoplasty:BKP)

「頚椎症性脊髄症・神経根症」

頚椎症性脊髄症に対しては保存的治療無効例に対して脊柱管拡大術を行っています。手術は後方支持組織を温存する低侵襲な選択的椎弓形成術(白石式後方除圧術、スキップラミネクトミー)を行い、手術翌日から離床可能です。また術後装具も必要ありません。頚椎症性神経根症は保存療法無効例に対して、後方除圧術や前方除圧固定術を施行しています。

手術前
手術後

「脊椎側彎症・後側彎症」

思春期特発性側彎症はレントゲン検査を含む定期的な検診を行い、治療の必要な例には装具療法や、手術の必要な例には矯正固定術を行っています。手術は症例に応じて前方固定術や後方矯正固定術を行っています。成人脊柱変形(側彎症・後側彎症)は症例に応じて矯正固定術を行います。非常に難易度の高い手術ですが、当院では県内でも数少ない日本側彎症学会の委員も務める側弯症専門医が担当しています。 毎月第1・3月曜日午後1時から午後3時に専門外来として『側彎症外来』を行っております。

「腰部脊柱管狭窄症」

腰部脊柱管狭窄症は、保存療法の効果ない例に対して後方除圧術(開窓術)を行っています。手術は後方筋組織を温存するように低侵襲な棘突起縦割式椎弓切除術を行い、手術時間は1椎間で30‐40分程度で、手術翌日から離床可能です。脊椎不安定性のあるような場合は脊椎後方固定術(PLIF)を併用します。症例に応じて低侵襲手術(MIS-TLIF, MISt)も行っています。他院での術後経過不良例や多数回手術症例(MOB)に対する救済手術にも積極的に取り組んでいます。

「骨粗鬆症」

2015年現在、日本国内の骨粗鬆症患者数は1300万人と推定され、国民の1割に達しようとしています。骨粗鬆症は骨の「正常な老化」ではなく、治療の必要な疾患であり、放置していると骨の量と質が低下し、骨折のリスクが大きくなります。骨粗鬆症は静かに進行し、背中の骨では転んだりぶつけたりといった外傷がなくても気づかないうちに骨折していることがあります。また、ちょっとしたはずみで転倒しただけで股関節の骨を骨折(大腿骨頸部骨折や転子部骨折)すると、人によっては寝たきりになってしまうことがあります。特に女性では、閉経後10年の間に急激に骨量が減少することが知られており、早期の発見と治療開始が重要です。近年、骨粗鬆症に対しては多くの治療薬が開発され、治療法も大変進歩いたしました。 当院の骨粗鬆症外来では骨密度検査、X線および血液検査とご本人の年齢、既往歴などから最適な治療法を選択し、定期的に治療効果を判定してまいります。

「変形性股関節症」

変形性股関節症は、臼蓋形成不全、大腿骨頸部骨折などの外傷の後遺障害、加齢的変化によっておこります。股関節痛や股関節の動きが悪くなり、生活動作に支障がでてきます。初期のころは、鎮痛剤や外用剤などの保存的治療を行いますが、保存的治療無効例には積極的に人工股関節置換術を行っております。手術は、810cmの皮膚切開により人工股関節置換術を行う最小侵襲・最小切開法(MIS-THA)で手術を行っています。手術翌日からの全荷重歩行訓練を行い、手術後約2週間で退院できるようにリハビリテーション指導を行っています。また、他病院では治療困難な再置換手術や臼蓋形成不全の症例には骨盤回転骨切り手術を行い、多くの股関節疾患の治療を最先端の方法で取り組んでおります。両側の股関節症の方には、患者様の健康状態や股関節症の進行具合にもよりますが、両側同時人工股関節置換手術も行い、治療期間の短縮を図っております。

「大腿骨頭壊死症」

大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭への血流が障害されるこことで、大腿骨頭が壊死にいたり、その後、大腿骨頭が圧潰・変形する疾患です。 大腿骨頸部内側骨折後や潜函病が原因であることもありますが、原因が不明な特発性大腿骨頭壊死症もあります。ステロイド大量療法やアルコール多飲などが背景因子として知
られています。こうしたことが原因で、大腿骨頭への血行が障害されると考えられています。骨頭が圧潰され、変形が進む場合は、変形性股関節症治療と同様に最小切開法での人工股関節置換術(MIS-THA)を行い、良好な成績をおさめています。
daitaicotsu

「乳児股関節超音波検診」

生まれたお子様の将来的な股関節の変形をきたさないためにも、生後3~4か月に専門施設で検査することをお勧めしております。 一般的には4か月検診で股関節の動きや脚の硬さ、大腿部の皺の数により、小児科医師が股関節の検診を行っております。当院整形外科では、乳児股関節検査をレントゲンではなく、被爆のおそれがない超音波を用いた専門的な検査を行っています。検査は生後すぐから7ヶ月くらいまで可能ですが、一般的には生後3~4か月で検査をしています。検査は第1、第3水曜日 の午後14:00から16:00に予約制で実施いたしております。希望される方は整形外科受付にお問い合わせ下さい。また、股関節に不安があるお子様の相談も受け付けています。是非お立ち寄り下さい。

▶「乳児股関節検診」の詳細ページへ

「変形性膝関節症」

変形性膝関節症に対する治療の基本は運動療法を代表とする非薬物療法と薬物療法の組み合わせから成る保存的治療です。手術の多くは人工膝関節置換術ですが、開院翌年の2008年以来年間150例前後、最近は200例近く行われいます。本手術も最少侵襲法を原則としながら、最近は患者さん個人個人の骨の形態に合わせて作製した手術工具を使用して行う新しい手術法も取り入れています。術後1週間程度経過し状態が安定したら済生会神奈川県病院へ転院してリハビリテーションを継続していただき自宅退院を目指していただきます。

 

「膝前十字靭帯損傷・半月板損傷」

近隣にスポーツ整形外科が盛んな施設の多い地域に位置する当院ですが、日本整形外科学会スポーツ医や日本体育協会スポーツドクターが勤務しており膝前十字靭帯損傷・半月板損傷の患者さんがコンスタントに紹介されてきます。関節鏡視下手術を積極的に行って対応しています。関節鏡視下手術は整形外科下肢外科部門の得意手術の一つです。

hizazenjuujijintai

鶴見区ひざ痛予防対策事業に協力し、鶴見区ひざ痛予防ネットワークを構築。ひざ痛予防のための体操は「ひざひざワッくん体操」と名付けられ、現在ではDVDやYouTubeを通じて全国に発信されています。

「スポーツ外傷・障害」

上肢ではマレット指、小児のスポーツ中の骨折、少年野球肘、投球骨折など、下肢ではサッカー少年に多いオスグッドシュラッター病、有痛性二分膝蓋骨、膝離断性骨軟骨炎、アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷などに対し必要に応じて手術を行っています。

「関節リウマチ」

関節リウマチに対しては、早期からの的確な治療によって将来の関節破壊を予防し、寛解に導くことが最も重要だと考え、現在わが国で投与可能な7種類(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジア)の生物学的製剤を積極的に導入しています。多くの生物学的製剤は自己注射で投与しますが、そのやり方についてはリウマチケアナースを中心とした外来看護師が丁寧に指導いたします。 2015年からはさらに強力と考えられているヤヌスキナーゼ阻害剤(ゼルヤンツ)の使用も開始しました。万一副作用が発現した時は、外来看護師や救命救急センターがタイムリーに対応し、呼吸器内科、救急科など他科との連携のもとで速やかに治療を行うことが可能です。 また当院では、上肢、下肢、脊椎とあらゆる部位における関節リウマチの手術に対応していますが、手術の多くを占めるのが人工関節置換術です。かつては人工関節置換術の多くが膝や股関節に行われていましたが、生物学的製剤登場後はより高い生活レベルを求めて先に述べた手指手術や写真で示すような足趾の手術が増えてきています。

「膠原病」

関節リウマチと異なる膠原病には、内科系リウマチ・膠原病科医(非常勤)に診断、治療をお願いしています。

 

学会施設認定

日本整形外科学会認定施設、日本手外科学会認定施設、日本リウマチ学会認定施設

医療設備

MRI、CT、神経電気生理学的検査機器、骨密度測定装置、手術用顕微鏡、関節鏡、レーザー手術器具、CUSAルーム、ナビゲーションシステム、バイオクリーンルームなどを取り揃えて診療に役立てています。

側彎症外来

名称未設定-3

  せぼね(脊柱)がねじれをともない側方に曲がってくる症状を「側彎症」といいます。側彎症の多くは、成長期の子供に発症しますが、自覚症状に乏しいため、はじめは本人も周りの人たちも気付かないことが多くあります。外見の変化が明らかになる頃には脊柱の変形が相当進んでいる場合もあり、治療のタイミングを逸しないためにも専門医による早期発見・早期診断が大切です。

 当院ではそうしたお子さんの側彎症をはじめ、成人の方(成人脊柱変形)に対しても、国内でも数少ない日本側彎症学会の委員を務める側彎症専門医が診療いたします。学校の検診で側弯を指摘された場合、背骨の変形をご本人またはご家族が気付かれた場合は、一度受診にお越しください。

思春期特発性側彎症の場合

明らかな原因がなく成長期に脊柱が弯曲する病気を特発性側彎症と呼びます。なかでも10歳以降に発症するものが80%以上と最多で、これを思春期特発性側彎症と呼びます。当院では脊椎全長のレントゲン検査等を含む、定期的な診療で経過を診ます。要治療の場合は装具療法または手術療法(矯正固定術)を行います。
装具療法(保存治療)
  骨が未成熟で成長期にあり、側弯の大きさが20-25度を超える場合
手術
  側弯が進行し40-45度を超える場合(側弯のタイプや骨の成熟度により異なります)

成人脊柱変形(変性側彎症・後側彎症)の場合

加齢に伴い脊柱が変形し、立位のバランスが不良になった場合などにも治療が必要となることがあります。成人脊柱変形では腰痛や歩行障害などのほか、消化管の圧迫による症状(胃食道逆流症)を生じることもあります。症例に応じて前方固定術や後方矯正固定術を行います。

fukuda

診療日

毎週月曜 13:00〜15:00(要予約・要紹介状)

予約方法

側彎症外来は紹介予約制です。
ご予約を希望の方は、他医療機関からの紹介状をご用意の上、整形外来までお電話ください。
☎︎ 045-576-3000(受付13:00〜16:00日祝休)

メディア情報

「いしゃまち」
https://www.ishamachi.com/?p=34396(外部リンク)

「関節が痛い.com」
https://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc159.php(外部リンク)

乳児股関節検診

乳児の股関節は大丈夫?

 当検診では生後3~7か月くらいまでの乳児を対象に股関節脱臼の診断をしております。同様の検診を行う病院の多くはレントゲンで股関節脱臼の検査をしておりますが、当院では整形外科の専門医がレントゲン被爆のない、超音波診断装置(エコー)を使用し、股関節脱臼の検診をしています。被爆することもなく、精度の高いチェックが可能です。

まずは一度受診を ~最先端な方法による股関節を精度の高い超音波(エコー)で検査します~

 先天性股関節脱臼は、全国の小児科医による乳児健診実施などにより、1970年代以前との比較では10分の1以下と激減してきました。しかし、健診がおこなわれているにもかかわらず、歩行開始後に股関節脱臼と診断され、治療が遅れてしまい将来的に股関節症をおこす例が全国的にみられ問題となっております。われわれは、生後4か月~7か月のお子様の股関節の状態をレントゲンよりも高い精度で確認できる超音波エコー装置で診断し、将来にわたって股関節症をおこさない取り組みをしております。乳児股関節超音波検査は欧米では一般的ですが、日本では検査ができる施設がまだまだ少なく、股関節の専門医が検査をおこなっております。

 

股関節健診の実際

現在、横浜市では小児科の先生方や地域の健診センターで生後4か月健診をおこない、股関節脱臼を検査しております。検査の方法は、以下の通りです。

  1. 股関節の動き(開排制限があるかないか)を検査します。開排制限といって股関節の開きが硬いかどうかをみます。
  2. 大腿部、そけい部の皮膚皺が左右対称かどうかをみます。
  3. 家族歴のかた、血縁者のかたの股関節疾患があるのか?
  4. 女児
  5. 骨盤位分娩(帝王切開時の肢位を含む)

1.の場合、関節開排制限が陽性であれば専門施設に紹介する。または2、3、4、5のうち2つ以上あれば専門施設に紹介する。

以上の健診により、股関節の異常や股関節脱臼の危険性が高いと判断された場合、当院にご紹介いただいております。

当院では、股関節の詳しい診察や超音波検査をおこない正確な診断と治療に努めております。もし、股関節脱臼が認めれらた場合は専用の装具を使用したり、日常生活での注意点等を説明しております。

 

希望者はいつでもご相談ください

紹介状がなくても大丈夫です。将来の股関節障害をおこさないためにも、乳児のうちに一度、股関節専門検診をお受けいただくことをお勧めします。

紹介状がない方は自費診療でおこなっておりますが、保険を使用した場合と費用とほぼ同額です。みなさま、どうぞ検診にお越しください。

整形外科 副部長
船山 敦
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本体育協会スポーツドクター

ご予約・お問い合わせは整形外科外来までお電話下さい

TEL 045-576-3000(平日9:00~16:00)

================================
対象年齢
生後3~7ヵ月
検診日
毎月第1・3水曜日 14:00~16:00
費用
3,500円(自由診療/治療が必要な場合は保険診療)
================================

手外科外来

人間の手は神経、血管や腱などが非常に複雑に入り組んだ構造をしており、その治療には豊富な知識と経験、繊細な手術技術が必須とされています。当院では日本手外科学会認定の手外科専門医が、患者さん一人ひとりの病状とニーズに応じた最善の治療をテーラーメイドで行います。

手外科疾患、外傷(肩関節から指先まで)でより専門的な治療を希望される方は、
毎週木曜13:00~15:00(予約不要・要紹介状)にお越しください。

学会出張などのため休診になる場合があります。
あらかじめお問い合わせの上、受診される事をおすすめします。

新治療開始「デュピュイトラン拘縮」を切らずに治す!   

デュピュイトラン拘縮とは、手のひらから指にかけての皮下にこぶのようなものができる原因不明の疾患です。

痛みや腫れなどはありませんが、皮膚が引きつれて徐々に指が伸びなくなといった特徴があります。
従来はこうした症状に対し手術(腱膜切除術)を行っていましたが、創の範囲が大きくなる、一時的に縫合後の傷跡が開いて消毒等の処置を要する、手術時に指神経を損傷する可能性があるなどの問題も報告されておりました。
当院ではこの度、海外で確立されそして本邦でも認可された注射薬「ザイヤフレックス」による治療を開始しました。切開をせずに、拘縮箇所に注射(局所投与)のみで完治が期待できるものです。当治療は、手外科専門医のみ取扱い可能であり、症状をよく見極めることが大切です。
手外科外来ではザイヤフレックスによる治療を含めて患者さんに最適の治療法をご提案します。

手外科の対象疾患

骨折(上腕骨・肘関節・前腕骨・手関節・手根骨・指節骨)、靭帯損傷(肘関節・手関節TFCC・指関節)、関節リウマチ、腱損傷、神経損傷など。特に開放骨折、小児の骨折など緊急性を要す症例に関しては、近隣のどの病院よりも速やかな対応が出来るよう心掛けております。

yamabe
担当医師
運動器センター整形外科 医長
山部英行
1998年 慶應義塾大学医学部卒
医学博士
日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会認定手外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
アメリカ手外科学会(ASSH)国際メンバー

手術実績

無題

スタッフ紹介

運動器センターセンター長
整形外科部長
■福田健太郎
(
ふくだけんたろう)

山梨医科大1996年卒

専門分野

脊椎・脊髄外科、脊柱変形

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定指導医
慶應義塾大学医学部客員講師
藤田保健衛生大学医学部客員教授

副部長
■船山 敦
(
ふなやまあつし)

慶應義塾大1997年卒

専門分野

股関節外科、膝関節外科、人工関節手術

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本体育協会スポーツドクター

副部長
■山部英行
(
やまべえいこう)

慶應義塾大1998年卒

専門分野

上肢外科

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本手外科学会認定手外科専門医・代議員
日本体育協会スポーツドクター

医長
■北村和也
(
きたむらかずや)

慶應義塾大2002年卒

専門分野

脊椎、脊髄外科

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定指導医

医長
■谷川英徳
(
たにかわひでのり)

慶應義塾大2002年卒

専門分野

膝関節外科、人工関節手術、リウマチ、スポーツ整形

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本体育協会スポーツドクター

医長
■堀内孝一
(
ほりうちこういち)

順天堂大2003年卒

専門分野

上肢外科

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会認定手外科専門医

医長
■池田大樹
(
いけだだいき)

藤田保健衛生大2005年卒

専門分野

整形外科一般

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医

医長
■藤江厚廣
(
ふじえあつひろ)

慶應義塾大2006年卒

専門分野

股関節外科、膝関節外科、骨粗鬆症

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本骨粗鬆学会認定医

医員
■山本竜也
(
やまもとたつや)
慶應義塾大2013年卒

専門分野

整形外科一般

医員
■小林洋樹
(
こばやしひろき)

産業医科大2013年卒

専門分野

整形外科一般

学会専門医・認定医

日本医師会認定産業医

シニアレジデント
■田中信行
(
たなかのぶゆき)
秋田大2015年卒

専門分野

整形外科一般

シニアレジデント
■藤本拓也
(
ふじもとたくや)

東邦大2015年卒

専門分野

整形外科一般

非常勤
■野本 聡
(
のもとそう)

慶應義塾大1982年卒

専門分野

膝関節、リウマチ、スポーツ整形

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本リウマチ学会指導医
日本リウマチ学会専門医
日本リウマチ財団登録医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本体育協会スポーツドクター
慶應義塾大学医学部客員講師
東邦大学薬学部客員教授

済生会神奈川県病院
整形外科専任部長
■山中一良
(
やまなかかずよし)

慶應義塾大1982年卒

専門分野

手外科、末梢神経、上肢疾患・外傷

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ財団登録医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本手外科学会認定手外科専門医
慶應義塾大学医学部客員講師

済生会神奈川県病院
整形外科部長
■谷田部 拓
(
やたべたく)

獨協医科大1996年卒

専門分野

膝関節外科、リウマチ

学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ学会専門医