プライバシーポリシー

個人情報保護基本方針

当院は、当院が保有する、患者さんや利用者の方の個人情報について、個人情報の保護に関する法令、及び「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」、その他の規範を遵守し、個人情報保護基本方針を定め、これを実行し維持することに努めます。

 

. 個人情報の取得について

個人情報は、適法かつ公正な手段によって、診療・看護及び医療にかかわる範囲で取得いたします。

. 個人情報の利用について

個人情報は、診療・看護及び医療にかかわる利用目的の範囲で、業務の権限を与えられた職員のみが必要な限りにおいて利用いたします。利用目的は公表又は通知し、その他の目的に個人情報を利用する場合は、利用目的を予めお知らせし、ご了解を得た上で利用いたします。

. 個人情報の提供について

提供の範囲は原則として、個人情報を第三者(*1)に開示、提供及び預託をすることはありません。ただし、診療、医療費請求、行政機関等からの要請、医学研究等公共的要請により個人情報を第三者に提供する時は、法令上必要な措置を講じます。

(*1):第三者とは患者さんご本人及び病院以外をいい、本来の目的に該当しない、または患者さん本人によりその個人情報の利用の同意を得られていない団体または個人をいう。

. 個人情報の適正管理について

個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、紛失、破棄、改ざん、及び漏えい等を防止いたします。院内規程を定め職員、その他関係者はこれを遵守し、個人情報の適正な管理に努めます。

. 個人情報の開示・訂正等について

患者さんご自身が、個人情報の開示を求められた場合は「診療情報の提供等に関する取扱い規程」に従って対応いたします。また、内容が事実でない等の理由で訂正等を求められた場合も、調査し適切に対応いたします。

. 問い合わせ窓口について

お問い合わせ窓口は、1階 患者相談窓口でお受けいたします。

 

2007年330
2011年61
2018年910

済生会横浜市東部病院
病院長 三角隆彦

個人情報の取扱について

当院は、個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、患者さんや利用者の方の個人情報については以下の目的で利用させていただきますので、ご了解いただきますようお願いいたします。

 

医療の提供に必要な個人情報の利用範囲と情報の共有

●診断・治療に必要な個人情報について、院内で利用いたします。

●治療を行なう上で、他の病院、診療所、福祉施設、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との円滑な連携のため情報を提供いたします。

●連携医療機関のうち、同一事業者の施設である、済生会神奈川県病院、済生会東神奈川リハビリテーション病院との患者情報の共有をいたします。

●他の医療機関等からの照会への回答のため情報を提供いたします。

●治療のため外部の医師に情報提供し意見を求めることがあります。

●医療の提供に際して、家族等へ病状の説明を行なうことがあります。

●検体検査業務の一部委託やその他の業務委託に伴う、業務に必要な範囲で情報を提供いたします。

 

医療保険事務に関する利用の範囲

●医療保険事務に関して必要な個人情報について、院内で利用いたします。

●審査支払機関への診療報酬の提出に関する情報の提供をいたします。

●審査支払機関または保険者からの照会があった場合、情報を提供いたします。

●医療保険事務の一部委託に伴う委託先へ情報を提供いたします。

 

管理運営業務における利用の範囲

●入退院等の病棟管理のため情報を利用いたします。

●病院の経営・運営管理、サービスの維持・改善のための基礎資料として利用することがあります。

●医療の質の向上、安全確保、医療事故あるいは未然防止の検討、報告に際して利用することがあります。

●当院は臨床研修指定病院、看護師実習施設等の指定を受けているため、研修医、看護学生等、医療実習への協力のために情報を利用いたします。

●医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談または届け出に利用することがあります。

●病院の管理運営上、外部監査機関へ情報を提供する場合があります。

 

症例研究、学会・研究会での利用の範囲

●医師・看護師及びその他の職員が勉強会、症例検討会、剖検・臨床病理検討会などで教育を目的として利用することがあります。

●外部の学会、研究会、学会誌等で個人を特定できる情報を匿名化したうえで利用することがあります。事例の内容から匿名化が困難な場合は、その利用については原則として患者さん本人の同意を得ます。

●臨床研究・治験・市販後臨床試験等において関係する法令、指針等に従い利用することがあります。

 

がん対策の対応での利用の範囲

●当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けておりますことから、国等への報告や研究に関して院内がん登録の情報を提供いたします。

 

【利用目的の例外 法令等に基づく場合等】

●上記の利用目的に関わらず、法令に基づく場合、及び生命、身体、財産保護、公衆衛生の向上、児童の健全育成、行政等の公共団体からの協力依頼の場合には例外として、本人の同意を得ることなく利用することがあります。

 

上記の利用目的について、特段の意思表示がない場合は、同意が得られたものとして取り扱うことといたします。また、同意しがたいものがある場合には、担当窓口(1階 患者相談窓口)までお申し出くださいますようお願いいたします。

          2007年3月30日
2016年11月1日
2018年9月10日

済生会横浜市東部病院
病院長 三角隆彦

 

マイナンバーの利用目的について

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号利用法)」に基づき、社会保障、税、災害対策に関する下記の利用目的の範囲内で取り扱うこととし、その範囲を超えて利用することはいたしません。

1.職員(扶養家族を含む)に係る個人番号関係事務

1. 給与所得・退職所得の源泉徴収票作成事務

2. 雇用保険届出事務

3. 労働者災害補償保険法に基づく請求に関する事務

4. 健康保険・厚生年金保険届出事務

5. 勤労者財産形成貯蓄制度に係る個人番号関係事務

6. 個人住民税に関する事務

 

2.職員の配偶者に係る個人番号関係事務

1. 国民年金の第3号被保険者の届出事務

 

3.職員以外の個人に係る個人番号関係事務

1. 報酬・料金等の支払調書作成事務

2. 配当、剰余金の分配及び基金利息の支払調書作成事務

3. 不動産の使用料等の支払調書作成事務

4. 不動産等の譲受けの対価の支払調書作成事務

 

 

事務取扱担当者

   済生会横浜市東部病院 人事室