スキルトレーニングセンター 概要

スキルトレーニングセンター概要

済生会横浜市東部病院スキルトレーニングセンターは、当院のすべての職員(医師、看護師、コメディカルスタッフ、事務職)がシミュレーション・トレーニングを行えるよう、開院時にオープンしました。さまざまな手技やチーム医療のトレーニングが行えるよう各種シミュレーターを取りそろえています。また、専任のスタッフが心肺蘇生やAED等の講習会を実施しています。

地域中核病院として、登録医の皆さまや近隣の病院やクリニックのスタッフ、また当院を利用されている患者さんやご家族の方々にも利用いただけるよう、内容の充実を図っていく予定です。

スキルトレーニングセンター

模擬病室

設備

施設概要

総床面積 89m2
ベッド 3台
ホワイトボード 2台
テレビ 1台
ビデオカメラ 1台
救急カート 2台

シミュレーター

スキルトレーニングセンターが所有しているシミュレーターです。

  • 高機能患者シミュレーターECS:1体

  • ハートシムACLSトレーニングシステム:2体

  • 中心静脈注射シミュレーター:1台

  • 腰椎穿刺・麻酔シミュレーター:1台

  • 動脈採血シミュレーター:1台

  • 採血静脈シミュレーター:10本

  • 点滴・採血トレーナー:1本

  • 気道管理トレーナー:1台

  • 吸引モデル:1台

  • AEDトレーナー:4台
    (Phillips製2台、日本光電製1台、Medtronic製1台)

  • レサシアン(成人CPRマネキン):
    6体(半身5体、全身1体)

  • レサシジュニア(小児CPRマネキン):1体

  • 分娩介助モデルセット:1台

  • 女性導尿・浣腸トレーニングモデル:1台

  • 男性導尿・清拭モデル:1台

  • 骨髄穿刺トレーナー:1台

  • フィジカルアセスメントモデル“physiko”:1体

  • ニューボーン アン:1体

  • ALSベビートレーナ200:1体