患者さんのための地域連携

地域の患者さんに、安⼼して医療を受けていただくための地域連携。

高齢化によって増え続ける医療費を抑えるために、国は2025年を⽬標に病院のベッド(病床)数を減らし、⾼度な医療を必要としない⼈を⾃宅や介護施設での療養に移⾏する⽅針を⽰しました。

鶴⾒区唯⼀の高度急性期病院である当院では、⾃宅や介護施設へ移った患者さんが住み慣れた地域で⾃分らしい暮らしを最期まで続けることができるよう、開院当初から「地域完結型医療」を強く推進し、多職種・多施設の連携によって地域ぐるみで⽀える体制づくりに努めてまいりました。

患者さんに安⼼して過ごせる地域完結型医療の構築には、なによりも地域の医療機関同⼠の緊密な連携が必要です。地域の先⽣⽅には、「連携登録医」としてきめ細かな連携を行うパートナーになっていただき、より質の高い患者さん中⼼の医療をご⼀緒に目指したいと考えております。

医療連携センター センター長 宮城盛淳

 

地域全体で患者さんを支えるための 紹介制度・逆紹介制度を推進

当院では地域における医療機関の機能分担を図るため、救急を除く初診外来では、診療所や⼀般病院からご紹介いただく紹介制度を基本としております。当院での診断・治療の後は紹介元の医療機関へ逆紹介をいたします。⽇常の疾患管理は地域の診療所や⼀般病院の先⽣⽅に診ていただき、定期的な検査や⼊院は当院が担当する「2⼈(ダブル)主治医制」を実施して、地域全体で患者さんを⽀えるシステムづくり(病診連携)を推進しています。

紹介・逆紹介の推移

より多くの患者さんに高度医療を提供するために

地域の⾼度急性期病院として、より多くの患者さんに救急医療、⾼度専⾨医療を提供できるよう、当院では急性期治療を終えた患者さんには、連携先の病院へ転院していただくか、かかりつけ医による在宅医療を受けていただくようお願いしております。退院後も安⼼して治療を継続できるよう、病状の急変時や専⾨的な検査・治療が必要な場合にはすぐに当院で対応できる体制を整える(病病連携)ほか、⽼健施設、在宅訪問看護ステーションなど介護施設との連携(病介連携)を深め、⼈⽣の最期まで住み慣れた地域で適切な医療と介護を受けられる病院連携ネットワークの構築をめざします。