小児肝臓消化器科

小児肝臓消化器科について

小児肝臓グループこのたび2015年4月を機に当小児肝臓消化器科はこどもセンター部門から消化器センター部門へと移り、オンコール体制を整えいよいよ邁進していく所存です。わが国の小児科は、肝臓・消化器を専門にしている施設は首都圏のみならず、全国的にも極めて少ないのが現状です。当科では肝臓学会認定の肝臓専門医の資格を有する小児科医と消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医の資格を有する小児科医が参集し、常に小児専門医による高度な肝臓・消化器専門医療を展開しております。また、病棟には常に専門診療を必要とされている患者さんがいらっしゃいます。専門外来には紹介を受けた患者さんが全国各地から来られます。肝生検、消化器内視鏡上部・下部・ERCPの症例数は下記表をご覧ください。2010年からは小腸カプセル内視鏡を始め、翌年からはダブルバルーン小腸内視鏡も始めました。お子さんのおなかの症状で少しでも気になることがございましたら、ぜひ当科へお越しください。

小児肝臓消化器科  部長  乾 あやの

小児肝臓消化器科で診る病気

肝臓、胆嚢、膵臓疾患群

急性肝炎、慢性肝炎(B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス)、劇症肝炎、急性肝不全、肝硬変、門脈圧亢進症、自己免疫性肝炎、家族内進行性肝内胆汁うっ滞症、胆道閉鎖症、総胆管のう腫、原発性硬化性胆管炎、脂肪肝(NASH)、薬剤性肝炎、代謝性肝疾患(糖原病、ウイルソン病、シトリン欠損症など)、体質性黄疸、胆石症、胆のう炎、急性膵炎、慢性膵炎 など

消化器病疾患群

難治性下痢症、胃食道逆流症、肥厚性幽門狭窄症、胃十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病、急性虫垂炎、過敏性大腸炎、アレルギー性胃腸症、血管性紫斑病、小腸重積、慢性便秘症、急性胃粘膜病変、食道静脈瘤、若年性ポリープ など

診療内容と特色

慢性肝炎の治療

小児期における慢性肝炎は症状がほとんどないため見過ごされることが多い疾患です。小児期には無症状であっても将来、肝硬変や肝がんを発症する可能生があります。私たちは慢性肝炎をきたす肝炎ウイルス感染症、自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎、原発性硬化性胆管炎)などを的確に診断し、肝硬変になる可能性がある小児には治療を行っています。具体的にはB型慢性肝炎に対してはペグインターフェロンや核酸アナログ製剤、C型慢性肝炎には副作用に少ないペグインターフェロン単独療法、自己免疫性肝炎には私たちが考案し、現在わが国の小児では標準的な治療法となっているステロイドパルス療法を行っています。 小児の慢性肝炎は自覚症状がほとんどありません。そのため、小児のQOLにおいては、普通の日常生活を送りながら治療することが重要であり、遠方から来られる患児には地元の主治医に日常診療をお願いし、患児の進学や進級に支障のないように専門外来にて診療を行っています。 小児の慢性肝炎は自覚症状がほとんどありません。そのため、小児のQOLにおいては、普通の日常生活を送りながら治療することが重要であり、遠方から来られる患児には地元の主治医に日常診療をお願いし、患児の進学や進級に支障のないように専門外来にて診療を行っています。

胆汁うっ滞症の診断と治療

かつては特発生新生児肝炎症候群といわれていた胆汁うっ滞症から多くの独立疾患が発見されました。私たちは独自の病理学的診断に加え、他の施設と共同で遺伝子検索を行い、適切な診断、治療、栄養療法を行っています。栄養療法は栄養支援チーム(NST)と連携し、常に発育に注意しています。特にシトリン欠損による肝内胆汁うっ滞症、アラジール症候群の管理は定評があり、全国から多くの患児が当科を受診されます。

消化管疾患の診断と治療

炎症性腸疾患、胃十二指腸潰瘍は内視鏡検査が必須です。私たちは小児に対し、ICU医師との連携のもと、安全かつ無痛性に消化管内視鏡や逆行性胆道造影を行って適切な診断をしています。また小児の潰瘍性大腸炎に対して、重症度に応じた治療をしており、初回寛解導入療法として白血球除去療法も行っています。 また、機能性胃腸障害(過敏性腸症候群、機能性便秘症など)には、漢方薬を併用した薬物療法や臨床心理士によるカウンセリングも行っています。

研究実績

診療実績

2015年 外来実績

肝臓 消化器
病名 件数 病名 件数
B型慢性肝炎 189 便秘症 1066
C型慢性肝炎 182 急性胃腸炎(細菌性・アレルギー性) 328
原発性硬化性胆管炎 115 潰瘍性大腸炎 260
B型肝炎ウイルス感染母体より出生した児 93 逆流性食道炎 155
脂肪肝 84 胃腸運動機能障害 97
自己免疫性肝炎 78 慢性胃炎 74
慢性肝炎 65 クローン病 62
ウイルソン病 60 過敏性腸症候群 51
シトリン欠損症 46 血便 33
胆汁うっ滞 34 血管性紫斑病 33
乳児肝炎 30 胃・十二指腸潰瘍 31
胆石症 30 難治性下痢 31
肝移植後 27 消化管ポリープ 16
先天性肝繊維症 24 慢性膵炎 16
劇症肝炎 24 肥厚性幽門狭窄症 16
糖原病 21 上腸間膜動脈症候群 13
体質性黄疸 20 腸重積症 11
家族性進行性肝内胆汁うっ滞症 20 ヒルシュスプルング病 10
脂質代謝異常 19 蛋白漏出性胃腸炎 10
Fontan術後 19 食道裂孔ヘルニア 10
肝機能異常 18 腹痛 9
B型肝炎予防 16 食道狭窄 8
アラジール症候群 15 腸間膜リンパ節炎 7
急性肝炎 12 急性膵炎 7
肝硬変症 11 急性虫垂炎 6
ウイルス肝炎 10 鎖肛 5
カルニチン欠乏症 9 十二指腸炎 5
ミトコンドリア病 9 胃軸捻転 5
肝腫大 8 異物誤飲 4
薬物性肝炎 8 体重増加不良 4
高インスリン高アンモニア血症症候群 7 急性胃粘膜病変 3
急性肝不全 6 吐血 2
ライソゾーム病 4
膠原病に伴う肝機能異常 4
A型肝炎 4
門脈圧亢進症 3
オルチニントランスカルバミラーゼ欠損症 3
総胆管拡張症 3
バッド・キアリ症候群 3
胆道閉鎖症 2
カロリー病 2
肝血管腫 2
良性肝内胆汁うっ滞症 2
血球貪食症候群 2
卵巣のう腫 2
心疾患に伴う肝障害 2
肝腫瘍 2

 

2015年 入院実績

肝臓 消化器
病名 件数 病名 件数
原発性硬化性胆管炎                               15 好酸球性胃腸炎 31
急性肝不全 8 潰瘍性大腸炎 29
自己免疫性肝炎 7 糞便性イレウス 27
急性胆管炎(再発性) 7 急性胃腸炎(細菌性・ウィルス性・アレルギー性) 23
慢性肝炎 6 便秘症 16
ニーマンピック病C型 6 消化管ポリープ 14
食道狭窄 6 逆流性食道炎 12
胆石症 5 腸重積症 8
C型慢性肝炎 4 シェーンライン・ヘノッホ紫斑病 8
胆汁うっ滞 4 消化管内異物 8
脂肪肝 4 高アミラーゼ血症 7
先天性肝繊維症 3 胃・十二指腸潰瘍 7
胆汁性肝硬変 3 クローン病 7
B型慢性肝炎 3 急性膵炎 7
シトリン欠損症 2 腹痛 6
食道静脈瘤 2 麻痺性イレウス 5
バイラー病 2 蛋白漏出性胃腸炎 4
うっ血性肝硬変 2 難治性下痢 3
肝限局性結節性過形成 2 血便 2
メタボリックシンドローム 2 ヒルシュスプルング病 2
膵炎 2
消化管出血 2
鎖肛 2
起立性調節障害 2

内視鏡実績

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
上部消化管内視鏡
109 134 130 141
下部消化管内視鏡
83 101 128 107
内視鏡的逆行性胆道造影
20 24 23 22
肝生検(小児科のみ)
52 57 50 51
小腸カプセル内視鏡
19 27 39 35
ダブルバルーン小腸内視鏡
9 11 22 17

 

 

スタッフ紹介

小児肝臓消化器科部長
■乾あやの(いぬいあやの)
名古屋市立大1986年卒
専門分野
肝臓・感染症・代謝異常
特に専門としている分野
肝・胆道疾患の診断と治療、肝移植、代謝性肝疾患
学会専門医・認定医
日本小児科学会専門医
認定小児科指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
小児栄養消化器肝臓学会認定医
インフェクションコントロールドクター
顧問
■藤澤知雄(ふじさわともお)
日本大1975年卒
専門分野
肝臓・代謝異常
特に専門としている分野
肝・胆道疾患、代謝異常の診断と治療
学会専門医・認定医
日本小児科学会専門医
日本肝臓学会専門医・指導医
小児栄養消化器肝臓学会認定医
副部長
■十河 剛(そごうつよし)
防衛医大1995年卒
専門分野
肝臓、消化器
特に専門としている分野
肝・胆道疾患の診断と治療、人工肝補助療法、消化器内視鏡、腹部画像診断
学会専門医・認定医
日本小児科学会専門医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医・指導医
小児栄養消化器肝臓学会認定医
医長
■梅津守一郎(うめつしゅういちろう)
琉球大2006年卒
専門分野
肝臓、消化器
学会専門医・認定医
日本小児科学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
医員
■増澤雷吾(ますざわらいご)
聖マリアンナ医科大2007年卒
専門分野
肝臓、消化器
学会専門医・認定医
日本小児科学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
医員
■小林宗也(こばやしそうや)
愛知医大2011年卒
専門分野
肝臓、消化器

Twitterはじめました!


イベント

B型肝炎ワクチンってなあに?_チラシ2016082900-1