眼科

眼科について

眼は、人体の中で占める大きさとしては非常に小さな部位です。
しかし、人間は外界からの情報の8割は視覚を通じて得ているといわれており、非常に重要な部位でもあります。
当科では、眼瞼疾患、白内障や緑内障などの前眼部疾患や全身疾患に合併する糖尿病網膜症や高血圧網膜症、未熟児網膜症などの眼底異常、視神経障害を含めた幅広い眼科一般の疾患を診察しています。
また、総合病院の利点を生かし、入院治療や多疾患との合併症については、
各診療科と連携を密にして診療を行っています。

 

眼科で診る病気

白内障、糖尿病性網膜症、緑内障、結膜炎、視神経炎、未熟児網膜症、加齢黄斑変性、ドライアイ など

診療内容と特色

主な診断設備

主な外来治療設備

手術

眼科での手術は主に白内障手術ですが、その他前眼部手術も行います。患者さんのご希望に沿い、日帰りと入院(1泊2日)が選択できます。また、全身疾患を合併する患者さんもおられます。このため、各診療科とも密に連携し、手術などに際しては全身管理にも十分注意するよう心がけています。

診療実績

2013年度 2014年度 2015年度
水晶体再建術(白内障手術) 241 291 341

スタッフ紹介

部長代理
■丸山貴大(まるやまたかひろ)
東邦大2000年卒
専門分野
眼科
特に専門としている領域
白内障
学会専門医・認定医
日本眼科学会認定専門医
PDT認定医
非常勤
済生会神奈川県病院
■権田恭広(ごんだやすひろ)
東邦大2000年卒
専門分野
眼科
特に専門としている領域
白内障
学会専門医・認定医
日本眼科学会認定専門医
PDT認定医
非常勤
済生会神奈川県病院
■山口由佳(やまぐちゆか)
東京女子医大2006年卒
専門分野
眼科
特に専門としている領域
 
学会専門医・認定医