循環器内科

循環器内科
について

循環器内科では、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心臓弁膜症、心不全などの
心疾患を中心に診察しています。
心臓血管外科とともに心臓血管センターを構成し、患者さんを中心としたチーム医療の提供を目指しています。
医師・看護師・コメディカルが24時間待機し、夜間・休日を問わず、緊急の検査・治療にあたっています。

循環器内科で診る病気

虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症、不整脈、高血圧症、動脈硬化症 など

診療内容と特色

国内トップクラスのカテーテル治療専門医チーム

循環器内科では、24時間体制で循環器救急からすべての循環器疾患に対応しています。循環器内科の医師はそれぞれが多数の経験を積み、全国から当循環器科に集散した熱心な医師たちです。医療設備は最先端の設備を完備しており、特に心臓カテーテル機器は最新の血管造影装置を設置し、次世代のカテーテル治療に必要なハイブリッド手術室も完備しています。カテーテル治療専門チームがカテーテル検査、治療にあたります。

 

心臓カテーテル治療

年間1,000件を超える冠動脈カテーテル治療を行っており、全国でもトップクラスに入る経験症例数になっています。さらに、急性心筋梗塞や不安定狭心症などの緊急を要する治療に対しても常時循環器専門医が病院内に待機するシステムで、24時間いつでも変わらない最高レベルの治療を実践しています。患者さんの負担を軽減する目的で、日帰りでの心臓カテーテル検査、治療も疾患の程度に応じて行っております。

末梢血管カテーテル治療

当科では、糖尿病や人工透析患者さんの増加に伴う末梢血管病に対してフットケア外来を週1回(月曜午後)開き、動脈硬化疾患の診察、治療を行っています。ABI、皮膚灌流圧検査、末梢血管超音波検査、CT、MRAなどの血管スクリーニング検査を完備したバスキュラーラボを併設し、迅速に診断できます。必要に応じて侵襲の少ない末梢血管インターベンション治療(カテーテル治療)を主体として、下肢動脈インターベンション治療の他に腎動脈、頸動脈インターベンション治療なども行っています。末梢血管インターベンション治療も毎年症例数は400例を超え、全国トップクラスの実績となっています。また、平成20年より認可された脳梗塞、一過性脳虚血患者さんに対する頸動脈ステント治療も脳神経センターと共同で行っています。

リハビリテーションも充実しています

スポーツ選手でも足や腕の手術をした後には、リハビリテーションが必要です。心臓病の場合も同じく社会復帰のために心臓リハビリテーションが必要です。心臓リハビリテーションとは、心臓病の患者さんが一日でも早く社会生活に復帰することと、心臓病の再発を予防する目的で行います。当院では専門の心臓リハビリテーションセンターを設置し、心臓病回復期には心臓リハビリチームが運動療法、食事指導、薬物指導を多面的に指導し、患者さんの日常生活のケアに当たります。

モービルCCUを運用しております

当院専用の心臓病医用救急車。近隣の医療施設から要請があれば、人工呼吸器、除細動器、補助循環機器等を装備した救急車で医師が同乗し出動します。心臓超音波検査なども可能で、現場からの初期医療開始を目指します。

 

ライブデモンストレーションや
ワークショップを開催しています

当院では常に最先端の治療技術を習得し、実践しています。国内外からその技術指導の要望が多く定期的にライブデモンストレーションやワークショップという形で専門医の先生方との技術指導や交流の場を設けております。

治療法をオープンにすることと充分な討論をすることから我々も知識や技術の向上を図り、最終的には患者さまのよりよいアウトカムに帰結出来るように努力を重ねています。

当科の平野敬典医師と伊藤良明医師が中心となって横浜ライブデモンストレーション研究会(Yokohama Live Demonstration Conference)を立ち上げております。

横浜ライブデモンストレーション

国内外の学会への参加、各術発表、論文作成を行っています

当院ではカテーテル治療の治療成績をきちんと集約しその成績を調査し、常にさらなる成績向上のための努力をしています。

結果としてさまざまな循環器内科にまつわる国内外の学会のほぼすべてに参加するのみならず、学術発表も精力的に行っています。

論文執筆も行い、きちんと自施設の臨床成績を把握し向上に向けて努力をしております。

 

心臓血管センター長から一言

当院は一民間病院にすぎませんが、診療に当たる医師の大半は30-40代の最も頭も体も使える医師の集団で構成されています。常に日進月歩で進化する循環器領域の知識習得に努める一方で知識だけの医者にならないようにも指導しています。

すなわち充分な知識に加え沢山の臨床経験、成績をも融合し常に患者さまの視点に立った循環器診療というものを目指しています。

私たちは横浜市の東部地区において地域住民の方々や地域医院、診療所、病院から信頼される循環器内科でありたいと願い努力をしていますので、何かお困りでしたらいつでも御相談にいらしてください。

循環器内科は紹介状の有無、時間内外等にかかわらず原則的に必ず診療いたしますので安心してお越しください。

循環器内科専用紹介状

当循環器内科あてに患者さんをご紹介頂く際にぜひご利用下さい。貴院の様式でも構いません。

施設認定

日本循環器学会関連施設、日本心血管カテーテル治療学会認定施設

NCD事業について

当院では、患者さんの健康の向上ならびに臨床水準の向上のため、一般社団法人 National Clinical Database が実施するデータベース事業に参加しています。当事業に関するご質問は、ご遠慮なく担当医にお尋ね下さい。

▶詳細はこちらをご覧ください

診療
実績

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
冠動脈カテーテル手術 1,020 1,041 1,002 977 970
緊急冠動脈カテーテル治療 167 167 149 148 141
冠動脈カテーテル検査 2,124 2,132 2,179 1,935 1,897
カテーテル心筋焼灼術 79 119 136 172 216
ペースメーカー植え込み術 65 60 47 104 151
植え込み型除細動器 18 14 11 10 13
両心室ペースメーカー 13 18 20 15 24
末梢血管インターベンション 383 407 344 334 267
経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI) 5 41 53 51 74

スタッフ
紹介

心臓血管センター長
インターベンションセンター長
■伊藤良明
(
いとうよしあき)

東邦大1992年卒

専門分野

循環器一般、冠動脈カテーテルインターベンション治療、血管内イメージング

学会専門医・認定医

循環器専門医
内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会関東地方会運営委員
血管内イメージング研究会世話人
日本シネアンジオ研究会幹事
日本心血管インターベンション治療学会専門医
東邦大学医学部医学科客員講師

部長
■平野敬典
(
ひらのけいすけ)

金沢医大1996年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、頚動脈カテーテル治療、フットケア

学会専門医・認定医

日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心血管内視鏡学会理事
Complex Cardiovascular Therapeutics
世話人
Complex Peripheral Angioplasty Conference
世話人
浅大腿動脈ステントグラフト実施医

副部長
■山脇理弘
(
やまわきまさひろ)

鳥取大1999年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、心臓弁膜症カテーテル治療

学会専門医・認定医

循環器専門医
内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
日本心血管インターベンション治療学会関東地方会運営委員
Tokyo Coronary Intervention Conference
世話人

副部長
■荒木基晴
(
あらきもとはる)

東京医大2003年卒

専門分野

心臓弁膜症カテーテル治療、冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、心臓CT

学会専門医・認定医

循環器専門医
内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
Edwards
TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)指導医
経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)実施医  SAPIENシリーズ

医長
■小林範弘
(
こばやしのりひろ)

金沢大2005年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、血管内イメージング、フットケア

学会専門医・認定医

循環器専門医
内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
総合内科専門医
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医
IBHRE
認定医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医

医長
■阪本泰成
(
さかもとやすなり)

東邦大2006年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、心臓MRI、フットケア

学会専門医・認定医

循環器専門医
内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医

医長
■毛利晋輔
(
もうりしんすけ)

徳島大2006年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、フットケア

学会専門医・認定医

内科認定医
循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
総合内科専門医
日本周術期経食道エコー(JB-POT)認定医

医長
■堤 正和
(
つつみまさかず)

横浜市立大2007年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、フットケア

学会専門医・認定医

内科認定医
循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医

医員
■本多洋介
(
ほんだようすけ)

群馬大2009年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、フットケア

学会専門医・認定医

内科認定医
循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医
SHD
心エコー図認証医
経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)実施医  SAPIENシリーズ

医員
■牧野憲嗣
(
まきのけんじ)

東邦大2011年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、フットケア

学会専門医・認定医

内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本周術期経食道エコー(JB-POT)認定医
ACLS
BLS provider

シニアレジデント
■白井重光
(
しらいしげみつ)

筑波大2012年卒

専門分野

冠動脈カテーテルインターベンション治療、末梢血管カテーテル治療、フットケア

学会専門医・認定医

内科認定医
ACLS
BLS provider

 

メディア
情報

『循環器専門医』に当科見学レポートが掲載されました

「循環器専門医」

画像クリックで誌面閲覧※転載許可済

 日本循環器学会専門医誌『循環器専門医』138140頁、Vol.27, 2018に循環器内科の様子が掲載されました。

本記事は、循環器専門医の資格を取得された、金沢大学附属病院循環器内科の蒲生忠継先生に当科をご選択いただきレポートしていただいたものです。院長の三角をはじめ、不整脈科部長 酒井、循環器内科部長 平野、副部長 山脇らとともにハイブリットER、ハイブリット手術室、経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)やアブレーションの治療風景などをご見学され、臨床診療と研究活動に勤しむ当科の様子を記事にしてくださいました。

今回、見学施設として当科をご選択いただき、執筆をしてくださった蒲生先生に感謝申し上げますとともに、今後ますますのインターベンション治療の発展に共に邁進してまいりたいと思います。

週刊朝日MOOK『手術数でわかるいい病院2018』(朝日新聞出版2018年2月27日発刊)に心臓血管センター 伊藤良明センター長のコメントが掲載されました


020180319194725_ページ_1
20180319194725_ページ_2

▶︎PDFでご覧になる場合はこちら

※朝日新聞出版に無断で転載することを禁じる(承諾番号18-1138)


常勤医
募集中

後期研修が終了し今後カテーテルインターベンションを中心に循環器医療を目指す志の高い医師を募集します。
卒後およそ10年目までの医師で後期研修が終了した医師を希望します。
カテーテル治療や検査の経験の有無は問いません。
当院で国内屈指の最先端のカテーテル治療や末梢血管治療を共に施行し、今後スキルアップを目指している医師を募集します。
見学常時可能。
詳細は心臓血管センター 伊藤良明(y_ito@tobu.saiseikai.or.jp)までご連絡下さい。

TOPICS
  

【イベントレポート】10/11カテーテル治療ワークショップ開催

 去る10/11当院循環器内科にてカテーテル治療ワークショップが開催されました。全国から8名の先生が当院に来院されました。

前日に症例の検討会が行われ、当日は当院伊藤医師の慢性完全閉塞病変の治療をはじめ、平野医師、荒木医師、小林医師、阪本医師、堤医師などが複雑なカテーテルインターベンション治療を行いながらリアルタイムの公開治療を行いました。

ランチタイムには阪本医師から東部スタイルのロータブレーターの講義が行われ終日活発なワークショップが開催できたと思われます。

参加者の先生方どうもご苦労様でした。
そしてご参加ありがとうございました。

年内はまだまだライブを行ったり、ワークショップ開催、海外医師の技術指導などなど休む暇なく様々なイベントが目白押しです。

今後も皆さんと共に多くの討論をしたり、実技の公開や講義等を通じて我々もステップアップをしていきたいと思っております。

 

【イベントレポート】循環器内科にて複雑病変に特化したライブデモンストレーションを開催

 922日(土)品川グランドホールにてComplexPCI Summitを開催しました。経カテーテル的冠動脈インターベンション治療における複雑病変の治療を中心にライブデモンストレーションを行いました。

今回は慈恵会医科大学の小川崇之先生と戸田中央病院の小堀裕一先生をゲスト術者として招き、慢性完全閉塞(CTO)病変に対するPCIを行っていただきました。

また当院の伊藤医師が慢性完全閉塞病変3例と左前下行枝の狭窄病変にDCAという冠動脈内のプラークを切除する器具を用いて、ステントを挿入しない冠動脈治療を行いました。

その他当院の山脇医師、荒木医師、小林医師が難易度の高い高度狭窄病変や分岐部病変、そして石灰化病変などに対する治療を行いました。これらの治療には血管内超音波(IVUS)や光干渉断層法(OCT)というイメージングデバイスを駆使しロータブレーターなどの石灰化を切削する器具などを用いて治療を行いました。今回も日本全国よりインターベンション治療に携わる医師が集まり、治療方針から細かな治療方法などについて実技を介しながら議論していただきました。

こうしたライブデモンストレーションは、医師たちの治療技術が、日々進化するカテーテル器具や機器に対応すべく、患者さんにとって最善の治療を提供するための勉強の機会となっています。

次回は11月2日(金)に第二回目となる慢性完全閉塞病変(CTO)に特化した冠動脈インターベンション治療のライブデモンストレーション(CTO summit II)を開催します。

 

※ライブデモンストレーションは、倫理委員会の承認と患者さんの同意を取得し、放映の際も患者個人を特定しうる情報を保護したうえで実施しています。

 

 

 

 

【参加者募集】9/22(土)Complex PCI Summit

詳しくはこちらをご覧ください。

2018年9月3日(月)、循環器内科において、シンガポールより医師2名と看護師1名の心血管インターベンション治療の研修を行いました。

今回の見学は心臓の冠動脈内の状態を見ることができる医療機器、「光干渉断層法(OCT)」と「血管内超音波(IVUS)」での読影の仕方について、山脇理弘副部長の手技見学と小林範弘医長の講義を実施しました。海外に比べ日本ではOCTとIVUSを使用した血管内治療(経皮的冠動脈インターベンション治療:PCI)が盛んに行われているので、海外の先生方は熱心に学んで行かれました。

循環器内科では国内の医師のみならず、海外の医療従事者へも研修、見学を積極的に受け入れております。(医療コーディネーター 赤津祐衣)

 

7/19 循環器内科で国内医師向けインターベンションワークショップが開催されました。

今回も全国より合計10名の先生方にご参加いただき終日開催されました。

伊藤良明医師がCTOを治療し、山脇埋弘、荒木基晴、小林範弘医師がRotablatorDCAなどComplexな病変の治療をImagingガイド下に行いました。

昼はレクチャーなども行い皆さんお疲れになったと思いますが、何らかの収穫のある一日を過ごしていただけたのではないかと思っております。

年内にはライブデモンストレーションを2回を予定していますし、心臓のワークショップも3回ほど開催の予定です。

我々も自分たちの行っている治療や考えを皆さんと共有することで多くのことを学ぶチャンスともなりました。今後もこのような形での活動は継続していく予定です。

ご参加いただいた先生方お疲れ様でした。そしてどうもありがとうございました。
20180719ボストンWS集合写真

 

4/20-21 第1回横浜ライブデモンストレーション開催

CM180420-145032005
済生会横浜市東部病院から横浜のホールにライブ中継がなされ、4/20には末梢血管インターベンションを4/21には冠動脈インターベンションのライブを行いました。

昨年まで開催されていた小規模のライブではなく、今回は正式に研究会を立ち上げてライブデモンストレーションが開催されました。

CM180420-145024001

2日でのべ400人近い医師を中心としたメディカルスタッフの方々にお集まりいただき、両日ともに非常に内容のある熱い討論が病院と会場そして会場の医師同士で行われました。

末梢血管インターベンションはゲストオペレーターとして総合高津中央病院の宮本先生、春日部中央総合病院 安藤先生、長野赤十字病院 宮下先生、金沢医科大学病院 土谷先生、関西労災病院 飯田先生、小倉記念病院 曽我先生にお越しいただきいずれも難易度の高い末梢血管治療を行っていただきました。

IMG_0748

東部病院からは平野医師が超音波ガイドでの浅大腿動脈閉塞病変の治療を解説を交え施行いたしました。

   IMG_0610 IMG_0565

冠動脈インターベンションはゲストオペレーターとして岡村記念病院の保坂先生、樽谷先生そして心臓血管研究所付属病院の矢嶋先生と及川先生にお越しいただき慢性完全閉塞病変を中心とした難易度の高い狭心症患者さまの治療を行っていただきました。

東部病院からは伊藤医師がやはり慢性完全閉塞病変の治療を行いました。

  IMG_0647 IMG_0897

今後は中堅―若手医師の育成を視野に入れつつこの横浜ライブデモンストレーションを発展していこうという代表世話人の平野敬典医師と伊藤良明医師からの熱いメッセージがあり会が終了しました。

今後も当院ではこのようなライブデモンストレーションを継続開催してまいります。当日ご参加いただいた医療関係者のすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

IMG_0650

 

Finalアナウンス(QR付)企業追加_ページ_1
Finalアナウンス(QR付)企業追加_ページ_2

▶PDFでご覧になる場合はこちら

横浜ライブデモンストレーション

 

3/12・13 インド人医師カテーテル室訪問

12/9 冠動脈インターベンション ワークショップを開催しました

10/7 Yokohama CTO Summit 2017開催

医療関係者
の方へ

▷PDFでご覧になる場合はこちら

 詳細は横浜ライブデモンストレーション研究会HP関係者ページにもupしています。