病理科

病理科について

診療内容と特色

臓器・細胞の観察を疾患治療に生かす病理診断

病理診断は、臓器の形態の肉眼的変化や、臓器を構成する細胞の顕微鏡的な形態変化を観察し、疾患の種類、状態、原因、進行度、あるいは治療効果などを診断するもので、専門的な知識・技能をもつ当科のスタッフが担当しています。病理診断には、「病理組織診断」、「細胞診」、「術中迅速診断」、「病理解剖(剖検)」などが含まれます。診断は主治医に報告され、治療方針の決定や治療の評価に活用されています。免疫組織化学や遺伝子的検査法など、最新の技術も努めて取り入れています。また、剖検CPCやその他のカンファレンスなどを通じて、医療の質の向上に貢献しています。

スタッフ紹介

病理診断センター長

■赤坂喜清

(あかさかよしきよ)

帝京大1984年卒

専門分野

人体病理

特に専門としている分野

血液腫瘍の組織診断

学会専門医・認定医

日本病理学会認定病理専門医
病理専門医研修指導医

部長

病理診断室室長

■木村徳宏

(きむらとくひろ)

慶應義塾大2002年卒

専門分野

人体病理

特に専門としている分野

悪性腫瘍の組織診断・細胞診断

学会専門医・認定医

日本病理学会認定病理専門医

病理専門医研修指導医

日本臨床細胞学会 細胞診専門医

日本臨床細胞学会 教育研修指導医