薬剤部

患者さんへ

薬剤部の理念

有効性・安全性・経済性に優れた薬物療法を提案し、実行し、評価することによって
患者サービスの向上に努め、病院の健全経営に貢献します。

 

ごあいさつ

近年、抗体製剤や分子標的薬など新しい医薬品の開発に伴い、
これまでに有効な治療手段に乏しかった疾患の患者さんにも光明が見えてきました。
しかし、一方ではこのような医薬品は概して強力な薬理作用を有していたり、
飲み方や使用方法が複雑であったりと、服用にあたってきめ細かい配慮のもとで適正に用いないと
有害作用を引き起こすことも少なくありません。
こういった最近の新薬のみならず、医薬品は正しく使わないと望ましくない作用が現れることもあり、
クスリを適正に用いることの意味合いがますます重要になってきています。
私たち薬剤師は「医薬品の専門職」であり、医薬品の適正使用の観点から、
院内では医師、看護師、管理栄養士らと協力して多くのチーム医療に参加しております。
病院で処方された医薬品と街の薬局で調剤されたクスリ、ドラッグストアで買ったクスリや健康食品、
サプリメントなどとの飲み合わせなど、医薬品に関する疑問がありましたらお気軽に薬剤師にご相談ください。

薬剤部 副部長 菅野 浩

薬剤部の仕事

病棟における薬剤師の仕事

病棟業務ICU、救命病棟、精神科病棟を含め全ての病棟に薬剤師が日勤帯常駐しており、持参薬のチェック、服薬指導、副作用のモニタリング、処方設計支援、医薬品管理などの業務を行っています。(病棟薬剤業務実施加算算定施設)

化学療法センターにおける薬剤師の仕事

抗がん剤混合調整がん化学療法が安全に実施できるように、患者さん一人ひとりに対して、抗がん剤の適正な投与量、投与間隔をチェックするとともに、抗がん剤の混合を行っています。また、がんの痛みに対する薬の服用方法や、抗がん剤の副作用などについてもご相談に応じています。

手術室における薬剤師の仕事

手術室手術には多くの種類の医薬品が必要となります。これらの医薬品は、厳密な管理のもと使用されなければ有効性を発揮しないこともあるので品質管理が重要です。外来の周術期支援センターの薬剤師とも連携し、チームの一員として薬剤師が医薬品を管理することで、安全かつスムーズに手術を行えるように努めています。

注射薬調剤

ミキシング薬剤部では、無菌環境下で薬剤師が高カロリー輸液の混合を行っています。高カロリー輸液は、食事を摂ることができない患者さんのための栄養摂取方法ですが、細菌感染のリスクを伴うために無菌的な状態で混合調製する必要があります。混合作業は2名の薬剤師が担当し、それぞれ混合および監査を行ってから病棟に搬送します。

調剤業務

調剤業務医師が入力した処方箋は薬剤部で発行されます。薬剤師は処方箋に記載されている薬の種類や規格、用法、用量を確認し、年齢や体重などから用量が正しいか、また現在服用中の薬との飲み合わせなどについて電子カルテ上で確認してから調剤を行います。また、より安全かつ効率的に調剤を行うために、自動注射剤調剤機(アンプルピッカー)、自動錠剤分包機、監査支援システム、薬袋・ラベル印字システムなどの機器を導入しています。

医薬品管理・麻薬管理

医薬品管理現在、院内で使用されている薬は約1,700種類に上ります。医薬品管理業務は、これらの医薬品の保管や有効期限管理を行ったり、在庫を考慮して発注を行ったりします。当院では、医薬品の安定供給と余剰在庫の削減を目的として、バーコードを応用した自動発注システムを活用しています。

医薬品情報業務

医薬品情報室医薬品が適正かつ安全に使用されるためには、医薬品情報を正しく活用する必要があります。これらの医薬品情報を、国内外の文献、学会発表資料、書籍などから収集し、評価、保管しており、ニュースとして院内に発信しています。

TDM・処方設計支援

TDM(薬物血中濃度モニタリング)業務薬は患者さん個々の状態に合わせて用量を調節しています。少なすぎれば効かず、多すぎれば副反応(副作用)が出てしまう可能性が高まります。すべての薬で可能なわけではないですが、特に投与量の微妙な調整が必要な薬については、薬を飲んだ後の体内の濃度を測定することにより、患者さんそれぞれの身体の状態に合わせた投与量の計算を行うことが可能です。 当院薬剤部では、抗MRSA薬や循環器領域の一部の薬剤、免疫抑制薬などに対してこれらの投与設計・処方支援を行い、個々の患者さんに適した投与量を医師に提案・助言しています。

製剤業務

製剤業務薬剤部では“院内製剤”を調製しています。“院内製剤”とは、市販されていない薬剤を個々の患者さんに合わせて薬剤師が調製するもので、アレルギーを調べるためのパッチテストや坐剤、注射剤などを調製しています。薬剤部では、“院内製剤”を清潔な環境で正確に調製することを心がけています。

 

 

 

 

チーム医療について

緩和ケアチーム

がん患者さんの痛みに対する治療をサポートするために、緩和ケアチームが毎週月曜日の午後に回診とカンファレンスを行っています。薬剤師も緩和ケアチームに参加しており、(1)患者さんの病態や薬歴を確認し、(2)痛みなどを緩和させる薬の副作用対策の提案、(3)患者さんやご家族への薬の説明や管理方法の説明を行っています。

褥瘡回診

当院では月に2回褥創回診が行われています。薬剤師も回診に同行して、入院患者さんの褥創の状態を観察しながら、状態に合った薬の提案をしています。特に、効能だけではなく、クリーム剤がよいか、軟膏剤がよいかなど、薬の特性も考えながら医薬品情報の提供を行っています。

糖尿病チーム

現在、4名の薬剤師が糖尿病ケアチームのメンバーとして活動しています。チームの薬剤師は、病棟で患者の皆さまへ薬の説明をするなど、薬に関する個別相談に応じています。また、毎週金曜日に糖尿病教室で薬の講義を担当しており、月1回開催している糖尿病市民公開講座ではお薬コーナーを設置し、市民の皆さまに糖尿病のお薬やインスリンの情報を提供しています。

感染対策チーム

当院では感染対策チームでの活動を通じて、感染症治療に薬剤師も参加しています。チームの中で薬剤師は、抗生物質や抗菌薬が最大限に効果を発揮できるように提案しています。抗生物質の種類だけではなく、用量や投与のタイミングに関しても医薬品情報提供を行っています。

がん化学療法

がん化学療法は、診断技術の進歩や新しい医薬品の開発などにより著しく進歩しており、現在は外来でも化学療法が実施できるようになってきました。その際、高度な専門知識を有する医師、薬剤師、看護師等の医療スタッフが、チームとして連携しながら治療を遂行することが求められます。当院ではがん専門薬剤師を中心に、薬剤師が多剤併用の目的、効果、副作用、至適投与量の検討などについてチェックを行っています。また、他のスタッフと協働してがん治療の質的向上を目指しています。

腎臓病教室

腎不全など腎臓病に対する治療は、場合によっては多くの種類の薬が使用されます。しかしながら、腎臓からの薬の排泄が十分でないと体内に蓄積されることもあり、それだけに用量や投与のタイミングに配慮しなければなりません。当院では定期的に腎臓病教室が開催されますが、薬剤師も腎臓病の薬に関する講義を担当しており、薬の働きや服用方法、サプリメントなどについてお話をしています。

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(NST)は、患者さんの病態や栄養状態を考慮しながら、栄養サポートを行っています。薬剤師も管理栄養士とともに、適切な投与経路や食事の種類(固形の食事以外の経管栄養、静脈栄養など)を提案したり、消化を助ける薬を選択したり、副作用などに関する情報提供なども行っています。

各種認定について

当院の薬剤部では各種認定薬剤師や専門薬剤師の取得を強力にバックアップしています。開院してから今日に至るまで、各分野において専門知識や技能を有する認定薬剤師、専門薬剤師を育成してきました。医薬品の有効性、安全性の確保など、それぞれの専門領域から患者の皆さまのバックアップをさせていただきます。

日本医療薬学会 指導薬剤師 1名
日本医療薬学会 認定薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 2名
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士 5名
日本緩和医療薬学会 認定緩和薬物療法認定薬剤師 4名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 3名
日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師 1名
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 2名
日本麻酔科学会 周術期管理チーム薬剤師 2名
日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 3名
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師 2名
日本アンチドーピング機構 認定スポーツファーマシスト 3名
職業技能振興会 認知症ケア指導管理士 1名
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー 1名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 6名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 2名
神奈川糖尿病療養指導士認定機構 神奈川糖尿病療養指導士 1名
日本臨床栄養協会 NR・サプリメントアドバイザー 2名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師 8名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 30名
厚生労働省 日本DMAT隊員(業務調整員) 2名
神奈川県庁 神奈川県DMAT-L隊員(業務調整員) 1名

医療関係者の方へ

連携の考え方

当院では開院以来、院外処方箋の発行を進めてまいりました。現在は90%前後の処方箋が院外となっております。月の外来処方箋発行枚数も2009年8月に1万枚を突破し、今後も多くの処方箋が院外に発行されていくものと思われます。最近では、休薬期間を設けたり、複雑な服用方法の医薬品が増加しており、保険薬局との連携がますます重要になってくると思います。合同勉強会の開催だけが連携ではありません。薬物療法の質的向上に貢献し、患者さんのためになる薬薬連携を実現するために、今後ともよろしくお願い申し上げます。

肝炎手帳のススメ

肝炎手帳横浜市東部地区では、肝炎の診療において当院の医師と開業医の先生方との間で患者さんの紹介や情報の共有が行われています。肝炎の治療において、薬物療法は必須ですが、一方でインターフェロンなどは、副作用に配慮し適正使用を推進しなければなりません。今回、当院の医師の協力のもと、インターフェロンの投与履歴や検査値、医師や薬剤師のコメントが記入できる肝炎手帳の試作品(写真)を作成してみました。現在は一部の患者さんに試験的にお使いいただいておりますが、もし、患者さんが肝炎手帳を持参された場合は、情報の確認や保険薬局記入欄をご活用いただき、インターフェロンの適正使用にご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

在宅医療の展開に向けて

当院では在宅の患者さんのためにモルヒネなどの注射薬を持続注入器に無菌的に注入し、在宅で注射が使用できるようにミキシングを行っています。しかし、患者さんの負担も少なくなく、居住地近隣の保険薬局で注射薬を受け取りたいという要望が多くなってきました。在宅医療における薬の供給拠点としての保険薬局の機能に期待しております。今後、多くの薬局で在宅患者さんのために注射薬の調剤をしていただけることを期待して、注射薬の無菌的調製の手技研修(写真)を実施しました。今後も継続して知識、手技の共有をしていきたいと考えております。

採用医薬品一覧新規採用医薬品のご案内

当院の採用医薬品は毎月の薬事委員会(原則第3金曜日に開催)で採否や取り消しが決定されます。採用薬品のお知らせは毎月末に鶴見区薬剤師会、神奈川区薬剤師会、港北区薬剤師会、川崎市薬剤師会にメールにてご案内しておりますので、詳細はご所属の薬剤師会にお問い合わせください。また、これらの地区以外の保険薬局で当院からの処方箋を応需していただいている薬局のうち、ご要望の保険薬局には採否の情報をメールで差し上げておりますので、お申し出くださいますようお願い申し上げます。

疑義照会の方法および連絡先

当院の疑義照会窓口は薬剤部になっております。処方箋の右半分が疑義照会用のフォームになっておりますので、疑義の内容を記載し、点線で切り取って、045-576-3561(薬剤部直通)までFAXをお願い申し上げます。また、疑義への回答は電話でお答えさせていただいておりますが、疑義の内容により返信にお時間を要する場合もありますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

調剤ミスを起こしてしまったら

院外の保険薬局における調剤ミス、過誤事例を収集し、院内で情報を共有することによって再発防止対策などの情報を共有したいと思います。個々の保険薬局や薬剤師を叱責するのみではミスの減少につながりません。万一、ミスや過誤が発覚したら定型のフォームで速やかにご報告くださいますようよろしくお願い申し上げます。

合同研修会のご案内

合同研修会地域の保険薬局の皆さまとのコミュニケーションの場として、横浜東部地区“薬物療法と薬理学”研究会を年に3~4回開催しております。参加費は無料、昨年より日本薬剤師研修センターの1単位が申請できるようになりました。ぜひともご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

学生の方へ

見学の受付

当院薬剤部の見学を希望される学生の方は、大学の許可を得てからメールにてお申し込みください。