対象がん一覧

肝臓がん

当院での肝臓がん治療

「原発性肝臓がん」は様々な治療法があります。私たちは消化器外科、消化器内科、放射線科が協力して、より低侵襲で最も効果的な治療法を患者さんそれぞれに合わせて決めています。当院では「腹腔鏡下肝切除」や「サイバーナイフ」などの最新の低侵襲治療を積極的に導入しております。また、「転移性肝臓がん」に対しては積極的に手術を行い、さらに化学療法も組み合わせて、患者さん一人一人に合った寄り添った医療を提供いたします。

肝臓がんとは?(原因・発生・進行等)

肝臓がんは肝臓にできた「原発性肝臓がん」と別の臓器から転移した「転移性肝臓がん」に大別されます。肝臓がんの特徴は、8割以上の方が慢性ウィルス性肝炎(B型、C型など)や肝硬変を持っています。肝炎ウィルスを持っていない人でも、アルコール性肝障害や生活習慣病から肝臓がんができることがあります。「原発性肝臓がん」の場合には、がんの個数や大きさ、広がりなどによって病期(ステージ)が決まります。(表1)

一方、「転移性肝臓がん」は大腸がんなどの別の臓器の癌から転移する癌で、臓器によって治療法が異なります。

 

(表1)肝臓がんの病期分類(原発性肝癌取り扱い規約 第6版より 一部改変)

症状

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、初期には自覚症状がほとんどありません。そのため、肝臓がんは症状を手がかりに見つけるのではなく、肝臓がんになりやすい人を中心に肝臓がんを見つけていくことが多いです。肝炎ウィルスをお持ちの方は、定期的に肝臓の画像検査を行います。また、「転移性肝臓がん」に関しても、他臓器のがんの治療中や経過観察中に見つかることがほとんどです。

診断方法

肝臓がんの検査としては、超音波検査やCT、MRIなどの画像検査と腫瘍マーカー検査を組み合わせて行います。必要があれば針生検などの検査を追加して行います。一方、治療方法の選択においては肝臓がどのくらい障害されているか、手術であれば切除後の残肝容量が重要になります。主に用いられる評価方法は肝障害度分類(表2)とChild-Pugh(チャイルド・ピュー)分類(表3)です。さらに患者さんの全身状態を踏まえて、患者さんお一人お一人に合った治療法を検討します。

(表2)肝障害度分類

 

(表3)Child-Pugh分類

 

診療実績

肝臓がんの治療は手術、焼灼術(ラジオ波)、塞栓術(TAE)、サイバーナイフ、化学療法など様々な治療法があるため、総合病院での治療が推奨されます。

また、難易度が高い肝臓がん手術の治療は、日本肝胆膵外科学会が認定する高度技能専門医制度指定施設での専門医による治療が推奨されています。(リンク:日本肝胆膵外科学会)当院は専門施設に認定されており、専門医が治療にあたります(表4)。当院は侵襲の少ない「腹腔鏡下肝切除術」を積極的に導入しております。2010年4月から腹腔鏡肝切除が保険収載され、手術成績も開腹手術と比較して術中出血量の軽減、術後在院日数の短縮が得られ、長期成績に差がないとする報告が多く、現在では多くの施設で安全に施行されています。さらに当院で日本内視鏡外科学会の内視鏡技術認定医が内視鏡手術を施行します。(リンク:日本内視鏡外科学会)。

 

(表4)日本肝胆膵外科学会修練施設

 

当院の治療件数

当院における肝臓の手術症例数は年々増加しております(表5)。また、神奈川県下でも有数の症例数となっており、合併症も少なく短い入院期間にて治療しております。(表6)。

 

(表5)当院における肝臓手術症例数

 

(表6)神奈川県内の病院の肝臓手術件数と在院日数

(リンク:平成27年度病院情報局調べ)

 

サイバーナイフ治療

当院では2011年4月に高精度のロボット型放射線装置「サイバーナイフ」を導入しました。サイバーナイフは複雑な形状のがんにもピンポイントで照射でき、従来の放射線治療装置(リニアック)では照射が難しい患者さんにも有効です。

担当科目

消化器外科