褥瘡対策室

褥瘡対策室について

 救急患者さんを多く受け入れている当院は、褥瘡に対する予防対策に重点をおいています。
しかし、最善を尽くしても褥瘡が発生したり、
すでに褥瘡がある状態で入院される患者さんには適切な褥瘡治療も必要です。
褥瘡対策室では、多職種からなる褥瘡対策委員会を設置し、
褥瘡(床ずれ)の予防及び早期発見・治療、褥瘡ケアの質の向上を目的として活動を行っています。
具体的には、褥瘡対策委員会と連携し、第2・4金曜日に褥瘡回診を行い、
褥瘡発生予防対策・管理の評価、褥瘡の状態評価と局所評価・ケア方法の指導やアドバイス、
カンファレンス、退院後の管理指導やアドバイスなどを行っています。

主な活動内容

1)褥瘡予防・発生に関する業務
2)院内における褥瘡発生率・有病率の統計データ集計・把握
3)褥瘡ハイリスク患者における治療計画の再評価、ケア改善の指導
4)褥瘡ケアに関する物品管理と購入
5)褥瘡回診の実施
6)褥瘡委員会における勉強会の開催
7)褥瘡対策マニュアルの作成

褥瘡発生・有病率の推移

グラフ

褥瘡発生率=新規褥瘡発生患者数/月末在院患者数+月間退院患者数
褥瘡有病率=全褥瘡患者数/月末在院患者数+月間退院患者数。

褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会では、定例会を月1回のペースで開き、褥瘡発生率や有病率の報告、難治性褥瘡に関する患者さんのカンファレンスや褥瘡予防用具の物品選択など多職種と連携しながら活動しています。

褥瘡対策委員会メンバー
皮膚科医師・循環器内科医師・精神科医師・集中治療科医師・整形外科医師・皮膚排泄ケア認定看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・事務スタッフからなります。

褥瘡チーム