感染管理対策室

感染管理対策室について

感染管理対策室は、
インフェクションコントロールドクター1名と感染管理認定看護師1名で構成。
医療関連感染サーベイランスを中心に、医療関連感染発生状況の把握と感染拡大防止のための助言を行い、
科学的根拠にもとづいたマニュアルの作成と評価をしています。

また、感染予防に関連した問題について全職種を対象としたコンサルテーションに対応し、
スタッフへの情報提供にも注力しております。

主な活動内容

■感染症発生時の対応■感染防止対策マニュアルの作成および改訂■院内ラウンドによる感染防止策実施状況の確認■医療関連感染サーベイレンス・耐性菌サーベイランスの実施■感染管理教育■感染管理教育■全職員を対象とした相談対応■職業感染防止■医療関連対策に関する環境の整備■院内への感染管理に関する情報提供

活動の具体例
・院内ラウンド:抗菌薬適正使用(抗MRSA薬、カルバペネム系)、耐性菌対策、環境
・近隣病院との連携:相互評価の実施、カンファレンスの開催
・感染対策セミナーの定期開催

感染防止対策チーム ―Infection Control Team―

医療関連感染を予防および低減することを目的とし、感染制御医師(ICD)を中心に薬剤師、臨床検査技師、感染管理認定看護師(CNIC)により構成されています。おもな活動として、週1回ラウンドを行い、耐性菌検出時の感染予防策の実施状況、およびカテーテル関連感染予防策の実施状況の確認や介入を行っております。また、抗菌薬適性使用に関するカンファレンスを週1回行っています。


感染対策チームメンバー