専門・認定・診療特定看護師

専門性のある看護師がチーム束ね、ケアを実施します。

  • 従来の看護師よりも幅広い医療行為ができることで、より患者さんに寄り添った 看護が可能となります。

    厚生労働省は、2015年秋「特定行為に係る看護師の研修制度」をスタートさせました。今後ますます加速する高齢社会での医療の質を維持するためのキーパソンとして活躍が期待される診療特定看護師
    従来の看護師よりも幅広い医療行為が行えるので、ハイレベルな技術と看護の心で医療の新たなステージを切り開いていきます。

    診療認定看護師 金井誠
  • 小児看護専門看護師 渡邊輝子

    子どもたちに たくさんの笑顔を!

    子どもたちは、大人以上に感じ取る力に優れています。また、病気と闘うお子さんのストレスは口には出さなくても相当なものです。だからこそ正しいケアが必要なのは言うまでもありません。子どもの成長と疾病の状況、家庭との関わり等をしっかりと見据えた看護ができるよう、現場スタッフへの気配りも私のミッションです。病気の子も健康な子と同様に、そしてその家族にも笑顔が増えますように。

  • がん患者さんとそのご家族を支えたい

    当院では、緩和ケア認定看護師とがん性疼痛看護認定看護師らが一緒になり、緩和ケアチームとして活動しています。チームは、がんと診断された時から、患者さんの体や心をサポートできる体制を整えています。がんの進行に伴う体と心のつらい症状は極力抑えたいもの。そうした患者さんとご家族の気持ちに寄り添い、少しでも多くの方が、がんの痛みと上手につきあい、生活の質が高められるよう努めています。

    緩和ケア認定看護師 小保内早苗
  • 老人看護専門看護師 丸山理恵

    高齢者の方の意志を最大限に尊重した医療を

    入院によりせん妄を発症しやすい高齢者が安心・安全に入院生活が送れるように、抑制をしないケアを目指して活動しています。希望の場所へ早期に退院できるように、多職種と協働しながら退院支援も行っています。高齢者の意思を尊重し、またそのご家族、介護者の方を支えるのも大事な役割。地域集団や関連組織、医療チームと関わりながら、1つひとつのケースとシステムの両面から働きかけるようにしています。

高度化・専門分化が進む医療現場において、患者さんがより安心して治療を受けられ、療養生活がおくれるように、各分野で学んだ知識・技術を提供しながら、現場の医療スタッフとともに活動しています。
現在、当院には診療特定看護師1名、専門看護師7名、認定看護師32名、認定看護管理者3名、アドバンス助産師17名がいます。

小児看護専門看護師 渡邊 輝子
がん看護専門看護師 大道 美保
老人看護専門看護師 丸山 理恵
急性・重症患者看護専門看護師 河原崎 純
櫻井 祥子
河原崎 麻美
手島 正美
救急看護認定看護師 中下 真由美
更科 陽子
銀川 明奈
皮膚・排泄ケア認定看護師 及川 亜紀子
袴田 智美
久保 恵子
集中ケア認定看護師 金井 誠
大田 真弥
魚住 加代子
平尾 由美子
緩和ケア認定看護師 嶋田 千春
寺島 智子
小保内 早苗
がん化学療法看護認定看護師 柏木 奈々子
松浦 早希
がん性疼痛看護認定看護師 太田 紀美

感染管理認定看護師 永井 恵子
佐藤 利恵子
勝倉 恵津子
糖尿病看護認定看護師 楢原 直美
古山恵美
不妊症看護認定看護師 栗城 かつみ
小児救急看護認定看護師 中野 渚
伊藤 由利子
藤好 美由紀
齊藤 千里
横手 昌子
がん放射線療法看護認定看護師 土屋 恵
脳卒中リハビリテーション
看護認定看護師
福島 水絵
城戸 一恵
手術看護認定看護師 石田 達也
認定看護管理者 熊谷 雅美
澤柳 ユカリ
早川 みつほ
日本精神科看護技術協会認定
精神科認定看護師
田中 麻友
アドバンス助産師
アドバンス助産師とは、助産関連5団体でレベルⅢ認証制度を創設し、助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)Clinical Ladder of Competencies for Midwifery Practice:“CLoCMiP(クロックミップ)”を基に、日本助産評価機構がレベルⅢを認証し、認証を受けた助産師のことです。
長嶋みゆき 渕上美香 剥岩裕子 鈴木千秋 岩田光代 澤口雅子 金スリョン 光武智子 堀田道子 
貴田和織 加藤菜佳子 鈴木真澄 住 和枝 青山亜希 岩崎 茜 平沼幸子 平田明子

看護部nursing department

  • 看護部採用サイト