前立腺治療センター

国内でも有数の最新技術をとりそろえ、身体への負担が少ない治療をめざします。

「前立腺がん手術」在院日数が短い病院ランキングで全国1位に選ばれました
サイト「病院情報局(http://hospia.jp/)」調べ

前⽴腺疾患の診断から治療まで

前⽴腺治療センターの役割

⾝体への負担の少ない「低侵襲医療」を柱として、前⽴腺疾患の診断から治療までの
すべてをお引き受けするのが「前⽴腺治療センター」の役割です。

先進医療を可能にする技術と設備

安全・確実な⼿術を可能にする⼿術⽀援ロボット「ダビンチXi」を⽤いた腹腔(ふくくう)鏡下⼿術、がんだけにピンポイント照射できるロボット型放射線装置「サイバーナイフ」を⽤いた放射線治療、体内に小さな放射線源を埋め込んで放射線治療を行う「密封⼩線源治療」を3本柱としております。これらの先端医療を導⼊することにより、合併症などがあり⼿術に不安をお持ちの患者さんやご⾼齢の患者さんなどにも治療の選択肢が⼤きく広がり、患者さん⼀⼈ひとりに合わせたオーダーメードな治療を提供することが可能となっています。

低侵襲医療
「侵襲」とは、医療⾏為などで「⾝体を傷つけること」を広く意味する医学⽤語です。とくに⼿術は、切開により⾝体に⼤きな傷ができてしまうことや臓器の⼀部がなくなることなど、患者さんにとっては⼤きな「侵襲」を伴うものといえます。しかし、医療技術の進歩に伴い、近年では病気を治すことはもちろん、⾝体への負担をできるだけ軽減する「低侵襲医療」が可能になりました。切開による傷が⼩さくてすむ腹腔鏡下⼿術やロボット⼿術などは、痛みや出⾎の低減、術後の早期回復などに⼤きく貢献しています。また、がんだけに絞って放射線を照射できる技術の進歩により、⾼い治療効果を得ながら周囲の臓器へのダメージは抑え、副作⽤が軽減されるなどのメリットが得られるようになっています。

前⽴腺治療センターの特⾊

3つの先進医療により、患者さんのニーズに合わせた治療法の選択が可能に

腎泌尿器センター⻑・副院⻑
中島洋介 Yosuke Nakajima

「持病があるから⼿術は難しいといわれた」「⼊院したくない」「副作⽤が⼼配」「通院が⼤変」など、患者さんによって病状やニーズはそれぞれです。当センターでは、⼿術⽀援ロボット「ダビンチXi」、ロボット型放射線治療装置「サイバーナイフ」、「密封⼩線源治療」といった先端医療を導⼊していることで、⼀⼈ひとりに合わせたオーダーメードな治療法を選択することが可能です。「ダビンチ」は平成24年の導⼊以来約270名、「密封⼩線源治療」は平成19年の導⼊以来約300名を超える患者さんに使⽤実績があり、良好な治療成績を得ております。患者さんに最善の医療を提供できるよう、スタッフ⼀同、⾃信と誇りを持って治療を行っておりますので、ぜひご相談ください。

3つの治療法

ダビンチ

概要
⼿術⽀援ロボットの「ダビンチXi」は、腹部に⽳を開けてカメラを⼊れ、その映像を⾒ながら病巣を取り除く「腹腔鏡下⼿術」に⽤いられます。ダビンチのロボット部には、電気メスなどを装備できる3本のアームとカメラが装着されており、医師は操作部で映し出される⾼画質で⽴体的な3D画像を⾒ながらアームを操作して、がんの切除や患部の縫合などを行います。⼈間の⼿よりも緻密なロボットの動きで、安全・確実な⼿術が可能です。
メリット
⽶国では現在、前⽴腺がん摘出⼿術の⼤半がダビンチにより行われており、⼿術成績も良好です。「出⾎量が少ない」「術後の痛みが少ない」「回復が早く早期退院が可能」「がんの取り残しが少ない」「術後尿失禁が少ない」「勃起機能維持率が⾼い」などのメリットが報告されています。
医療費目安
健康保険3割負担の方で40~50万円

スケジュール

患者さんの声

田中勤様 大井町駅前クリニック院長

術後のことを考えダビンチ手術を決意。フォローも万全で感謝しています。

前立腺がんと診断され、ほかの治療法では治るまで通院が必要であること、治ったかどうかを明確に知りたかったことからダビンチ手術を希望しました。専門性の高い技術に加え、診断から手術までの対応もスムーズで、術後に尿道狭窄で緊急受診したときもすぐに診てもらえて助かりました。術後1年以上経った今も問題なく生活しています。

※手術中に眼圧が上がることがあるので、眼病のチェックをします。出血が多い時に備えて、念のためご自分の血液を貯めておく処置です。

サイバーナイフ

概要
「サイバーナイフ」は、ロボットアームにX線照射装置を組み合わせた⾼精度の放射線治療装置です。最⼤で1200⽅向から照射できるロボットアームは、複雑な前⽴腺の形にもミリ単位以上の精度で対応が可能です。治療中は⾼精度のモニタリングで患者さんのわずかな動きにも⾃動的に対応し、正確で的確な放射線量を病巣に照射します。
メリット
照射部分に⽬印として⾦マーカーを留置する「強度変調放射線治療(IMRT)」により、がん細胞には⼗分な量の放射線を集中させ、それ以外の部分は可能な限りゼロに近づけています。また、外科⼿術のように全⾝⿇酔をする必要がないため、外来通院での治療が可能です。照射直後でも普通に⾷事や会話ができ、痛みを伴わないため⾝体への負担が少ないのも特徴です。
医療費目安
健康保険3割負担の方で40~55万円

img_0024

患者さんの声

近藤昭仁様 元プロ野球選手・監督

怖さがなく、治療中もリラックスできました。ピンポイント照射により経過がわかって安心です。

ゴルフ仲間に「サイバーナイフなどの良い設備が整っているから」と勧められ、東部病院での治療を決めました。サイバーナイフは静かで痛みもなく、BGMが流れる中での治療はリラックスできて、不安や怖さは全くありませんでした。ピンポイント照射により、治療経過も良好。おかげで今もゴルフを楽しんでいます。

密封小線源治療

概要
微弱な放射線を出す⼩さな線源を⾝体の中(前⽴腺の内部)に挿⼊し、体内から放射線を照射する治療法です。線源を埋め込むときはコンピューターにより、治療効果が⾼くほかの臓器への影響が少ない位置を選びます。前⽴腺の中に集中して放射線を照射できることで⼤きな治療効果が期待できます。
メリット
挿⼊された線源から出る放射線を前⽴腺内に集中的に照射するため、尿失禁や勃起障害などの合併症が少なく、⼿術も3泊4⽇という短期間の⼊院でできます。副作⽤として排尿障害が起こることがありますが、多くは半年から1年ほどで改善します。
医療費目安
健康保険3割負担の方で30~35万円

スケジュール

患者さんの声

甲田浩様 元ホテルニューオータニ代表取締役副社長

入院が短期間であることで密封小線源治療を希望劇的にPSA数値が改善し経過は順調!

前立腺がんで、密封小線源治療に体外照射を併用する治療を受けました。密封小線源治療は手術入院が短いこと、その後の体外照射の通院も1回あたりの治療期間が短いことが、この治療法を希望した理由です。治療を始めたら劇的にPSAの値が改善。治療にかかる期間が短くてすんだのでストレスも感じませんでした。

※より効果的な治療(根治性向上)のため小線源治療と体外照射を併用することがあります。

治療実績

治療法2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
前立腺がん前立腺全摘除術215000
ロボット支援前立腺全摘除術(ダビンチ)1455557070
密封小線源療法4149487263
IMRT(サイバーナイフ)2022102219
前立腺針生検235298275330324

よくある質問

  • 「ダビンチ」の対象は前立腺がんのみですか?

    前立腺がんの標準的治療である全摘出手術と、2016年春より腎臓がんに対する腎部切除術が健康保険の適用となっています。
    当院では保険適用の前立腺がんおよび腎臓がんの手術だけでなく、消化器系がん、保険診療ではありませんが、胃がん、子宮がんの手術も開始しております。

  • 「ダビンチ」による手術は誰でも受けられますか?

    患者さんの症状により適用できない場合があります。
    受診時に医師にご相談ください。

  • 費用はどのくらいかかりますか?

    【前立腺がんの場合】
    健康保険3割負担の方で40〜50万円になります。
    高額療養費制度を利用した場合(限度額適用認定証を提示された場合)、所得に応じてご負担額は、70歳未満の方で約9.3万円〜16万円、70歳以上の方で4.4万円〜9.3万円になります(食事代・差額室料は含まれません。)

  • どこに問い合わせれば良いですか?

    代表電話からお問い合わせください。
    済生会横浜市東部病院
    腎泌尿器センター 泌尿器科
    電話:045-576-3000(代表)
    平日 9:00〜17:00