おくすりについて

  おくすりについて

イトラコナゾール錠「MEEK」自主回収に関する対応について

患者さん・ご家族の皆様へ

 

経口抗真菌薬である イトラコナゾール錠50「MEEK」(メーカー:小林化工㈱)について、製造過程においてベンゾジアゼピン系睡眠薬であるリルマザホン塩酸塩水和物が通常臨床用量を超える量で混入していることが判明し、さらに製造工程の不備が確認されたことから、100、200mg製剤を含む全ロットが自主回収となっております。

 

<自主回収対象薬品>

  • イトラコナゾール錠50「MEEK」(リルマザホン混入、製造工程不備)
  • イトラコナゾール錠100「MEEK」(製造工程不備)
  • イトラコナゾール錠200「MEEK」(製造工程不備)

        URL参照

        https://www.kobayashikako.co.jp/

 

 当院の院内において当該薬剤が処方されたことはありません。一方で、院外処方においてはかかりつけ薬局で当該薬剤が選択されていることが否定できないため、期間内の全ての処方歴を調査したところ、院外処方においても交付されていないことが確認できました。

 

以上より、当院からイトラコナゾール製剤を処方され服用されている患者さんにおいては、引き続き用法用量を遵守し適切な治療を継続されますようお願い申し上げます。

 

 尚、回収対象の製剤を服用した場合、ふらつきや意識消失などの健康被害が報告されていることから、当院の処方に関わらず該当製剤を服用・所持されている場合は、直ちに服用を中止し、交付された薬局・医療機関までご相談ください。

 

 ご心配・ご不明な点などございましたら、当院までご遠慮なくご相談ください。

 

済生会横浜市東部病院

院長 三角 隆彦
(2020/12/7 薬剤部作成)

ページトップへ