ピックアップ

  おくすりについて

「ラニチジン塩酸塩」における発がん物質の検出に対する対応について

 胃酸分泌抑制薬である「ラニチジン塩酸塩」について、使用されていた原薬に発がん性の恐れがある物質であるN-ニトロソジメチルアミンが混入していたため、医薬品医療機器総合機構より出荷停止とするよう各メーカーに指示されたとの情報が発表されています。

 当該物質の混入の程度や原因等については現在販売メーカーにて調査中であり、服用した場合の発がんリスクについても明らかとなっておりません。

 対象となる製剤はラニチジン塩酸塩を含有する全ての薬剤となっております。

 

<出荷停止対象薬品>

  • ザンタック錠75 ザンタック錠150
  • ザンタック注射液50mg ザンタック注射液100mg
  • ラニチジン錠75mgYD ラニチジン錠150mgYD
  • ラニチジン錠75KN ラニチジン錠150KN
  • ラニチジン錠75mg「マイラン」 ラニチジン錠150mg「マイラン」
  • ラニチジン錠75mg「タイヨー」 ラニチジン錠150mg「タイヨー」
  • ラニチジン注射液50mg「タイヨー」 ラニチジン注射液100mg「タイヨー」
  • ラニチジン錠75mg「日医工」 ラニチジン錠150mg「日医工」
  • ラニチジン錠75mg「サワイ」 ラニチジン錠150mg「サワイ」
  • ラニチジン錠75mg「ツルハラ」 ラニチジン錠150mg「ツルハラ」
  • ラニチジン錠75mg「トーワ」 ラニチジン錠150mg「トーワ」
  • ラニチジン錠75mgJG ラニチジン錠150mgJG
  • ラニチジン注50mgシリンジ「NP ラニチジン注100mgシリンジ「NP

 

 現在、当院では「ザンタック錠150mg」が一部の患者さんに処方されていますが、服用中のお薬の中に上記の対象薬品があった場合、自己判断によって服用は中止せず、医師に相談するようお願い致します。

 

 ご心配・ご不明な点などございましたら、当院までご遠慮なくご相談ください。なお、当院としては今後新たなことが分かり次第適切に対応し、皆様に情報を提供する予定でおります。

済生会横浜市東部病院 院長 三角 隆彦

ページトップへ