ニュース

  ニュース

「脳外科医のためのてんかんを考える会」に脳神経外科医師が座長などを務めました。

去る730日に横浜で開催されました「脳外科医のためのてんかんを考える会」に当科の稲葉部長と峯医師が座長などを務めました。脳神経外科で扱う疾患にて「てんかん」を発症する患者さんも多く、しばしば治療に難渋する事もあります。本会にててんかんに関する新たな知見を沢山得ることができ、患者さんに診療に役立てて参ります。

ページトップへ