看護師特定行為とは?

 手順書により一定の診療の補助を行うといった高度かつ専門的な知識と技術をもち、チーム医療のキーパーソンとして看護師が役割を発揮していくことができる行為のことです。

 わが国では、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、1人の高齢者を1.8人で支える社会構造になると予測されています。このような状況における医療提供として、2015年10月1日施行の省令により、看護師特定行為研修制度が創設されました。

 

東部病院における看護師特定行為研修

 

 東部病院は2017年10月から神奈川県初・済生会初の「厚生労働省指定研修機関」となりました。当院では、どの特定行為を習得する際にも必要な「共通科目」と、受講者が取得を志望する特定行為ごとに設けられた「区分別科目」のプログラムを合計1年程度で履修した後、特定行為の認定となります。

 当院内にて講義・演習・実習を行いますが、共通科目の2分の3程度はeラーニング形式のため、自宅での受講が可能です。

 受講者は次の1~3から任意の1コースを受講します

1. 救命・クリティカル領域(5区分・10行為)
2. 外科領域(6区分・8行為)
3. 在宅領域(2区分・3行為)

 

■研修責任者からの一言

 看護師特定行為研修を受講することで、従来の看護師ではできなかった治療や処置を医師の指示による手順書の範囲内でタイムリーに直接介入することが可能となりました。役割が拡大することで責任はさらに求められることにはなりますが、この研修で重圧に負けることのない確かな力を身につけ社会的責務に応えられる一歩先の看護師を一緒に目指しましょう!

看護師特定行為研修室 室長 
診療特定看護師:Nurse Practitioner 金井誠

 

 

研修スケジュール(概要)

当院の特定行為研修は、約1年。じっくりと、特定行為の基礎を築き上げていきます。

※1 一般社団法人 S-QUE研究会のE-learningを使用

※2 期間中、東部病院特定行為研修室にてフォローアップ研修(対面講義)あり

 

料 金

コース毎に異なりますが、おおよそ37~50万円です。

 

場 所

東部病院の横、1階に調剤薬局のある「望星鶴見薬局」の2階にあります。

受講生の募集

2020年度受講生の募集は終了いたしました。

次回募集につきましては、2020年夏頃よりホームページにてご案内いたします。

お問い合わせ

済生会横浜市東部病院 人材開発センター 
看護師特定行為研修 事務局(担当:石黒・西川)

TEL 045-576-3000 
E-mail tokutei@tobu.saiseikai.or.jp