ニュース

  ニュース

MRI装置のクエンチによる白煙放出について

77日(日)午前10時頃に発生したMRI装置のクエンチ発生原因は、メーカー調査の結果、自然クエンチであったことが判明しました。

当該事案について多大なるご迷惑、ご心配をおかけしたこと、改めてお詫び申し上げます。

なお、当該装置は712日(金)より検査を再開しており、支障なく運用されています。


院長 三角隆彦

 

経緯

7月7

 10:03 クエンチによる爆発音と白煙放出が発生。

 10:07 院長代行による診療中止と、けが人および物的被害の確認命令。

 10:08 消防署に通報。

 12:10 MRI装置メーカー調査開始

 13:00 対策本部設置(横浜市、院長、副院長、当直師長、放射線部、事務部)

 14:00 MRIを除く診療再開

 16:45 残りのMRI装置(2台)の安全が確認されたため全ての診療再開


7月12日
 装置の安全を確認し、検査を再開いたしました。

 

ページトップへ