研究・業績

腎臓内科

2014/4/1 - 2020/03/31
筆頭著者・共同著者 題名 掲載誌 発表年
Koibuchi K1), Miyagi M1), Arai T1), Aoki T1), Aikawa A2), Sakai K2) 1) Department of Nephrology and Dialysis, Saiseikai Yokohama-City Eastern Hospital, Kanagawa, Japan. 2) Department of Nephrology, School of Medicine, Faculty of Medicine, Toho University, Tokyo, Japan. Comparing the efficacy of continuous erythropoietin receptor activator and darbepoetin Alfa treatments in Japanese patients with chronic kidney disease during the predialysis period: A propensity-matched analysis. Nephrology (Carlton). Suppl4 8-22 2015
著者名 テーマ 掲載紙(誌)名 巻(号) 出版社名 発行年月日
荒井 太一, 鯉渕 清人, 保富 亮介, 青木 敏行, 高野 公輔, 林 麻美, 藤村 恵子, 宮城 盛淳, 酒井 謙 Mycobacterium abscessusによるトンネル感染後の難治性創部離開に対して局所陰圧閉鎖療法(NPWT)が著効した1例 腹膜透析2017 134-135 腎と透析 2017/11
鯉渕 清人, 高野 公輔, 保富 亮介, 荒井 太一, 青木 敏行, 河嶋 あつ子, 平尾 由美子, 林 麻美, 藤村 恵子, 宮城 盛淳, 酒井 謙 多職種による透析療法選択外来がPD普及率に与える影響 腹膜透析2017 90-91 腎と透析 2017/11
鯉渕清人,酒井謙 「適正な腹膜透析継続期間について教えてください」 腹膜透析療法Q&A 109-117 東京医学社 2014
筆頭演者・共同演者 演題名 学会名 発表年月日 開催都市
鯉渕清人 【シンポジウム】 PD腹膜炎の予防と対応 日本透析医学会総会 2019/6/29 横浜
鯉渕清人 【教育講演】 腹膜炎治療 日本腹膜透析医学会総会 2019/11/23 広島
Kiyoto Koibuchi Efficacy of the iron-based phosphate binder in patients on peritoneal dialysis: a retrospective multicenter study in Kanagawa, Japan. The 9th Asia Pacific Chapter Meeting of International Society for Peritoneal Dialysis 2019/9/6 Nagoya
脇田竜生、中田健司、中山侑泉、鯉渕清人、宮城盛淳 DAAs治療後にAKIを発症した DM合併クリオグロブリン陽性 慢性C型肝炎の一例 内科学会関東地方会 2020/2/8 東京
前川 夏穂、鯉渕 清人、保富 亮介、小柴 有未、宮城 盛淳、比嘉 眞理子 熱中症を契機に発症したSGLT2阻害薬とメトホルミンによる難治性アシドーシス・急性腎障害の一例 第646回内科学会関東地方会 2018/11/10 東京
鯉渕 清人 (ランチョンセミナー)腹膜炎マネジメント 第24回日本腹膜透析医学会・総会 2018/10/07 徳島
鯉渕 清人 超高齢化社会を迎えた日本におけるPDの可能性 第63回日本透析医学会学術集会・総会 2018/06/29 神戸
鯉渕清人、保富亮介、小柴有未、宮城盛淳 Determinants of bone mineral density and impacts of cinacalcet suppressing osteoporosis progression with patients on peritoneal dialysis in Japan – a cross-sectional, longitudinal study. The 17th Congress of the International Society for Peritoneal Dialysis 2018/5/6 Vancouver, Canada
大城 健太郎, 鯉渕 清人, 保富 亮介, 小柴 有未, 宮城 盛淳 両側腎動脈狭窄に対する経皮的腎動脈形成術により寛解し得た巣状分節性糸球体硬化症の1例 内科学会関東地方会 東京
鯉渕 清人 在宅透析最前線 腹膜透析推進への戦略 普及率10% 第62回日本透析医学会学術集会・総会 2017/6/18 横浜
Kiyoto Koibuchi1, Toshiyuki Aoki1, Taichi Arai1, Moriatsu Miyagi1, Ken Sakai2, Atsushi Aikawa2 1. Saiseikai Yokohama-City Eastern Hospital, Yokohama, Kanagawa, Japan 2. Toho University School of Medicine, Otaku, Tokyo, Japan THE STEPWISE INITIATION OF PERITONEAL DIALYSIS USING MONCRIEF AND POPOVICH METHOD SUPRESSES THE DECLINE RATE OF RENAL FUNCTION. 15th Congress of the international society for peritoneal dialysis September 7-10, 2014 Madrid
保富亮介,荒井 太一, 青木 敏行, 鯉渕 清人, 宮城 盛淳 蛍光抗体法において非特異的所見を呈したイムノタクトイド糸球体症の1例 第628回日本内科学会関東地方会 2016/11/12 東京
荒井太一,鯉渕清人,保富亮介,青木敏行,宮城盛淳 Mycobacterium abscessusによるトンネル感染後の難治性創部離開に対して局所陰圧閉鎖療法が有効であった一例 第22回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 2016/9/24 札幌
鯉渕清人,高野公輔,保富亮介,荒井太一,青木敏行,河嶋あつ子,平尾由美子,  林麻美,藤村恵子,宮城盛淳,酒井謙 多職種による療法選択がPD普及率に与える影響 第22回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 2016/9/24 札幌
鯉渕清人 教育セミナー 「離脱」 第22回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 2016/9/24 札幌
Koibuchi Kiyoto,Miyagi M, Arai T, Aoki T, Aikawa A, Sakai K Comparing the efficacy of continuous erythropoietin receptor activator and darbepoetin alfa treatments in Japanese patients with chronic kidney disease during the predialysis period: A propensity-matched analysis ERA-EDTA 53rd Congress 2016/5/23 Vienna
田中 翔平, 荒井 太一, 青木 敏行, 鯉渕 清人, 宮城 盛淳 Goodpasture症候群の臨床像を呈したコレステロール塞栓症の1例 第620回日本内科学会関東地方会 2015/12/12 東京
疋田茜、橋本多美子、藤村恵子、高野公輔、梶村廣子、荒井太一、青木敏行、鯉渕清人、宮城盛淳 病棟移転に伴うPDのスタッフ教育の現状と課題 第21回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 2015/11/28 仙台
青木 敏行, 荒井 太一, 鯉渕 清人, 宮城 盛淳, 井上 芳正, 青木 輝浩, 相川 厚, 酒井 謙 横隔膜交通症術後に反応性胸水を認めた2例 第21回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 2015/11/28 仙台
鯉渕 清人,荒井 太一, 青木 敏行,宮城 盛淳 超高齢化社会に向けた腹膜透析の可能性 第21回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 2015/11/28 仙台
高野公輔、梶村廣子、魚住加代子、安本久美子、福安美保、荒井太一、青木敏行、鯉渕清人、宮城盛淳 療法選択外来から腹膜透析導入期における臨床心理士介入の取り組み 第21回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 2015/11/28 仙台
荒井 太一(済生会横浜市東部病院 腎臓内科), 青木 敏行, 鯉渕 清人, 田中 仁英, 下川 伶子, 河上 牧夫, 酒井 謙, 宮城 盛淳 急速進行性糸球体腎炎の治療中に敗血症性ショックを起こした一例 第45回 日本腎臓学会東部学術大会 2015/10/2-3 東京
高野公輔、梶村廣子、魚住加代子、安本久美子、福安美保、荒井太一、青木敏行、鯉渕清人、宮城盛淳 透析導入前後における患者の精神健康状態の検討:療法選択外来時と透析導入直後における療法別の変化 第26回日本サイコネフロロジー研究会 2015/5/23 高崎
吉川 裕紀, 荒井 太一, 青木 敏行, 鯉渕 清人, 宮城 盛淳 DPP4阻害剤が原因薬剤と考えられた薬剤性急性尿細管間質性腎炎の1例 第609回 日本内科学会関東地方会 2014/10/11 東京
鯉渕清人 ランチョンセミナー PDの実践 「今、何故PDか」 第20回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 2014/9/24 山形
“鯉渕清人1) 荒井太一1)  青木敏行1) 宮城盛淳1) 酒井謙2) 相川厚2) 済生会横浜市東部病院 腎臓内科1) 東邦大学医学部 腎臓学講座2) “ ESA製剤の透析導入期における貧血抑制効果の比較 第59回日本透析医学会 学術集会・総会 2014/6/12 神戸
Koibuchi K, Miyagi M, Arai T, Aoki T, Aikawa A, Sakai K The cost-effectiveness in peritoneal dialysis of elderly chronic kidney disease patients in Japan. 16th Congress of the International Society for Peritoneal Dialysis February 27, 2016 – March 1, 2016 Melbourne, Australia
Kiyoto Koibuchi1, Toshiyuki Aoki1, Moriatsu Miyagi1, Ken Sakai2, Atsushi Aikawa2 1Saiseikai Yokohama-City Eastern Hospital, Yokohama, Japan2Toho University School of Medicine, Tokyo, Japan THE EFFECTS OF TOLVAPTON ON SEVERE CHRONIC KIDNEY DISEASE PATIENTS WITH CONGESTIVE HEART FAILURE. ERA-EDTA 51st Congress May 31 – June 3, 2014 Amsterdam
講演者 演題名 講演会名 講演年月日 開催地
宮城盛淳 日常診療における急性腎障害 第14回横浜東部地区腎疾患カンファランス 2018/12/6 横浜
保富亮介 薬剤性急性腎障害の2例 第14回横浜東部地区腎疾患カンファランス 2018/12/6 横浜
宮城盛淳 慢性腎臓病における血圧管理 第13回横浜市東部泌尿器科病診連携の会 2017/12/1 横浜
宮城盛淳 糖尿病性腎症患者の医療管理 第33回糖尿病カンファランス 2018/2/19 横浜(済生会横浜市東部病院)
発表者 演題名 講演会名 発表年月日 発表場所
宮城盛淳,他 市民公開講座 腎臓病のはなし 2019/3/5 横浜(済生会横浜市東部病院)
宮城盛淳 鯉渕清人 市民公開講座 腎臓病のはなし 2018/3/10 横浜(済生会横浜市東部病院)
宮城 盛淳 慢性腎臓病患者の薬物療法 神奈川県薬剤師研修会 2017/2/12 横浜
宮城 盛淳 慢性腎臓病の医療連携 横浜東邦会 2016/11/16 横浜
ページトップへ