研究・業績

心臓血管外科

2014/4/1 - 2020/03/31
筆頭著者・共同著者 題名 掲載誌 発表年
Iida Y, Ito T, Hayashi S, Takahashi T, Misumi T, Hachiya T, Shimizu H Peripartum type A aortic dissection repair using frozen elephant trunk technique Ann Vasc Dis 9 244-247 2016/3
Iida Y, Ito T, Misumi T, Shimizu H Silent balanced double aortic arch with descending thoracic aneurysm in an elderly patient J Vasc Surg 65 1823 2017/6
Inaba Y, Ito T, Hayashi S, Takahashi T, Misumi T, Hachiya T, Shimizu H Thoracic Endovascular Aortic Repair Including Total Debranching on Femoral Artery for Arch Rupture Ann Thorac Surg 104(2) e123-e125 2017/8
Inaba Y, Ito T, Hayashi S, Takahashi T, Inoue Y, Aoki T, Takimura H, Sakai T, Misumi T, Shimizu H. Total thoracoscopic left ventricular lead implantation for hybrid cardiac resynchronization therapy in pacemaker-mediated cardiomyopathy. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 65(10) 598-601 2017/10
Inaba Y, Ito T, Hayashi S, Takahashi T, Misumi T, Shimizu H. A right aortic arch with abnormal origin of the left vertebral artery from the left common carotid artery. Journal of Vascular Surgery. 4(2) 128 2018/4
Yu Inaba minimally invasive treatment of concomitant multiple aortic aneurysms, atrial septal defect and colon cancer Annals of vascular disease 2014; 7(1) 79-82 2014
Iida Y, Ito T, Kitahara H, Takebe M, Nemoto A, Nagumo M, Saito K, Yamaya T, Kanno H, Misumi T. A case of in-situ reconstruction with a rifampicin-bonded gelatin-sealed woven dacron graft for prosthetic graft infection with pseudoaneurysms after ascending aortic replacement for type a dissection. Ann Vasc Dis. 7(1) 68-71 2014
Iida Y, Ito T, Hayashi S, Takahashi T, Misumi T, Hachiya T, Shimizu H. Repair of Acute Type B Aortic Dissection Complicated by Aortic Rupture with Debranching Thoracic Endovascular Aortic Repair and Left Subclavian Artery Occlusion Using Amplatzer Vascular Plug II. Ann Vasc Dis. 8(3) 252-4 2015
Iida Y, Ito T, Misumi T, Shimizu H. Total debranching thoracic endovascular aortic arch repair with inflow from the descending thoracic aorta. J Vasc Surg. 63(2) 527-8 2016
著者名 テーマ 掲載紙(誌)名 巻(号) 出版社名 発行年月日
飯田泰功,志水秀行 心臓手術の術式&術後ケアポイントマニュアル.大動脈基部置換術. HEART nursing 29(2) 114-117 メディカ出版 2016/2
飯田泰功 心臓血管外科 後編. 縦隔出血 診断、治療、再開胸の適応とタイミング INTENSIVIST 8(1) 151-157 ㈱メディカルサイエンスインターナショナル 2016/1
飯田泰功 心臓血管外科 後編.止血薬のエビデンス トラネキサム酸、カルバゾクロム、アプロチニン INTENSIVIST 8(1) 158-160 ㈱メディカルサイエンスインターナショナル 2016/1
志水秀行,飯田泰功 II各論3大動脈疾患③胸部下行・胸腹部大動脈手術 ハートチームのための心臓血管外科手術 周術期管理のすべて 473-484 メジカルビュー社 2017/3
飯田泰功,志水秀行 第5回 循環動態管理 HEART nursing 30(5) 436-439 メディカ出版 2017/5
飯田泰功,志水秀行 第6回 循環管理 (その1 : 合併症を中心に (1) ) HEART nursing 30(6) 540-543 メディカ出版 2017/6
飯田泰功,志水秀行 第7回 循環管理 (その2 : 合併症を中心に (2)) HEART nursing 30(7) 636-639 メディカ出版 2017/7

 

筆頭演者・共同演者 演題名 学会名 発表年月日 開催都市
Yasunori Iida, Hiroki Tanaka, Tetsumei Urano, Hideyuki Shimizu Acute aortic dissection and anticoagulant therapy: possibilities as novel therapeutic targets ESVS 33rd Annual Meeting Hamburg 2019/9/25 ハンブルグ
飯田泰功、田中宏樹、志水秀行、浦野哲盟 抗凝固療法が致死的大動脈解離の発症を抑制する:大動脈解離モデルマウスによる実験的検討 第72回日本胸部外科学会学術総会 2019/11/2 京都
稲葉佑 Stanford B型大動脈解離に対するTEVAR施行症例の検討 第47回日本心臓血管外科学会総会 2017/2/27 お台場
稲葉佑 胸腹部大動脈瘤術後、腎動脈吻合部出血を繰り返し、総肝動脈-右腎動脈バイパスを施行し根治し得た1例 第78回日本臨床外科学会総会 2016/11/24 港区
稲葉佑 Total endoscopic left ventricular epicardial lead implantation ISMICS2016 WINTER WORKSHOP 2016/10/28 京都
林祥子,伊藤努,稲葉佑,髙橋辰郎,飯田泰功,三角隆彦 “当院における経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)術後 paravalvular regurgitationの検討” 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 2016/9/30 岡山
髙橋辰郎,伊藤努,稲葉佑,林祥子,飯田泰功,三角隆彦 J Graft Open Stent Graftを用いたDeBakeyIII型逆行性解離手術 第69回日本胸部外科学会定期学術集会 2016/9/30 岡山
稲葉佑,伊藤努,林祥子,髙橋辰郎,飯田泰功,三角隆彦 冠動脈疾患を有する80歳以上高齢者に対してAVR+CABGを同時施行した症例の検討 第69回日本胸部外科学会定期学術集会 2016/9/28 岡山
林祥子 Acelity社の研究会 2016/6/7 イタリア
稲葉佑 EVAR 術後脚閉塞症例の検討 第44回日本血管外科学会学術総会 2016/5/25 台場
林 祥子 重度頸動脈狭窄病変を合併した胸部大動脈瘤に対して、全弓部大動脈人工血管置換術を施行した一例 第170回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2016/3/12 横浜
稲葉 佑 重度頸動脈病変を合併した大動脈弁狭窄症の1例-TAVI時代における治療戦略の検討- 第170回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2016/3/12 東京
稲葉 佑 胸部巨大仮性動脈瘤に対する治療戦略 第46回日本心臓血管外科学会学術総会 2016/2/15 名古屋
稲葉 佑 Stanford B型大動脈解離に対するTEVAR施行症例の検討 第46回日本心臓血管外科学会学術総会 2016/2/15 名古屋
伊藤努、稲葉佑、林祥子、飯田泰功、三角隆彦 当院における経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)術後Paravalvular Aortic Regurgitationの検討 第68回日本胸部外科学会定期学術集会 2015/10/19 神戸
林祥子、伊藤努、高橋辰郎、飯田泰功、三角隆彦 80歳以上の高齢者に対するA型急性大動脈解離の手術成績の検討 第43回日本血管外科学会学術総会 2015/6/5 横浜
稲葉 佑 Stanford B型大動脈解離に対するTEVAR施行症例の検討 第43回日本血管外科学会学術総会 2015/6/4 横浜
飯田泰功、伊藤努、林祥子、高橋辰郎、三角隆彦 A型急性大動脈解離手術後における再手術症例の検討 第43回日本血管外科学会学術総会 2015/6/4 横浜
伊藤努、林祥子、高橋辰郎、飯田泰功、三角隆彦 当院における急性肺動脈血栓塞栓症に対する外科治療 第43回日本血管外科学会学術総会 2015/6/3 横浜
稲葉 佑 腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿術施行後に脚閉塞を来たした症例 ASCVTS Annual Meeting 2015 2015/5/11 香港
林 祥子 大動脈弁置換術は高齢者大動脈弁狭窄症患者の予後を改善するか? 第45回 日本心臓血管外科学会 2015/2/17 京都
林 祥子 TAVI時代の大動脈弁置換術 第45回 日本心臓血管外科学会 2015/2/17 京都
稲葉 佑 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト治療後に追加治療を要した症例の検討 第45回日本心臓血管外科学会学術総会 2015/2/17 京都
稲葉 佑 僧房弁置換術後の大動脈弁狭窄症に対し経心尖部アプローチ経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)を施行した一例 日本循環器学会関東甲信越地方会 2014/12/6 東京
稲葉 佑 高安動脈炎による大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症に対して心尖部アプローチによる経カテーテル大動脈弁留置術を施行した一例 CCT2014 surgical 2014/10/31 神戸
講演者 演題名 講演会名 講演年月日 開催地
飯田泰功 解離症例におけるオープンステントグラフトの限界 第47回日本血管外科学会総会 ランチョンセミナー 2019/5/22 名古屋
飯田泰功 TEVAR解離治療の新しい取り組み Aggressive Distal Sealing Medtronic Endovascular RISING FORUM 2019/7/6 札幌
飯田泰功 血管外科医としての苦悩と達成感 薬物療法から手術療法まで:留学経験をふまえて 第53回愛媛血管外科研究会 2019/11/9 松山
飯田泰功 当科における自己弁感染性心内膜炎に対する外科治療成績 Kanagawa Circulation Club 2019/7/9 横浜
飯田泰功、岡英俊、三木隆久、蜂谷貴、森光晴 弓部大動脈瘤に対するNajuta ステントグラフトの使用経験 鶴見区循環器研究会 2019/11/20 横浜
伊藤 努 高齢者の弁膜症手術 川崎区・幸区実地医家勉強会 2016/10/31 川崎
林 祥子 東部病院における周術期管理 横浜東部周術期管理セミナー 2016/9/23 川崎
稲葉 佑 胸腔鏡下左室リード植え込み術 -心室再同期療法における低侵襲外科治療の役割- 横浜市東部地域循環器カンファレンス 2016/9/14 横浜
稲葉 佑 胸腔鏡下左室リード植え込み術 -心室再同期療法における低侵襲外科治療の役割- Kanagawa Circulation Club 2016/7/12 横浜
稲葉 佑 巨大左房内血栓を認めた2症例 横浜市東部地域循環器カンファレンス 2016/6/2 横浜
伊藤 努 ここまで進んだ心臓弁膜症手術~TAVI100例の経験を含めて~ 第199回横浜外科医会 2016/6/2 横浜
林 祥子 当院におけるTAVI 100例の経験 kanagawa valve folume 2016/5/20 横浜
稲葉 佑 僧房弁置換術後17年後に高度の溶血性貧血をきたした1例 横浜市東部地域循環器カンファレンス 2016/3/3 横浜
伊藤 努 心臓血管外科医からみた感染性心内膜炎 第10回歯科連携登録医の会 2015/11/25 横浜
林 祥子 TAVI時代における大動脈弁狭窄症の治療選択 地域連携心臓弁膜症勉強会 2015/11/11 横浜
伊藤 努 聞いて得するTAVI 2015/8/21 横浜
稲葉 佑 重度頸動脈病変を合併した大動脈弁狭窄症の1例 Kanagawa Circulation Club 2015/7/7 横浜
伊藤 努 そのむくみとだるさ、弁膜症かもしれません! いきいき心臓血管健康セミナー 2015/3/1 横浜
林 祥子 大動脈弁バルーン拡張術後にLeaflet Entrapmentを来した一例 KCC 2014/7/1 横浜
林 祥子 弁下組織まで感染を来した活動性感染性心内膜炎に対し、僧帽弁形成術を施行した1例 KCC 2013/7/17 横浜
稲葉 佑 高度石灰化大動脈を伴う大動脈弁狭窄症、冠動脈狭窄症に対する治療方針 横浜市東部地域循環器カンファレンス 2015/7 横浜
ページトップへ