研究・業績

救急科

2014/4/1 - 2021/10/6
筆頭著者・共同著者 題名 掲載誌 巻・号 掲載頁 発表年月
Matsumoto S, Shimizu M, Maekawa N, Yamazaki M, Kitano M. Surgical management of blunt pancreatic transection. J Trauma Acute Care Surg. 89(5) doi:10.1097/TA.0000000000002880 2020/11
Matsumoto S, Funabiki T, Kazamaki T, Orita T, Sekine K, Yamazaki M, Moriya T. Placement accuracy of resuscitative endovascular occlusion balloon into the target zone with external measurement. Trauma Surg Acute Care Open. 29;5(1) doi:10.1136/tsaco-2020-000443 2020/4
Matsumura K, Toyoda Y, Matsumoto S, Funabiki T. Near-fatal negative pressure pulmonary oedema successfully treated with venovenous extracorporeal membrane oxygenation performed in the hybrid emergency room BMJ Case Rep 9;13(9) doi:10.1136/bcr-2020-234651 2020/9
Matsumura K, Toyoda Y,Matsumoto S, Kawai Y, Mori T, Omasa K, Fukada T, Yamada M, Kazamaki T, Furugori S, Hiroe N, Senoo S, Shimizu M, Funabiki T, Yamazaki M. Comparison of the Clinical Course of COVID-19 Pneumonia and Acute Respiratory Distress Syndrome in 2 Passengers from the Cruise Ship Diamond Princess in February 2020 Am J Case Rep. doi:10.12659/AJCR.926835 2020/8
Matsumoto S, Morizane M, Matsuo K, Yamazaki M, Kitano M. Pitfalls when using extracorporeal life support in trauma patients. Trauma Surg Acute Care Open. doi:10.1136/tsaco-2019-000298 2019/5
Matsumoto S, Hayashida K, Akashi T, Jung K, Sekine K, Funabiki T, Moriya T. Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta (REBOA) for Severe Torso Trauma in Japan: A Descriptive Study World J Surg doi:10.1007/s00268-019-04968-2 2019/7
Matsumoto S, Funabiki T, Hayashida K, Yamazaki M, Ebihara T, Moriya T. Effectiveness and Usage Trends of Hemorrhage Control Interventions in Patients with Pelvic Fracture in Shock World J Surg. doi:10.1007/s00268-020-05441-1 2020/7
Matsumoto S, Shiraishi A, Kojima M, Funaoka H, Funabiki T, Saida F, Kitano M. Comparison of diagnostic accuracy for nonocclusive mesenteric ischemia in models with biomarkers including intestinal fatty acid-binding protein in addition to clinical findings J Trauma Acute Care Surg doi:10.1097/TA.0000000000002100 2019/2
Matsumoto S, Jung K, Smith A, Yamazaki M, Kitano M, Coimbra R.

Comparison of trauma outcomes between Japan and the USA using national trauma registries Trauma Surg Acute Care Open doi:10.1136/tsaco-2018-000247 2018/11
Matsumoto S, Hayashida K, Furugori S, Shimizu M, Sekine K, Kitano M Impact of self-inflicted injury on nontherapeutic laparotomy in patients with abdominal stab wounds Injury doi:10.1016/j.injury.2018.06.001 2018/9
Matsumoto S, Akashi T, Hayashida K, Sekine K, Orita T, Funabiki T, Kitano M. Transcatheter Arterial Embolization in the Treatment of Maxillofacial Fractures With Life-Threatening Hemorrhage Ann Plast Surg doi:10.1097/SAP.0000000000001405 2018/6
Matsumoto S, Sekine K, Funaoka H, Funabiki T, Yamazaki M, Orita T, Hayashida K, Kitano M. Diagnostic value of intestinal fatty acid-binding protein for pneumatosis intestinalis Am J Surg. doi:10.1016/j.amjsurg.2016.04.002 2016/11
Matsumoto S, Jung K, Smith A, Coimbra R. Trauma center maturity measured by an analysis of preventable and potentially preventable deaths: there is always something to be learned… Surg Today doi:10.1007/s00595-018-1687-y 2018/11
Matsumoto S, Sekine K, Funaoka H, Funabiki T, Akashi T, Hayashida K, Shimizu M, Orita T, Yamazaki M, Kitano M. Clinical Evaluation of “Shock Bowel” Using Intestinal Fatty Acid Binding Protein Shock. doi:10.1097/SHK.0000000000000733 2017/1
Hayashida K, Matsumoto S, Kitano M, Sasaki J. Predictive value of quick surgical airway assessment for trauma (qSAT) score for identifying trauma patients requiring surgical airway in emergency room BMC Emerg Med. doi:10.1186/s12873-018-0203-4 2018/11
Murai Y, Matsumoto S, Egawa T, Funabiki T, Shimogawara T. Hybrid emergency room management of a ruptured abdominal aortic aneurysm J Vasc Surg Cases Innov Tech doi:10.1016/j.jvscit.2020.12.006 2020/12
Matsumoto S, Sekine K, Funaoka H, Funabiki T, Shimizu M, Hayashida K, Kitano M Early diagnosis of hollow viscus injury using intestinal fatty acid-binding protein in blunt trauma patients Medicine (Baltimore) doi:10.1097/MD.0000000000006187 2017/3
Matsumoto S, Sekine K, Funabiki T, Orita T, Shimizu M, Hayashida K, Kazamaki T, Suzuki T, Kishikawa M, Yamazaki M, Kitano M. Diagnostic accuracy of oblique chest radiograph for occult pneumothorax: comparison with ultrasonography World J Emerg Surg doi:10.1186/s13017-016-0061-x 2016/1
Matsumoto S, Sekine K, Funabiki T, Yamazaki M, Orita T, Shimizu M, Hayashida K, Kishikawa M, Kitano M. Chest tube insertion direction: is it always necessary to insert a chest tube posteriorly in primary trauma care? Am J Emerg Med. doi:10.1016/j.ajem.2014.10.042 2015/1
Yajima K, Matsumoto S, Hiroe N. Inflation alert: how much inflation is actually necessary in resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta? Journal of Trauma and Acute Care Surgery doi:10.1097/TA.0000000000002303 2019/4
天野杏李,豊田幸樹年,本多満 肺炎を合併した病的肥満患者に対してawake ECMOを施行した一例 日本集中治療医学会雑誌 27 479-480 2020/12
Yukitoshi Toyoda, Ryo Ichibayashi, Ginga Suzuki, Yosuke Sasaki, Mitsuru Honda, Yoshihisa Urita Possibility of an intra-aortic balloon pump as a bridge therapy to recovery for septic cardiomyopathy Toho journal of medicine 6 148-155 2020/12
Ryo Yamamoto, Ramon F Cestero, Mark T Muir, Donald H Jenkins, Brian J Eastridge, Tomohiro Funabiki, Junichi Sasaki. Delays in surgical intervention and temporary hemostasis using resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta (REBOA): Influence of time to operating room on mortality. Am J Surg. 220(6) 1485-1491 2020/12
Ryo Yamamoto, Masaru Suzuki, Tomohiro Funabiki, Yusho Nishida, Katsuya Maeshima, Junichi Sasaki. Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta and traumatic out-of-hospital cardiac arrest: A nationwide study. JACEP Open. 1(4) 624-632 2020/7
Ryo Yamamoto, Masaru Suzuki, Tomohiro Funabiki, Yusho Nishida, Katsuya Maeshima, Junichi Sasaki Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta and traumatic out-of-hospital cardiac arrest:A nationwide study JACEP Open doi: 10.1002/ emp2.12177 2020/7
Shokei Matsumoto, Tomohiro Funabiki, Taku Kazamaki, Tomohiko Orita, Kazuhiko Sekine, Motoyasu Yamazaki, Takashi Moriya Placement accuracy of resuscitative endovascular occlusion balloon into the target zone with external measurement Trauma Surg Acute Care Open 5(1) e000443 2020/4
Shokei Matsumoto, Tomohiro Funabiki, Kei Hayashida, Motoyasu Yamazaki, Takayuki Ebihara, Takashi Moriya Effectiveness and Usage Trends of Hemorrhage Control Interventions in Patients with Pelvic Fracture in Shock World J Surg 44(7) 2229-2236 2020/2/1
Shokei Matsumoto, Kei Hayashida, Taku Akashi, Jung K, Kazuhiko Sekine, Tomohiro Funabiki, Takashi Moriya Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta (REBOA) for Severe Torso Trauma in Japan: A Descriptive Study World J Surg 43(7) 1700-1707 2019/7
Ryo Yamamoto, Ramon F Cestero, Masaru Suzuki, Tomohiro Funabiki, Junichi Sasaki. Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta (REBOA) is associated with improved survival in severely injured patients: A propensity score matching analysis Am J Surg 218(6) 1162-1168 2019/12
Kazuma Yamakawa, Takahiro Kinoshita, Atsushi Watanabe, Kazuhiro Sugiyama, Michiaki Hata, Takashi Moriya, Shigenari Matsuyama, Takashi Fujita, Yasushi Nakamori, Hiroaki Watanabe, Tomohiro Funabiki, Shigeki Kushimoto, Junichi Matsumoto, Isao Ukai, Satoshi Fujimi, and The founding members of the Japanese Association for Hybrid Emergency Room System (JA-HERS). The hybrid emergency room system: a novel trauma evaluation and care system created in Japan Acute Medicine & Surgery 6(1) DOI: 10.1002/ ams2.412 2019/4
Shokei Matsumoto, Atsushi Shiraishi, Mitsuaki Kojima, Hiroyuki Funaoka, Tomohiro Funabiki, Takafumi Saida, Mitsuhide Kitano: Comparison of diagnostic accuracy for nonocclusive mesenteric ischaemia in models with biomarkers including intestinal fatty acid?binding protein in addition to clinical findings J Trauma Acute Care Surg 86(2) 220-225 2019
Yosuke Matsumura, Junichi Matsumoto, Hiroshi Kondo, Koji Idoguchi, Tomohiro Funabiki; DIRECT-IABO investigators: Partial occlusion, conversion from thoracotomy, undelayed but shorter occlusion: resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta strategy in Japan. Eur J Emerg Med 25(5) 348-354 2018
Yosuke Matsumura, Junichi Matsumoto, Hiroshi Kondo, Koji Idoguchi K, Tokiya Ishida, Okada Y, Yuri Kon, Oka K, Kenichiro Ishida, Yukitoshi Toyoda, Tomohiro Funabiki; DIRECT-IABO Investigators: Early arterial access for resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta is related to survival outcome in trauma J Trauma Acute Care Surg 85(3) 507-511 2018
Yosuke Matsumura, Junichi Matsumoto, Koji Idoguchi, Hiroshi Kondo, Tokiya Ishida, Yuri Kon, Keisuke Tomita, Kenichiro Ishida, Tomoya Hirose, Kensuke Umakoshi, Tomohiro Funabiki; DIRECT-IABO investigators: Non-traumatic hemorrhage is controlled with REBOA in acute phase then mortality increases gradually by non-hemorrhagic causes: DIRECT-IABO registry in Japan Eur J Trauma Emerg Surg 44(4) 503-509 2018
貝原正樹,伊藤康博,船曵知弘,江川智久,長島敦,北野光秀: 肝嚢胞治療過程で生じた仮性肝動脈瘤の1例 日本腹部救急医学会雑誌 36(6) 1111-1114 2016
Yosuke Matsumura, Junichi Matsumoto, Koji Idoguchi, Hiroshi Kondo, Tokiya Ishida, Yuri Kon, Keisuke Tomita, Kenichiro Ishida, Tomoya Hirose, Kensuke Umakoshi, Tomohiro Funabiki; DIRECT-IABO investigators: Fewer REBOA complications with smaller devices and partial occlusion: evidence from a multicentre registry in Japan. Emerg Med J 34(12) 793-799 2017
Shokei Matsumoto, Kazuhiko Sekine, Hiroyuki Funaoka, Tomohiro Funabiki, Masayuki Shimizu, Kei Hayashida, Mitsuhide Kitano Early diagnosis of hollow viscus injury using intestinal fatty acid-binding protein in blunt trauma patients. Medicine(Baltimore). 96(1) e6187 2017
Shokei Matsumoto, Kazuhiko Sekine, Hiroyuki Funaoka, Tomohiro Funabiki, Taku Akashi, Kei Hayashida, Masayuki Shimizu, Tomohiko Orita, Motoyasu Yamazaki, Mitsuhide Kitano Clinical evaluation of ‘‘SHOCK BOWEL’’ using intestinal fatty acid binding protein. Shock 47(1) 100-106 2017
William A. Teeter, Junichi Matsumoto, Koji Idoguchi, Yuri Kon, Tomohiko Orita, Tomohiro Funabiki, Megan L. Brenner, Yosuke Matsumura Smaller introducer sheaths for REBOA may be associated with fewer complications. J Trauma Acute Care Surg 81(6) 1039-1045 2016
Shokei Matsumoto, Kazuhiko Sekine, Hiroyuki Funaoka, Tomohiro Funabiki, Motoyasu Yamazaki, Tomohiko Orita, Kei Hayashida, Mitsuhide Kitano: Diagnostic value of intestinal fatty acid binding protein (I-FABP) for pneumatosis intestinalis. Am J Surg 212(5) 961-968 2016
Shokei Matsumoto, Kazuhiko Sekine, Tomohiro Funabiki, Tomohiko Orita, Masayuki Shimizu, Kei Hayashida, Taku Kazamaki, Suzuki T, Masanobu Kishikawa, Motoyasu Yamazaki, Mitsuhide Kitano Diagnostic accuracy of oblique chest radiograph for occult pneumothorax: comparison with ultrasonography. World J Emerg Surg 13;11 5 2016
Shokei Matsumoto, Kazuhiko Sekine, Tomohiro Funabiki, Motoyasu Yamazaki, Tomohiko Orita, Masayuki Shimizu, Kei Hayashida, Masanobu Kishikawa, Mitsuhide Kitano Chest tube insertion direction: is it always necessary to insert a chest tube posteriorly in trauma care? Am J Emerg Med 33(1) 88-91 2015
村川正明,松本松圭,清水正幸,伊藤康博,船曵知弘,江川智久,山崎元靖,林忍,長島敦,北野光秀 虫垂嵌頓大腿ヘルニアの1例. 日本腹部救急医学会雑誌 35(1) 171-175 2015
Yosuke Matsumura, Junichi Matsumoto, Kaori Ito, Hiroyuki Ohbe, Takahiro Kinoshita, Kei Hayashida, Tomohiro Funabiki, Kazuma Yamakawa, Shigeki Kushimoto, Satoshi Fujimi, and the Japanese Association for Hybrid Emergency Room System (JA-HERS) Scientific Promotion Committee Endovascular resuscitation and trauma management in the hybrid emergency room system: Ideal solution for surgical, endovascular and radiological trinity. J Endovasc Resusci Trauma Management 3(1) 27-31 2019
Naoyoshi Nagata, Naoki Ishii, Noriaki Manabe, Kenji Tomizawa, Yoshihisa Urita, Tomohiro Funabiki, Shunji Fujimori, Mitsuru Kaise Guidelines for Colonic Diverticular Bleeding and Colonic Diverticulitis: Japan Gastroenterological Association Digestion 99 Suppl 1-26 2019
Tomohiro Funabiki, Yosuke Matsumura, Hiroshi Kondo, Koji Idoguchi, Junichi Matsumoto, Japanese Society of Diagnostic and Interventional Radiology in Emergency, Critical Care, and Trauma (DIRECT) Creating an Educational Program in the Endovascular and Hybrid Intervention; Experiences from the Japanese Society of Diagnostic and Interventional Radiology in Emergency, Critical Care, and Trauma (DIRECT) J Endovasc Resusci Trauma Manage 2(1) 10-16 2018
Kazuhiko Nishida, Alan Kawarai Lefor, Tomohiro Funabiki Rupture of hepatocellular carcinoma after transarterial chemoembolization followed by massive gastric bleeding Case Reports in Hepatology 4576276 2018
Masaki Kaihara, Shigeshi Ono, Shintaro Shibutani, Tomohiro Funabiki, Tomohisa Egawa A rare surgical case of giant jejunal artery aneurysm in a young patient. Ann Vasc Surg 297.e5-297.e8 2018
Shokei Matsumoto, Taku Akashi, Kei Hayashida, Kazuhiko Sekine, Tomohiko Orita, Tomohiro Funabiki, Mitsuhide Kitano Transcatheter arterial embolization in the treatment of maxillofacial fractures with life-threatening hemorrhage Ann Plastic Surg 80(6) 664-668 2018
Nobuhiko Arai, Hiroshi Kagami, Tomohiro Funabiki, Yutaka Mine, Makoto Inaba: Successful covered stent usage for carotid artery injury with active medial projecting extravasation World Neurosurg 112 53-56 2018
一ノ瀬嘉明,松本純一,船曵知弘,松村洋輔,桑原秀次,森本公平,西巻博,中島康雄,久志本成樹,横田順一朗 時間を意識した外傷CT診断:Focused Assessment with Sonography for Trauma(FACT)から始める3段階読影. 日本外傷学会雑誌 28(1) 21-31 2014
船曵知弘 消化管出血におけるIVRの治療成績 日本腹部救急医学会雑誌 34(7) 1277-1284 2014
江川智久,清水正幸,三原康紀,西谷慎,半田寛,伊藤康博,船曵知弘,山崎元靖,北野光秀,長島敦 胃・十二指腸潰瘍穿孔 外科 78(1) 19-22 2016
船曵知弘 外傷診療におけるIVR 決断のための必要な体制 Jap J Acute Care Surg.(JJACS) 6(1) 20-25 2016
船曵知弘,折田智彦,佐藤智洋,北野光秀 鈍的肝損傷に対するCT所見から見た経カテーテル的動脈塞栓術の適応と限界 日本腹部救急医学会雑誌 36(6) 1053-1059 2016
船曵知弘 下部消化管出血における動脈塞栓術の有効性 消化器内視鏡 30(6) 761-768 2018
船曵知弘 救命救急センターにおけるハイブリッドERの設計について インナービジョン 33(10) 83-85 2018
執筆者名,分担執筆担当氏名 表題名 書籍名・掲載誌名 巻・号 掲載頁 出版社 発表年月
清水正幸、江川智久 胃・十二指腸潰瘍穿孔 新DS NOW No.5 良性・救急疾患に対する標準腹腔鏡手術[消化管編] 72~91 メジカルビュー社 2020/4/10
青木誠 REBOAハンドブック へるす出版 2021/3/1
船曵知弘 救急IVR止血術 完全マスターガイド(著) 金芳堂 2021/3
妹尾聡美、船曵知弘 高齢者の骨盤外傷 Geriatric Medicine(老年医学) 58(11) 1019 ライフサイエンス 2020/11
船曵知弘 造影剤アレルギーにいかに対応するか 研修医に教える画像診断のABC 36(10増刊) 78 メジカルビュー 2020/10
船曵知弘 CT first 救急医学 44(9) 1236 へるす出版 2020/9
船曵知弘 ハイブリッドERシステムと外傷診療 画像検査と画像診断 救急医学 44(5) 531 へるす出版 2020/5
船曵知弘 外傷CTの読影 改訂第3版 救急撮影ガイドライン 救急撮影認定技師標準テキスト 59 へるす出版 2020/4
妹尾 聡美 特集「CTにて確定診断」それって本当?救急CT得意・不得意と落とし穴 突然の強い後頸部痛と片麻痺 Emer-Log 32(1) 160-167 メディカ出版 2020/4
妹尾 聡美 「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型的な画像はこう気づく(第8回)“何かがいつもと違う”その違和感で勝負を決める!X線写真の向こうに見える解剖に気をつけろ! Emer-Log 32(1) 243-247 メディカ出版 2020/4
妹尾 聡美 「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型的な画像はこう気づく(第9回)“何かがいつもと違う”その違和感で勝負を決める!横隔膜の向こう側に見えるもの Emer-Log 32(2) 397-401 メディカ出版 2020/06
妹尾 聡美 「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型的な画像はこう気づく(第10回)“何かがいつもと違う”その違和感で勝負を決める!1つの異常で満足しない Emer-Log 32(3) 529-533 メディカ出版 2020/8
妹尾 聡美 「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型的な画像はこう気づく(第11回)“何かがいつもと違う”その違和感で勝負を決める!左右非対称は何かのお告げ?! Emer-Log 32(4) 699-703 メディカ出版 2020/10
妹尾 聡美 「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型的な画像はこう気づく(第12回)“何かがいつもと違う”その違和感で勝負を決める!胆嚢腫大・胆嚢壁肥厚=急性胆嚢炎? Emer-Log 32(5) 853-857 メディカ出版 2020/12
妹尾 聡美、船曵知弘 8.高齢者の骨盤外傷 老年医学 58(11) 1019-1023 ライフサイエンス社 2020/9
妹尾 聡美 外傷画像のpinch of spice. 第1回 外傷画像は撮影前から勝負が決まる! Emer-Log 34(1) 93-97 メディカ出版 2021/2
妹尾聡美、船曵知弘 出血に対するIVR 肋間動脈損傷 IVRのすべて(監修 吉川公彦、荒井保明) 165-169 MEDICAL VIEW社 2021/3
妹尾聡美 (特集)最新医療機器総論2020 33.NBCA 救急医学臨時増刊号 44(7) 955-963 へるす出版 2020/7
船曵知弘編著 救急疾患の鑑別診断のポイント 画像診断2019年増刊秋号 vol.39 No.11 学研メディカル秀潤社 2019/9
船曵知弘編 若手医師・ナースのための救急エコーはこう見る・こう使う エマログ2019年夏季増刊) メディカ出版 2019/5
船曵知弘監訳 救急画像ティーチングファイル 医学書院 2019/2
船曵知弘/企画 対応・治療法の次の一手が変わる探求 ショックへの最適解 EmerLog 32(2) 166-250 メディカ出版 2019/4
船曵知弘 外傷CTの読影 改訂第3版 救急撮影ガイドライン 救急撮影認定技師標準テキスト(日本救急撮影技師認定機構監修) 59-67 へるす出版 2020/4
船曵知弘 大動脈内バルーン遮断法 救急・集中治療 ICU治療指針II 31(3) 1208-1210 総合医学社 2019/11
船曵知弘 腹痛の放射線検査.特集「スマートな腹痛診療」 medicina 56(10) 1582-1584 医学書院 2019/9
船曵知弘 腹痛症状のある患者での画像選択(非外傷性) 日独医放 63(2) 140-152 学研メディカル秀潤社 2019
船曵知弘 心嚢ドレナージ 臨床放射線 63(12) 1532-1535 金原出版 2018
船曵知弘 腹部実質臓器損傷(肝・脾・腎・膵) 救急放射線診断へのアプローチ 34(10増刊) 222-223 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 消化管穿孔 救急放射線診断へのアプローチ 34(10増刊) 184-185 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 画像診断と評価 改訂第4版外傷初期看護ガイドラインJNTEC 133-137 へるす出版(東京) 2018
船曵知弘 救急画像診断の基本 救急診療指針 改訂第5版 100-105 へるす出版(東京) 2018
船曵知弘 腹部穿通性損傷 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 332-333 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 腸間膜損傷 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 330-331 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 小腸損傷 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 328-329 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 十二指腸損傷 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 326-327 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 医原性十二指腸損傷 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 298-299 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 十二指腸潰瘍穿孔 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 161-162 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘 胃癌穿孔 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション 160 メジカルビュー社(東京) 2018
船曵知弘(著) 救急画像診断「超」入門-危険な所見を見抜くために- メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京) 2018
船曵知弘 緊急画像検査 標準救急医学(第5版) 126-145 医学書院 2014
船曵知弘 症例検討セミナー 第77回急性大動脈解離 プレホスピタル・ケア 27(1) 76-80 東京法令出版㈱ 2014
船曵知弘 FACT時代を迎えた外傷診療 カレントテラピー 32(8) 24-28 ライフメディコム, 2014
船曵知弘 Damage control IVR Damage Control Resuscitation -重症外傷の凝固線溶異常に対する蘇生のすべて- 救急・集中治療 26(7・8) 1023-1030 総合医学社 2014
船曵知弘 変化した外傷診療におけるCT検査の位置づけ~機器の進歩がJATEC・JNTECにもたらす変化は?~ エマージェンシー・ケア 27(12) 1206-1211 メディカ出版 2014
折田智彦,船曵知弘,豊田幸樹年,北野光秀 IABO REBOAとしての脚光 救急医学 38(13) 1617-1624 へるす出版 2014
船曵知弘 敗血症としての画像診断 救急医学 39(2) 219-227 へるす出版 2015
船曵知弘 IVRの適応と限界 救急医学 39(8) 905-916 へるす出版 2015
船曵知弘 腸閉塞(機械的・機能的イレウス) 臨床放射線 60(11) 1655-1658 金原出版 2015
船曵知弘 腸閉塞(悪性腫瘍による腸閉塞、食餌性腸閉塞) 臨床放射線 60(11) 1659-1663 金原出版 2015
船曵知弘 急性腹症 内科 117(4) 677-682 南江堂 2016
船曵知弘 FACT 改訂第2版 救急撮影ガイドライン 救急撮影認定技師標準テキスト 134-141 へるす出版 2016
船曵知弘 救急外来に必要な画像検査と検査体制 救急医学 40(7) 769-777 へるす出版 2016
船曵知弘 泌尿器外傷におけるIVRの現状と最新の知見 臨床泌尿器科 214-219 医学書院 2016
船曵知弘 JATEC/JETEC時代における外傷診療戦略の画像検査 救急医学, 40(10) 1186-1198 へるす出版 2016
船曵知弘 単純X線 今さら聞けない画像診断のキホン 89-128 日経BP社 2016
船曵知弘 外傷外科におけるIVR. 臨床外科 71(11) 147-152 医学書院 2016
船曵知弘 重症外傷 救命救急・集中治療エキスパートブック R35 142-157 日本医事新報社 2017
船曵知弘 単純X線検査の適応と限界 Medicina 54(5) 626-629 医学書院 2017
船曵知弘 突然の上腹部痛 Medicina 54(5) 707-709 医学書院 2017
船曵知弘 突然の臍周囲痛 Medicina 54(5) 714-717 医学書院 2017
船曵知弘 急性腹症と外傷 腹部のCT第3版 651-670 医学書院 2017
船曵知弘 外傷性凝固障害 検査値から考える周術期血液凝固異常 159-167 克誠堂出版 2017
船曵知弘 X線 主訴から攻める!救急画像 内因性疾患から外傷まで、すばやく正しく、撮る・読む・動く! レジデントノート増刊 19(5) 766-773 羊土社 2017
船曵知弘 頭部画像検査を正しく使おう.救急外来で役立つ!意識障害の診かた ~”あたま”と”からだ”で考える~. Medicina 54(12) 1967-1972 医学書院 2017
船曵知弘 胸部単純X線 内科 120(6) 1245-1248 南江堂 2017
船曵知弘 単純X線検査 -適応,その限界と撮影の基本- 診断と治療 105(12) 1489-1494 診断と治療社 2017
船曵知弘 膵外傷の診療体系 胆と膵 39(1) 19-22 医学図書出版 2018

 

筆頭演者・共同演者 演題名 学会名 発表年月日 開催都市
松本 松圭 横浜市重症外傷センター済生会横浜市東部病院における多数傷病者発生時の対応 第 120 回日本外科学会定期学術集会 2020/8/13 Web開催
松本 松圭 重症急性膵炎に対する外科的治療:外科的ネクロゼクトミーは大変 第40回日本画像医学会 学術集会 2021/2/19 Web開催
谷口 枝穗, 豊田 幸樹年, 川合 良尭, 山田 真生, 稲葉 佑, 飯田 泰功, 船曵 知弘 IMPELLAR位置調整後に大動脈弁閉鎖不全症を呈した1例 第48回日本集中治療医学会学術集会 2021/2/12-14 Web開催
山田 真生, 大政 皓聖,川合 良尭, 谷口 枝穗,森 崇彰, 深田 卓也, 青木 誠, 妹尾 聡美, 豊田 幸樹年, 船曵 知弘 当院救命救急センター集中治療室でのCOVID-19診療の現状 第48回日本集中治療医学会学術集会 2021/2/12-14 Web開催
清水正幸 外傷性膵損傷に対する治療方針-早期診断と臓器温存を目指して 第56回日本腹部救急医学会総会 2020/10/8-11/2 Web開催
清水正幸 腹腔鏡で修復した大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニアを合併した坐骨孔ヘルニアの1例 第13回日本ヘルニア学会学術集会 2020/11/3-11/13 Web開催
豊田幸樹年,川合良尭,大政皓聖,森崇彰,松村一希,天野杏李,深田卓也,山田真生,古郡慎太郎,山崎元靖 敗血症性ショックに対するVA ECMO導入のタイミングについての検討 第47回日本集中治療医学会 2020/3/8 名古屋
豊田幸樹年,妹尾聡美,古郡慎太朗,折田智彦,井上征雄,佐藤浩三 頸管妊娠破裂に対してUAEを施行した1例 第49回日本IVR学会 2020/8/25 神戸
妹尾聡美 術後膵液漏ドレナージチューブ挿入中の医原性門脈損傷に対してカテーテル治療にて止血した一例 第49回日本IVR学会総会 2020/8/27 神戸市
豊田幸樹年,山田真生,天野杏李,船曵知弘 Hybrid ERでVV-ECMOを導入することで救命し得た重症胸部外傷の1例 第42回日本呼吸療法医学会 2020/12/21 京都
松本 松圭 External measurement 法による REBOA 留置“Zone 3 への留置は難しい” 第34回日本外傷学会総会・学術集会 2020/12/7 Web開催
青木誠 外傷データバンク解析術 コホート研究(回帰分析とマルチレベル解析) 第34回日本外傷学会総会・学術集会 2020/12/8 Web開催
船曵知弘 こんなときどうする -CT所見と血管造影所見との解離- 第34回日本外傷学会総会・学術集会 2020/12/8 Web開催
船曵知弘 ハイブリッドERにおける新たな外傷診療プロトコルの試み 第34回日本外傷学会総会・学術集会 2020/12/8 Web開催
前川夏穂,松本松圭,川合良尭,船曵知弘,山崎元靖. Direct whole-body CTが診断に有用であった心嚢気腫の1例. 第34回日本外傷学会総会・学術集会 2020/12/8 Web開催
藤森章史,稲垣直之,船曵知弘. IVR手技支援ソフトを用いた外傷TAE支援画像の初期検討 第34回日本外傷学会総会・学術集会 2020/12/8 Web開催
廣江 成欧、松本 松圭、風巻 拓、栗山 桂一、清水 正幸、山崎 元靖 救急外科医によるVA-ECMO抜去術の安全性についての検討 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18-20 岐阜市
豊田幸樹年,山田真生,大政皓聖,谷口枝穂,栗山桂一,風巻拓,廣江成欧,妹尾聡美,松本松圭,清水正幸,船曵知弘 ICU管理を必要としたCOVID-19患者5症例の報告 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
大政皓聖,船曵知弘,山崎元靖 コードレス超音波を用いたHybrid-ERにおける緊急血管確保 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/19 岐阜市
折田智彦,船曵知弘,豊田幸樹年,吉田卓功,佐々木拓幸,田口圭祐,三辻礼美,小西康博. 大量出血ハイリスクの前置胎盤に対する血流コントロール下Hybrid帝王切開の有効性の検討. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
妹尾聡美,船曵知弘,山田真生,風巻 拓.廣江成欧,豊田幸樹年,松本松圭,清水正幸,山崎元靖. 新型コロナウィルス感染症に対するハイブリッドERシステムの有効活用について. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
折田智彦,船曵知弘,豊田幸樹年,風巻 拓,伊藤めぐむ,御子柴尚郎,秋葉靖雄,中村久理子,佐藤志帆. 死戦期帝王切開対応の緊急招集「コードピンク」の策定. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
山田真生,豊田幸樹年,大政皓聖,川合良尭,森 崇彰,船曵知弘,山崎元靖. 集中治療室内で発生したインフレーションライン損傷. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
緒方梨花,大政皓聖,船曵知弘,谷口枝穂,栗山桂一,山田真生,廣江成欧,豊田幸樹年,山崎元靖. 経皮的カテーテルアブレーション後に左房食道瘻を合併した一例 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
深田卓也,船曵知弘,大政皓聖,森 崇彰,妹尾聡美,豊田幸樹年,折田智彦,山崎元靖. Hybrid ERにおける死戦期帝王切開を施行した一例. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
豊田幸樹年,山田真生,大政皓聖,谷口枝穂,栗山桂一,風巻 拓,廣江成欧,妹尾聡美,松本松圭,清水正幸,船曵知弘. ICU管理を必要としたCOVID-19患者5症例の報告. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
川合良尭,山田真生,大政皓聖,森 崇彰,谷口枝穂,深田卓也,妹尾聡美,豊田幸樹年,船曵知弘,山崎元靖. 急性呼吸窮迫症候群, 敗血症性ショックに至った, Lactobacillus属による菌血症の一例. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
森 崇彰,妹尾聡美,深田卓也,大政皓聖,船曵知弘,山崎元靖. オセルタミビルカプセルRが原因と考えられる薬剤性肺臓炎の一例. 第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020/11/18 岐阜市
妹尾聡美、船曵知弘、松本松圭、清水正幸 新型コロナ感染症に対するハイブリッドERシステムの有効活用について 第48回日本救急医学会総会学術集会 2020/11/18 岐阜市
妹尾聡美 救急科専門医のPOCUS到達目標(2) 心臓・腹部 第48回日本救急医学会総会学術集会 2020/11/20 岐阜市
船曵知弘 外傷におけるIVRの考え方 第26回日本血管内治療学会総会 2020/7/10 名古屋市
妹尾聡美 消化管出血の診断とIVR『下部消化管出血をメインに添えて』 第56回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2020/10/28 Web開催
妹尾聡美、船曵知弘、松本松圭、清水正幸 腹部実質臓器損傷においてIVRの限界まで攻める-当院の重症肝損傷に対するIVRの限界- 第57回日本腹部救急医学会総会 2021/3/12 Web開催
船曵知弘 外傷におけるIVRの考え方(シンポジウム3) 第26回日本血管内治療学会総会 2020/7/10 名古屋市
Shokei Matsumoto, Tomohiro Funabiki, Motoyasu Yamazaki Influence of hemorrhage control intervention on mortality in pelvic fracture in shock: Trends and Effectiveness usion national trauma registries in Japan. 10th ACEM (Asian Conference on Emergency Medicine) 2019/11/7 New Delhi, India)
Kazuki Matsumura, Shokei Matsumoto, Shintaro Furugori, Tomohiro Funabiki, Motoyasu Yamazaki. The benefit of a Hybrid Emergency Room, the novel trauma resuscitation room. 10th ACEM (Asian Conference on Emergency Medicine) 2019/11/7 New Delhi, India)
風巻 拓,船曵知弘 民生品を利用した低コストなHybrid ER動画撮影・記録システムの構築(ワークショップ1) 第11回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2019/10/25 沖縄県国頭郡
栗山桂一,清水正幸,風巻 拓,廣江成欧,松本松圭,山脇理弘,江川智久,船曵知弘,山崎元靖 医原性食道穿孔に対し保存的治療が奏功した1例 第11回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2019/10/25 沖縄県国頭郡
船曵知弘,清水正幸,松本松圭,豊田幸樹年,古郡慎太郎,廣江成欧,風巻 拓,山崎元靖,北野光秀 不安定型骨盤骨折に対して簡易骨盤固定具「Pelvicky」を用いた動脈塞栓術の一例 第33回日本外傷学会学術集会 2019/6/6 八戸市
前島克哉,豊田幸樹年,古郡慎太郎,井上征雄,船曵知弘,渋谷慎太郎,佐藤浩三 胃癌術後の脾動脈仮性動脈瘤に対してViabahnを留置後,遠位部に遅発性に仮性動脈瘤を認めた1例 第48回日本IVR学会総会 2019/6/1 福岡市
佐藤あゆみ,竹田たえこ,河原崎純,船曵知弘 カテ室における職種別アクションカードを作成して-災害時初動の明確化と看護師の役割- 第48回日本IVR学会総会 2019/6/1 福岡市
古郡慎太郎,豊田幸樹年,船曵知弘,前島克哉,佐藤浩三 ハイブリッドERにおけるREBOA留置の検討 第48回日本IVR学会総会 2019/6/1 福岡市
豊田幸樹年,古郡慎太郎,折田智彦,前島克哉,井上征雄,佐藤浩三,船曵知弘 鈍的脾損傷に対する血管造影選択基準の検討 第48回日本IVR学会総会 2019/6/1 福岡市
折田智彦,船曵知弘,松本松圭,清水正幸,豊田幸樹年,廣江成欧,風巻 拓,井上征雄,前島克哉,佐藤浩三 重症外傷への緊急IVR -Damage Control IVR(DCIR)の有効性の検討―. 第48回日本IVR学会総会 2019/6/1 福岡市
豊田幸樹年,古郡慎太郎,折田智彦,前島克哉,井上征雄,佐藤浩三,船曵知弘 当院における大腸憩室出血に対する血管塞栓術の検討 第48回日本IVR学会総会 2019/5/31 福岡市
船曵知弘,清水正幸,松本松圭,豊田幸樹年,古郡慎太郎,廣江成欧,風巻拓,中道嘉,山田真生,矢島慶太郎,天野杏李,山崎元靖,北野光秀 特別企画(ハイブリッドERシステムによる次世代の外傷と腹部救急診療への展開): 腹部救急疾患に対するハイブリッドERの活用 第55回日本腹部救急医学会総会・学術集会 2019/3/8 仙台市
船曵知弘 学術共催セミナー:下部消化管出血症例に対するコイル塞栓術の役割と実際 第55回日本腹部救急医学会総会・学術集会 2019/3/8 仙台市
船曵知弘 学術共催セミナー: 2室間を移動する自走式CTシステムを利用したハイブリッドERの救命救急領域への広がり 第55回日本腹部救急医学会総会・学術集会 2019/3/7 仙台市
船曵知弘 教育講演: ICUに必要な画像診断とIVRの知識 第46回日本集中治療医学会総会 2019/3/1 京都市
船曵知弘,清水正幸,松本松圭,豊田幸樹年,廣江成欧,古郡慎太郎,風巻拓,中道嘉,矢島慶太郎,天野杏李,山崎元靖,北野光秀: 船曳知弘 ワークショップ(ハイブリッドERを科学するー理想的設備と運用体制を求めて-): ハイブリッドERにおけるREBOAアルゴリズム 第10回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2018/9/14 仙台市
船曵知弘 ランチョンセミナー: 病院経営戦略における2room型ハイブリットERの運用 第68回日本病院学会 2018/6/29 金沢市
船曵知弘,折田智彦,清水正幸,明石 卓,廣江成欧,佐々木徹,風巻拓,西田和弘,中道嘉,平木咲子,倉田早織,森野杏子,矢島慶太郎,山崎元靖,北野光秀 パネルディスカッション(最新の医療技術を用いた外傷診療の進歩): ハイブリッドERにおけるPSとSSの模索 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018/6/22 京都市
船曵知弘,松本純一,一ノ瀬嘉明,近藤浩史,森本公平,松村洋輔 パネルディスカッション(off-the-job trainingの現況): DIRECT研究会の現況と今後 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018/6/21 京都市
船曵知弘 教育講演: Trauma IVRのコツ 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018/6/21 京都市
船曵知弘 特別シンポジウム(大腸憩室症ガイドライン-Key point解説-): 大腸憩室出血に対する動脈塞栓術の有用性 第14回日本消化管学会 2018/2/9 東京
船曵知弘 パネルディスカッション: 放射線科領域をサブスペシャルティとした救急医の姿 第68回日本救急医学会関東地方会 2018/1/27 東京
Taku Kazamaki, Nao Hiroe, Shokei Matsumoto, Masayuki Shimizu, Tomohiko Orita, Tomohiro Funabiki, Motoyasu Yamazaki, Mitsuhide Kitano

The efficacy of a novel two-room type all-in-one trauma resuscitation suite: The retrospective evaluation of the benefits of time saving and cost-effectiveness./td>

AAST2018/4th WTC 2018/9/27 San Diego, CA, USA
Taku Akashi, Kyoungwon Jung, Tomohiko Orita, Tomohiro Funabiki, Motoyasu Yamazaki, Mitsuhide Kitano, Shokei Matsumoto Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta (REBOA) for severe torso trauma in Japan: A descriptive study AAST2018/4th WTC 2018/9/26 San Diego, CA, USA
Tomohiro Funabiki What is DCIR? AAST2018/4th WTC 2018/9/27 San Diego, CA, USA
Tomohiro Funabiki Key points in Trauma Care: The concept of PRESTO and DCIR 3rd MERIT Symposium (Meeting for Emergency Radiological Intervention in Trauma) 2018/8/31 Iksan, Korea.
Tomohiro Funabiki REBOA – Pearls and Pitfalls 14th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery/6th Joint Scientific Congress of KACS and JSACS/3rd Symposium of Korean Association of Trauma Nurse 2018/4/14 Gyeongju, Korea
Tomohiro Funabiki(Guest Speaker) What is REBOA ? -Indication and Technique of REBOA- Trauma Symposium “REBOA in Korea Trauma Center” 2017/9/22 Wonju Severance Christian Hospital, Trauma Center, Korea
Tomohiro Funabiki, Tomohiko Orita, Yukitoshi Toyoda, Tomohiro Sato, Manabu Misu, Yukio Inoue, Mitsuhide Kitano Prioritization of Injury Locations for Arterial Embolization in Multisystem Trauma: case report #12 ISIR(International symposium of Interventional Radiology), #4 APICO(Asia-Pacific Conference of Interventional Radiology) 2015/5/29 Miyazaki
Tomohiro Funabiki, Yosuke Matsumura, Hiroshi Kondo, Koji Idoguchi, Junichi Matsumoto Endovascular workshop and educational activity in Japanese Society of Diagnostic and Interventional Radiology in Emergency, Critical Care, and Trauma (DIRECT); Implementation of prompt and rapid radiology in trauma 18th ECTES(European Congress of Trauma and Emergency Surgery), 2017/5/7 Bucharest, Romania
W Teeter, J Matsumoto, K Idoguchi, Y Kon, T Orita, T Funabiki, M Brenner, Y Matsumur Smaller introducer sheaths for REBOA may be associated with fewer complications The 46th Annual Meeting of Western Trauma Association 2016/3/1 Squaw Valley,California, USA
船曵知弘 教育講演: 救急領域における読影補助 第28回全国循環器撮影研究会総会・学術発表会 2014/4/12 横浜市
船曵知弘 講演: 外傷診療における時間との戦い グラウンドカンファレンス&TOP KINFE特別講演 2014/4/18 徳島市
船曵知弘 ランチョンセミナー: 外傷診療における最近の流れ 第50回日本交通科学学会総会・学術講演会 2014/6/22 東京
船曵知弘 ランチョンセミナー: 外傷診療においてCTを正しく活用する 第38回茨城県救急医学会 2014/9/7 つくば市
船曵知弘,山崎元靖,折田智彦,清水正幸,松本松圭,佐藤智洋,豊田幸樹年,小林陽介,廣江成欧,中道 嘉,北野光秀 ワークショップ: 救急診療における放射線科専門医の必要性 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014/10/28 福岡市
船曵知弘 教育講演: 集中治療医に必要な単純写真の読影からCTの判断まで 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015/2/9 東京
船曵知弘 特別講演: 外傷診療に必要なIVRの考え方-DCIRとは- 第73回地域連携学術講演会 2015/2/19 前橋市
船曵知弘 ERセミナー: 腎泌尿器系救急疾患の画像診断-通りよければすべて良し- 第51回日本腹部救急医学会総会 2015/3/6 京都市
船曵知弘 教育講演: 技術活用セミナー救急2「今日の救急診療における画像診断の重要性」 第71回日本放射線技術学会総会学術大会 2015/4/17 横浜市
船曵知弘 教育シンポジウム: 救急医・IVR医からみた泌尿器科救急 第103回日本泌尿器科学会総会 2015/4/18 金沢市
船曵知弘,風巻拓,北野光秀 ワークショップ(重症外傷患者に対するチーム医療の役割): 他職種合同外傷トレーニングコース(TeTraPOD)の試み 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015/6/12 札幌市
船曵知弘 講演: 治療方針決定に必要な急性腹症の画像診断 日本消化器病学会関東支部第26回教育講演会 2015/6/12 東京
船曵知弘 ランチョンセミナー: 緊急IVRから外傷IVRへ、外傷IVRからDCIRへ… 第13回日本IVR学会夏季学術セミナー 2015/8/9 秦野市
船曵知弘 講演: 緊急度の高い腹部疾患に焦点を絞って 第43回Radiology Update Fukuoka 2015/9/26 福岡市
船曵知弘 講演: 急性大動脈症の画像診断 第43回日本集中治療医学会学術集会リフレッシャーセミナー 2016/2/11 神戸市
船曵知弘 シンポジウム(経動脈塞栓術の現況): 経皮的止血術 第35回日本画像医学会 2016/2/26 東京
船曵知弘 ワークショップ(救急医療における超音波検査の有用性): 救急診療における超音波検査の再興へ向けて 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2016/5/14 福岡市
船曵知弘,松本純一,井戸口孝二,服部貴行,近藤浩史,折田智彦,樫見文枝,森本公平,一ノ瀬嘉明,松村洋輔 シンポジウム(外傷・救急IVRの担い手をどう育てるか): DIRECT研究会から:IVRの担い手はどうあるべきか,~反省と要望~ 第45回日本IVR学会総会 2016/5/28 名古屋市
船曵知弘 教育講演: 救急領域におけるIVRのコツとポイント 第19回日本救急医学会中部地方会 2016/12/3 名古屋市
船曵知弘 生涯教育・研修医セミナー;救急: 急性腹症におけるUSおよびX線の要点 第36回日本画像医学会 2017/2/25 東京
船曵知弘 特別企画: 経皮的止血術: 腹部外傷における動脈塞栓術の要点 第52回日本腹部救急医学会総会・学術集会 2017/3/2 横浜市
船曵知弘 シンポジウム(大腸憩室出血の診断と治療): 下部消化管出血に対する緊急IVR治療の有用性 第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017/5/11 大阪市
船曵知弘 ランチョンセミナー: 次世代の Hybrid ER へ 第31回日本外傷学会総会 2017/6/2 横浜市
船曵知弘 特別講演: 診療放射線技師が握る、救急画像診断の質 第10回東京・埼玉CTテクノロジーセミナー合同学術集会 2017/7/1 東京
船曵知弘 緊急IVR(Interventional Radiology)の最前線 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017/10/24 大阪市
船曵知弘 ランチョンセミナー: 2室間を移動する自走式CTシステムを利用したハイブリッドERの救命救急領域への広がり 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017/10/25 大阪市
船曵知弘 教育講演: ベッドサイドエコーで素早く診断~PUMP, TANK, PIPEを診る~ 日本NP学会 第3回学術集会, 2017/11/25 成田市
船曵知弘 骨盤外傷に対してIVRをより有効活用するために 29回日本外傷学会総会・学術集会 2015/6/12 札幌市
船曵知弘 症例検討 第30回日本外傷学会総会・学術集会 2016/5/31 東京
船曵知弘,北野光秀 肝損傷における新臓器損傷分類 第30回日本外傷学会総会・学術集会 2016/5/31 東京
船曵知弘 ICLSの今後を考える 第44回日本救急医学会総会・学術集会 2016/11/19 東京
船曵知弘 IVR医に対する教育プログラムの作成 第46回日本IVR学会総会 2017/5/18 岡山市
船曵知弘 ICLSの現状と今後 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017/10/24 大阪市
講演者 演題名 講演会名 講演年月日 開催地
船曵知弘 救急医が診療放射線技師に求めるもの 富士フィルムメディカルセミナー2019 in山形 2020/1/25 山形市
船曵知弘 診療放射線技師が握る画像診断の質 新春公開講演会 2020/1/11 静岡市
船曵知弘 各事業所における救出救護対応の必要性と対応ポイント オープンセミナー「大地震発生時の人命安全確保のポイント~各事業所の『建物立入判断』と『救出救護』対応を鍛えよう~」 2019/11/28 大阪市
船曵知弘 救急医からみた虐待対応~子どもから大人まで~ 太田記念病院虐待対応委員会主催 令和元年度勉強会 2019/11/13 太田市
船曵知弘 各事業所における救出救護対応の必要性と対応ポイント オープンセミナー「大地震発生時の人命安全確保のポイント~各事業所の『建物立入判断』と『救出救護』対応を鍛えよう~」 2019/7/16 東京
船曵知弘 骨盤外傷における簡易骨盤固定「Pelvicky」の必要性 社内勉強会 2019/7/4 新潟市
船曵知弘 急性腹症における画像診断の役割~医師の立場から~ 第32回下町撮影技術研究会 2019/6/8 東京
船曵知弘 救急IVRの役割とその可能性~Hybrid ERで治療する~ 救急IVR特別講演 2019/5/15 豊岡市
船曵知弘 外傷診療にハイブリッドERを最大限利用するためには(ランチョンセミナー) 第11回救急・外傷IVR症例検討会(SIRET2019) 2019/5/12 東京
船曵知弘 右下腹部痛 ―アッペにはじまり、アッペでおわらない― 第9回救急放射線セミナープレミアム(ERSP2019) 2019/5/11 東京
船曵知弘 救急診療における急性腹症の臨床と画像診断 第31回日本消化器画像診断情報研究会東京大会 2019/4/21 東京
船曵知弘 外傷画像診断~FACTから一歩先を~ 第2回福島救急画像診断研究会 2019/4/19 福島市
船曵知弘 稀でもないけど、今一度、アナフィラキシー 第11回KERB’s ワークショップ 2019/4/11 横浜居
船曵知弘 IVR入門 術前・術中・術後のサポート 第24回日本救急医学会専門医セミナー 2019/3/17 西宮市
船曵知弘 ランチョンセミナー: 診療・治療を変える、新世代救命救急初療室~2ルーム型ハイブリッドERシステムを利用した外傷初期診療について~ 第852回外科集談会 2019/3/16 東京
船曵知弘 臨床講演: 救急医から観た画像読影・上級編 第241回群馬MR研究会 2019/3/11 前橋市
船曵知弘 特別講演: Acute Care SurgeryにおけるIVR 第2回大手町病院Acute Care Surgery研究会 2019/2/23 北九州市
船曵知弘 特別講演: 最新救急医療事情- 放射線科の重要性- 第19回北海道IVR談話会 2018/12/1 札幌市
船曵知弘 特別講演: 外傷領域におけるIVRをより有効にするために 第8回高知Acute Care Surgery研究会 2018/11/9 高知市
船曵知弘 教育講演: ハイブリッドERに不可欠な三位一体 第56回京滋IVR懇話会 2018/10/13 京都市
船曵知弘 ミニレクチャー: REBOA -Pitfalls & Pearls- 第14回奈良県画像診断・IVR研究会 2018/8/10 奈良市
船曵知弘 特別講演:救急領域における画像診断の重要性とIVRの立ち位置 第8回藤田保健衛生大学病院救急総合内科ブラッシュアップ勉強会 2018/8/4 名古屋市
船曵知弘 講演: Hybrid ERにおける救命救急最前線 循環器画像技術研究会 第347回定例会 2018/7/21 東京
船曵知弘 講演: Target XLを用いた緊急TAE;ハイブリッドERでの使用経験から 第6回救急・外傷IVR症例検討会 2018/5/13 東京
船曵知弘 ランチョンセミナー: まれな急性腹症 第8回救急放射線セミナープレミアム 2018/5/12 東京
船曵知弘 特別講演: アナフィラキシー!そのときあなたは動けますか? 第9回 JJS Young Radiologist Seminar 2018/4/25 東京
船曵知弘 講演: 造影剤の重篤な副作用とその対策 2018年度エーザイ造影剤インターネットライブセミナーシリーズ1 2018/4/19
船曵知弘 臨床講演: 救急医から観た画像読影・中級編 第233回群馬MR研究会 2018/3/19 前橋市
船曵知弘 特別講演: 画像検査・IVRを外傷診療で有効に活用するために 第1回岡山外傷診療フォーラム 2018/3/17 岡山市
船曵知弘 特別講演: 急変!その時あなたは動けますか? 第26回みやぎCTリフレッシャーズセミナー 2018/2/24 仙台市
船曵知弘 特別講演: 救急患者の画像診断~単純写真を中心に~ 第8回 岐阜救急画像技術セミナー & 第13回 愛知@災害・救急撮影研究会 2018/2/12 大垣市
船曵知弘 講演: 救急診療に必要な診療放射線技師の役割 第5回静岡CT研究会 2014/5/31 静岡市
船曵知弘 特別講演: 救急医に必要な外傷CTのポイント 第29回神奈川救急医学懇話会 2014/6/20 横浜市
船曵知弘 講演: 看護師に必要な救急画像検査の考え方 第3回一般社団法人日本NP教育大学院協議会研究会 2014/11/8 東京
船曵知弘 臨床講演: Emergency Imaging:外傷画像診断の基本とIVR② 第209回群馬MR研究会 2015/3/16 前橋市
船曵知弘 講演: 救急医療における放射線部門の役割 全国自治体病院協議会放射線部会研修会 2015/7/3 東京
船曵知弘 講演: 救急における画像診断の重要性 平成27年度救急撮影講習会(りんくう) 2015/7/19 泉佐野市
船曵知弘 講演: 放射線科医に必要な外傷診療の知識と技術 第23回鹿児島IVR研究会, 2015/10/16 鹿児島市
船曵知弘 臨床講演: Emergency Imaging :外傷画像診断の基本とIVR③ 第217回群馬MR研究会 2016/3/11 前橋市
船曵知弘 講演: これだけは見逃したくない救急疾患2~ 復習+外傷 ~ 平成28年度神奈川県診療放射線技術講習会 2017/1/15 横浜市
船曵知弘 講演: FACTとCT所見を加味した治療方針の考え方 第6回岐阜救急画像技術セミナー&第11回愛知@災害・救急撮影研究会 2017/1/29 名古屋市
船曵知弘 講演: 救急画像診断-これだけは知ってほしい内因性疾患&これだけは知ってほしい外傷疾患- 救急撮影講習会in Yokohama -「Time is Life」を感じよう- 2017/2/12 横浜市
船曵知弘 講演: 画像のKEYから重症外傷を救え 第5回福島救急撮影カンファレンス 2017/3/4 郡山市
船曵知弘 臨床講演: 救急医から観た画像読影・初級編 第225回群馬MR研究会 2017/3/13 前橋市
船曵知弘 講演: 外傷診療における時間の重要性~こうしてFACTは生まれた~ 平成29年度救急撮影講習会in鹿児島, 2017/7/16 鹿児島市
船曵知弘 講演: 基礎③ 造影剤アレルギーに対する対処 第10回IVR看護師ステップアップセミナー 2017/8/26 東京
船曵知弘 教育講演: 救急領域における画像検査の要点 第24回埼玉画像フォーラム 2017/9/30 さいたま市
船曵知弘 特別講演: 救急現場で診療放射線技師に求めること 湘南マルチモダリティ研究会SURF2017 2017/10/27 藤沢市
船曵知弘 特別講演: 外傷診療における画像検査・画像診断のコツ 第38回横三らせんCT研究会 2017/10/28 横須賀市
船曵知弘 特別講演: 救急画像診断~ここを見逃すな~, 第1回潟Qミーティング 2017/11/3 新潟市
船曵知弘 特別講演: 救急での2 room Angio-CT使用経験 SMCT 最前線CTセミナー2017 in 首都圏 2017/11/11 東京
船曵知弘 講演: 救急患者の画像診断~単純写真を中心に~ 平成29年度救急撮影講習会in島根 2017/11/12 松江市
船曵知弘 特別講演: 救急外傷IVR 第7回INE会 2017/11/18 東京
発表者 演題名 講演会名 発表年月日 発表場所
妹尾聡美 救急疾患ー治療戦略に役立つための画像診断とIVRー 外傷IVRの治療戦略 JRCミッドウィンターセミナー 2021/1/17 web開催
妹尾聡美 救急画像診断・IVR 福祉保健局・病院経営本部 専門研修職種職務専門研修「診療放射線」 2021/2/25 web開催
Tomohiro Funabiki Interventional Radiology in Trauma Resuscitation. 18th ICEM (International Conference of Emergency Medicine) 2019/6/15 Seoul, Korea
船曵知弘 外傷画像診断を研ぎ澄ます 第33回日本外傷学会総会・学術集会 2019/6/7 八戸市
船曵知弘 急性腹症の超音波検査 第39回日本画像医学会 2020/2/15 東京
ページトップへ