よくあるご質問について
今年度開催した入試説明会の際に頂戴したご質問の中から特に多かったご質問について掲載いたします。

1.入試・出願について
Q:入学試験はどのような問題が出題されますか
A:入学試験は筆記試験(選択式問題と記述問題)と小論文となっています。
選択式問題は小児プライマリケア分野における基礎知識を問うものになっており、基準カリキュラムの『認定看護分野専門科目』に準じた問題となっています。今年度は認定看護分野専門科目の全教科目から出題しています。
小論文は、テーマに沿って論理的に記述できているかを問う問題になっています。
なお、今年度の入試問題につきましては公開していません。

Q:倍率はどのくらいですか
A: 今年度(2021年度)の入学試験の倍率は2.0倍でした。
【1次入試 入試統計】 

定員 志願者数 受験者数 合格者数 実質倍率
8名 18名 18名 9名 2.0倍

※2021年度は1次入試で定員に達したため、2次募集は実施しません。

Q:事例要約書に記載する事例は外来または病棟での事例でもよいですか
A:ご自身が実践された子どもと家族への看護過程であれば、病棟・外来(クリニックを含む)・重症心身障がい児施設など事例の場所は問いません。必要事項に沿って枠内に記載をお願いいたします。

Q:年度末に退職して受講するのですが、推薦書は必要ですか
A:離職中の方は推薦書の提出は不要です。

Q:現在、救急外来勤務(またはNICU勤務、成人病棟)での勤務ですが大丈夫ですか
A:入学に必要な要件は以下の通りになります。
 ①看護師免許取得後、通算5年以上実務研修をしていること 
 ②そのうち通算3年以上は 小児プライマリケア分野の実務研修をしていること
上記の条件を満たしていれば、現在成人病棟でお勤めの方も入学に必要な要件は満たします。NICU勤務も小児プライマリケア分野の経験としてみなしますが、本教育課程は小児看護を中心としてカリキュラムを構成しておりますのでご承知おきください。

Q:児童養護施設(または乳児院・保育園等)で看護師として勤務をしています。入学要件に該当しますか?
A:入学要件にある「通算3年以上、小児看護分野または救急看護分野での看護実績を有すること」の小児看護分野は、医療機関のみならず重症心身障害児施設、乳児院、児童養護施設、保育所等、学校など福祉・教育施設における看護実績も含みます。

Q:現在の職場に気管カニューレを挿入しているお子さんがいないのですが出願要件を満たせますか
A:日本看護協会より入学要件として「人工呼吸器及び気管カニューレを装着している小児の看護を経験していることが望ましい」とされています。絶対に必要な要件ではありませんが、ご経験があったほうが受講する際に講義内容を理解しやすいかと思います。

2.教育課程について
Q:受講生の平均年齢はどのくらいでしょうか
A:今後、実績を公開していく予定です。

Q:小児領域の認定看護師教育課程は他にもありますか
A:2021年度は本教育課程のみとなります。最新の情報は日本看護協会のホームページでご確認ください。

3.カリキュラム・受講について
Q:e-ラーニングは1日何時間くらいの聴講が必要になりますか
A:4~5月は毎日約4時間程度聴講していただくことになります。実際は聴講後の確認テストの復習や再度e-ラーニングを聴講すると1.5倍程度の時間を要するかと思います。

Q:仕事をしながら受講することは可能ですか。講義は毎日ありますか。
A:本教育課程は1年間休職(もしくはそれに準じた体制)での受講を前提にカリキュラムを構成しています。そのため、仕事をしながらの受講は大変難しくなっています。
 講義は基本的に平日の9時~16時30分まで(1限~4限)毎日講義・演習を行いますが5限(18:15)までの日もあります。4月と5月はe-ラーニング中心ですが、週1~2回程度集合教育も行います。

4.特定行為研修について
Q:カリキュラムに含まれている特定行為研修は全て履修しなくてもよいですか
A:小児プライマリケア分野の基準カリキュラムに含まれている特定行為研修は全て履修していただく必要があります。

Q:他の特定行為研修の区分も一緒に履修することはできますか
A:小児プライマリケアのカリキュラムのみで1年間のスケジュールが埋まっているため、同時に履修することはできません。本課程修了後に必要な区分を追加で履修していただくことをお勧めしています。

Q:一部の特定行為研修は履修していますが免除されますか
A:小児プライマリケア分野に関連する全ての特定行為研修(共通科目・栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連・呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連)を履修されている場合のみ特定行為研修の箇所を免除します。

Q:認定看護師の資格を持っていますが、特定行為研修のみ受講することはできますか
A:当院では特定行為研修のみも開講しています。「看護師特定行為研修室」までお問い合わせください。
※当院の特定行為研修は成人を対象とした内容ですので、小児に特化した特定行為研修ではないことをご了承ください(認定看護師教育課程の特定行為も同様になります)。

5.支援について
Q:奨学金はありますか
A:日本看護協会に「認定看護師教育課程奨学金」があります。詳細は日本看護協会のホームページをご確認ください。認定看護師教育課程奨学金 | 日本看護協会

Q:寮はありますか
A:部屋数には限りがありますが、遠方から受講される方のために寮も準備しております。
詳細は「募集要項」をご確認ください。