研修各科プログラム – 泌尿器科

はじめに

当科のカリキュラムは、日本泌尿器科学会作成の泌尿器科専門医のための「研修目標(2006年度版)」に基本的に準拠しており、後期研修を3年終了した時点で学会の定める専門医認定試験を受験し、4年終了した時点での専門医の取得を目指すものです。当科の特徴ですが、腹腔鏡手術を中心とした癌関連手術、前立腺癌に対するロボット支援手術や密封小線源療法、前立腺肥大症に対するHoLEP手術、外傷医療、男性不妊医療などの実績のほか、腎泌尿器センターとして泌尿器科学のみならず腎臓内科と連携して腎臓病学が研修可能なことが挙げられます。主な取り扱い疾患、手術件数等は済生会横浜市東部病院のホームページを参考にしてください。また、当院は慶應義塾大学医学部泌尿器科学教室および東邦大学医学部腎臓病学教室の教育関連施設であるため、4年間のうちでこれらの施設との相互研修プログラムを組むことも可能です。

特色と環境

当院は横浜市東部地域の中核病院として、急性期医療および種々の高度専門医療の提供を中心に行う、平成19年3月30日に開院した新しい病院です。疾患の診断や最新、最適の治療に対応するため、検査機器や手術に用いる機器などの設備が充実しているのも特徴です。
泌尿器科ではあらゆる泌尿器科疾患を扱いますが、低侵襲医療を柱として診療を行っています。特に前立腺癌に対する最新の低侵襲医療の充実が患者さんにとって大きな福音となっており、トピックとしてダヴィンチS手術システムによる前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術が注目すべき点です。これは従来の腹腔鏡下手術の発展型で、術者が3次元(立体)画像、10倍の拡大視野で座ったまま手術が行え、ロボットアームの先端は人間の手首以上の可動域のため精密手術が可能なシステムです。従来の開腹手術や腹腔鏡下手術に比べ、より繊細で正確な手術が可能なため医師にとってメリットが非常に多いのみならず、出血量が少なく創部も小さく、術後の回復も早いため、患者さんにとってもメリットの多い手術法です。当院で施行可能な前立腺癌根治療法として、手術療法は開放手術とロボット支援手術、放射線治療は密封小線源治療とサイバーナイフによる強度変調放射線治療(IMRT)があり幅広い治療の選択枝を提供しています。その他癌では腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、副腎腫瘍に対する体腔鏡下手術や開放手術だけでなく、化学療法や新規の分子標的治療も施行しています。
前立腺肥大症の手術は低侵襲のホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)で行い、腎結石、尿管結石に対しては、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、TUL、f-TULおよびPNLを多数行っております。 また、男性不妊症に対して産科と協力して、精巣または精巣上体精子回収(TESEおよびPESA)などを行っております。
4人のスタッフは慶応義塾大学泌尿器科学教室の出身であり、慶応義塾大学病院との連携を強く持っています。慶応義塾大学泌尿器科のホームページでは「一人前の泌尿器科医を育てるだけでなく、専門領域を持ち学会を担うオピニオンリーダーとなるべき人材の育成を目指す」とされています。当院でもその「独立自尊」の教育方針のもと、豊富な知識と経験を糧に、成功体験にもとづいた手本を示して目標達成のイメージを明確にして、やる気を引き出すとともに自分で気づいて考えられるようになる力を与えるようにしています。少人数でアットホームな雰囲気やチームワークの良さ、働きやすさにより、自分の理想とする医療を実現できるようになる最適な環境といえるでしょう。

Ⅰ 一般目標

泌尿器科の診療に関する知識と技能を修得し、学会活動を通じて臨床研究についての知識を深め、泌尿器科専門医を目指した資質の向上を計る。

Ⅱ 行動目標

1年目:

① 泌尿器科特有の検査・処置・治療の知識や技術を修得する。

② 原則的に全ての手術に入り助手を務め、泌尿器科領域の手術に精通する。

③ 病棟業務を中心に、術後管理、重症者の全身管理を修得する。

④ 泌尿器外傷および救急疾患に関わり、その管理法を学ぶ。

⑤ 患者や家族への病状や治療方法の説明に参加し、その方法を修得する。

⑥ チーム医療の原則を理解し、パラメディカルスタッフや他科医師など、他の医療メンバーと協調する。

⑦ 患者記録の記載を徹底し、その重要性を学ぶ。

2年目:

① 外来業務を担当し、患者の病態を把握し外来通院での治療を行う。

② 入院治療の必要性を判断し、その治療方針を計画する。

③ 泌尿器科の基本的な手術を担当し、診断から手術、術後経過観察を一貫して行う。

④ 透析センターにおいて腎臓内科指導医のもと、慢性腎不全に対する血液透析法を実施し、手技・管理法を修得する。

⑤ 泌尿器科関連の学会へ参加し、知識を深めると同時に症例報告等を行う。

3年目:

① 原則的に全ての泌尿器科領域の手術を担当し、その技術の向上を計る。

② 全ての患者の担当医となり、患者の病態を把握するのみならず、家族とのコミュニケーションも円滑に行えるようにする。

③ 臨床研究を行い、学会で発表すると同時に論文にまとめ、学術誌に発表する。

4年目:

① 3年目と同様、原則的に全ての泌尿器科領域の診療、手術を担当し、その技術のさらなる向上を計る。特に体腔鏡やロボット支援手術の助手、HoLEPや密封小線源療法の手技の習得を目指す。

② 泌尿器科診療の基礎的知識をさらに深く修得すると同時に、この年の専門医試験を申請、受験し、専門医の認定申請を行う。

③ チーム医療の実践、臨床能力向上に必要な症例呈示、カンファレンスをチームリーダーとして主催する。

④ 臨床研究、学会発表、論文作成をさらに積極的に行う。

Ⅲ方略

1研修期間

研修期間は研修医終了後4年間とする。

2研修方法

当科に所属する日本泌尿器科学会認定の指導医2名の指導のもと、前記行動目標の達成を計る。全ての手術は指導医の指導のもとに行う。

Ⅳ評価

以下のの評価表により形成的評価を行う。

泌尿器科後期臨床研修評価表

後期臨床研修における泌尿器科医としての下記の研修目標について自己評価をするとともに、指導医による評価も受ける。

A:習得した B:ほぼ習得した C:目標に達しない

    自己評価 指導医評価

1.以下の泌尿器科領域の臓器の病態生理を理解している。

A

B

C

A

B

C

 

1)副腎

           
 

2)腎

           
 

3)尿路(腎盂・尿管・膀胱・尿道)

           
 

4)前立腺

           
 

5)精巣

           
 

 

 

 

 

 

 

 

2.以下の泌尿器科的疾患を理解し、適切な治療方針が決められる。

 

 

 

 

 

 

 

1)腫瘍性疾患

           
 

2)BPH

           
 

3)尿路結石

           
 

4)副腎疾患

           
 

5)神経因性膀胱・尿失禁

           
 

6)感染症

           
 

7)性機能障害

           
 

8)腎不全・腎移植

           
 

 

 

 

 

 

 

 

3.以下の泌尿器科医として必要な患者管理・処置ができる。

 

 

 

 

 

 

 

1)重症患者管理

           
 

2)化学療法患者管理

           
 

3)穿刺(IVH)・経皮的腎瘻造設術・エコーガイド下生検

           
 

4)泌尿器科術後管理

           
 

 

 

 

 

 

 

 

4.以下の泌尿器科手術手技を修得している。

 

 

 

 

 

 

 

1)副腎摘除術

           
 

2)腹腔鏡下副腎摘除術

           
 

3)根治的腎摘除術(開放および腹腔鏡)

           
 

4)単純腎摘除術

           
 

5)腎部分切除術

           
 

6)腎盂形成術 

           
 

7)腎嚢胞穿刺術

           
 

8)腎尿管全摘除術(開放および腹腔鏡)

           
 

9)尿管膀胱新吻合術

           
 

10)膀胱全摘除術

           
 

11)回腸導管造設術

 

 

 

 

 

 

 

12)腸管利用代用膀胱造設術

 

 

 

 

 

 

 

13)尿管皮膚瘻術

 

 

 

 

 

 

 

14)膀胱部分切除術

           
 

15)前立腺全摘除術

           
 

16)高位精巣摘除術

           
 

17)精巣水瘤・精索水腫根治術

           
 

18)包皮環状切除術

           
 

19)包皮背面切開術

 

 

 

 

 

 

 

20)精巣固定術

           
  21)精索静脈瘤根治術            
  22)PESA(経皮的精巣上体精子吸引術)            
  23)TESE(精巣内精子採取術)            
  24)ESWL            
  25)PNL            
  26)TUL            
  27)TUR-BT            
  28)経尿道的膀胱生検術            
  29)経尿道的膀胱砕石術・異物除去術            
  30)経皮的膀胱瘻造設術            
  31)TUR-P(レーザー手術を含む)            
  32)経尿道的尿管瘤切開術            
  33)経直腸的前立腺針生検            
  34)経尿道的内尿道切開術            
  35)ブラッドアクセス造設術            
  36)女子尿失禁根治術            
  37)尿道形成術            
  38)尿道カルンクル切除術            
  39)外尿道口切開術            
  40)後腹膜リンパ節郭清術            
  41)腎生検            
  42)CAPD用チューブ設置術            
  43)その他 (前立腺小線源治療、ロボット支援手術など)            
               
5.以下のアカデミックフィールドでの活動を行っている。            
  1)学会発表            
  2)論文発表            
  3)臨床統計