研修各科プログラム – 脳神経外科

はじめに

脳神経外科は脳・脊髄・末梢神経などの神経系疾患のうち外科的治療の対象となりうる疾患を研究・診断・治療します。従って脳神経外科では手術治療を主たる治療法として選択されることが必然的に多くなりますが、医学の進歩に伴い手術治療以外に患者さんにとって最も安全で有効な遅漏方法を選択することも可能となり、定位放射線治療法や血管内治療法等の手術治療以外の治療も脳神経外科にて扱われます。一方以前は内科的治療しか選択されてこなかったてんかんやパーキンソン病といった機能的脳神経疾患に対しても最近の脳神経外科の進歩に伴い手術治療が行われるようになってきて脳神経外科は多岐にわたる疾患や遅漏法を扱う医療分野となりつつあります。

当院脳神経外科では、済生会神奈川県病院脳神経外科での頭部外傷・脳血管障害・脳腫瘍に対する多くの手術実績を踏まえて放射線治療および血管内治療を加え脳神経外科疾患に対する集学的治療を行っているとともに、脳神経外科と神経内科が一体となって脳神経疾患の治療にあたる脳神経センターの併設により脳神経疾患にたいして従来の内科・外科の垣根を越えた治療が行われております。当院脳神経外科は脳神経外科学会で脳神経外科専門医訓練施設A項施設として認定されており研修プログラムは脳神経外科学会の専門医研修プログラムに準拠して組まれており4年間の専門的な研修を実施して所定の種類・数の手術を経験した後に脳神経外科専門医試験の受験資格が得られます。また日本脳卒中学会研修教育病院に認定されており脳神経外科専門医に認定された後に日本脳卒中学会専門医の受験資格が得られます。また当院脳神経外科は慶應義塾大学医学部脳神経外科の教育関連施設であり4年間のうちで大学と相互研修プログラムを組むことも可能です。

一般目標

脳神経外科医として脳神経系疾患全体に亘る病態の深い知識と高度な診断治療技術を修得するとともに学術的報告を通じて臨床研究についての知識を深め脳神経外科専門医を目指すべく資質の向上を計る

【行動目標】

――1年目(卒後3年目)

1.脳神経外科の基本的診療技術を修得する(ベッドサイドの脳神経学的検査・頭部CT、MRIおよび脳血管造影等神経放射線学的検査の読影・下垂体ホルモン不可試験を含む内分泌検査が出来るようになること、また腰椎穿刺・気管切開等ベッドサイドでの脳神経外科の基本的手技を獲得すること)。
2.頭部外傷・脳血管障害等 脳神経救急疾患に対する初期治療および全身管理の修得。
3.脳血管撮影の実技と合併症に対する対処の修得。
4.脳神経外科基本的手術手技の修得(すべての脳神経外科手術の助手に入り穿頭術・開頭術・閉頭術・シャント術等を修得し、穿頭・血腫除去術およびシャント術の手術手技を獲得し、さらに開閉頭術が出来るようになること)。
5.脳神経外科学会地方会等に参加して知識を深めると同時に症例報告等の学会発表を行う。

――2年目(卒後4年目)

1.指導医の下で病棟および外来勤務に積極的に携わり、主治医として治療計画を策定し、患者や家族へ病状と治療方法を説明して実行することを修得する。
2.指導医の下で頭部外傷・脳血管障害等の脳神経外科救急疾患の診断から手術、術後管理まで一貫して担当し、脳神経外科救急疾患の治療を習得する。
3.脳神経外科手術手技のうち外傷性頭蓋内血腫除去術、高血圧性脳内血腫除去術等のマクロ手術技術を獲得するとともにマイクロ手術の基本を修得する。
4.脳血管内手術に助手として入り、脳血管内手術の基本を修得する。
5.脳神経外科関連学会の総会に参加して全国的な学会での学会発表の機会を増やすとともに症例報告等の論文を脳神経外科関連雑誌へ投稿する。

――3年目(卒後5年目)

1.脳神経外科手術手技および脳血管内手術手技の更なる向上を計る。
2.半年間は院内および院外の短期出張を推奨する(神経内科での脳波・筋電図・脳誘発電位・神経伝道速度検査等 電気生理学的検査および神経内科的疾患の病態と治療の修得、放射線治療部での核医学検査・放射線治療の修得のほか大学や関連施設に於ける定位放射線治療、高次機能評価、小児脳神経外科、定位脳手術、脊椎・脊髄手術、臨床神経病理等の修得)。

――4年目(卒後6年目)

1.指導医の下に脳腫瘍・脳動脈瘤等の顕微鏡手術を担当して顕微鏡手術手技を修得する。
2.脳神経外科専門医資格の取得に向けて脳神経外科の基本的知識を深く習得する。
3.臨床研究を行い脳神経外科学会総会にての論文発表を目指す。