平成27年度 恩賜財団済生会横浜市東部病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1980 515 739 1787 1450 1697 3430 4324 2678 419
 2015年度に一般病棟を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しました。
 当院は、神奈川県周産期母子医療センター、横浜市小児救急拠点病院として24時間365日オープンの小児救急医療に対応しており、新生児・乳幼児等、10歳以下の件数が多い傾向にあります。
 また、60~80歳代の件数が最も多く、地域医療支援病院として地域社会に貢献できるよう努めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 329 10.14 15.35 0.89% 61.93
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 168 4.63 6.01 0.00% 34.04
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 94 4.80 9.81 3.19% 69.14
 当院の標榜診療科"内科"は、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、総合内科に分かれて、より専門的な医療を提供しております。
 我が国では、糖尿病患者数が増加しており平成26年の厚生労働省の統計では316万6000人と言われており、糖尿病予備軍も含めると国民の5人に1人となりまさに国民病と言われています。当院へ入院する患者さんは、著しい高血糖のために入院のうえ血糖管理が必要な患者さんや手術前の血糖管理、重症合併症を有する患者さんです。入院後は、集中的に血糖管理と検査を行い、同時に毎日の糖尿病教室に加えベットサイドにおける管理栄養士、看護師による教育も行っているため在院日数は全国平均より短くなっていると思います。糖尿病患者さんのうち、重症合併症があったり、活動度が低下しリハビリテ―ションが必要な場合は、他病院や施設に転院する場合もあります。
 近年、妊娠中に高血糖となる妊娠糖尿病が多くなっています。妊娠中に高血糖となると胎児の合併症や出産時の合併症が多くなると言われています。このため産科でも妊婦さんが糖尿病でないか否かのスクリーニング検査でブドウ糖負荷試験を行う施設が増加しています。検査で妊娠糖尿病と診断され当院へ紹介されます。入院後は食事指導をベッドサイドで管理栄養士が行い、タブレットコンピューターなどによる看護師指導を集中的に行っており在院日数は全国平均より短期間になっております。
 
 腎臓内科では、検診などで発見された早期の腎疾患から透析医療を要するような病状の患者さんに至るまで、腎疾患に対して連続的な診療を行っています。
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全のDPC名称は、①腎疾患に対する確定診断を目的とした腎生検、②血液浄化療法療法(血液透析、腹膜透析など)、③血液浄化療法に関連する手術(内シャント設置術、経皮的シャント拡張術、腹膜透析用カテーテル留置術など)の有無により、30種類のコード(包括対象外を除く)に細分化されています。ここにお示しするコードは、入院中に関連手術を行っていない腹膜透析を行っている患者さんの実数のみが示されていますが、実際には230名程度の上述した様々な医療ニーズを必要をする慢性腎疾患の患者さんの診療を総合的に行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 1157 2.09 3.07 0.00% 70.99
050050xx0200xx 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 734 3.62 4.87 0.41% 71.29
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 170 4.03 5.99 1.35% 74.23
 狭心症に対するカテーテル治療は、慢性完全閉塞病変や冠動脈石灰化を伴うロータブレーターを使用する予定のある症例以外は、原則橈骨動脈アプローチを用いてより侵襲の少ない部位からの治療を原則としています。それに伴い、平均在院日数も2.09日と全国平均よりも短期間での退院を可能にしています。
 当院でのインターベンション治療や下肢閉塞性動脈硬化症の治療は、毎日のカンファレンスで治療方針を全医師で検討しより確実で安全性の高い治療方針を選択し施行しております。
 冠動脈治療に関しては、血管内超音波検査や光断層撮影法なども積極的に使用しより安全で慢性期成績の改善を見越した治療を心掛けております。下肢閉塞性動脈硬化症の治療は、治療後のフットケアチームとの連携を強固にし早期退院および成績向上に努めております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 82 2.15 2.76 0.00% 63.09
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 81 5.32 11.98 1.02% 74.67
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 72 10.46 10.93 1.57% 73.82
 当院では、出血のリスクが少ないと判断された大腸ポリープは外来でも積極的に切除を行っています。ただし、出血のリスクのある方、あるいは複数個、広基性、挿入難および御高齢の方には安全のため、原則1~2日入院にて治療を行っています。
 肝の悪性腫瘍は、当院での内訳は肝動脈塞栓術とサイバーナイフの2種類です。ほぼ40例ずつです。前者治療は、肝細胞がんが多発している場合に行っています。入院期間は8~10日です。後者治療は、サイバーナイフ治療を行うための金マーカー留置術で1泊2日入院する必要があります。実際の治療であるサイバーナイフは、後日外来に3日通院して行います。最大のメリットは、従来の内科治療と異なり疼痛がなく、低侵襲で行えることです。基本的には、腸管、胆のうに接していない単発5cm以下、3cm以下3個までの肝細胞がん、転移性肝がんに対して治療を行います。治療成績は、“肝臓”第55巻第10号(2014)に載っています。また、姑息的治療ですが門脈腫瘍栓に対しても行っています。
 側視内視鏡を用いて総胆管結石の採石、胆管炎ドレナージを行っています。また、必要であれば膵膿瘍ドレナージなども積極的に行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 119 10.76 17.41 5.00% 71.17
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 77 4.90 6.96 1.30% 55.04
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 70 4.01 5.56 0.00% 30.97
 当科では、結腸癌(大腸癌)に対する手術的治療を多く手掛けています。結腸癌の多くは3名の内視鏡外科技術認定医を中心に低侵襲治療として腹腔鏡下手術を適応し、またクリニカルパスと呼ばれる工程表(ツール)を用いて治療の標準化を行っております。また、胆嚢摘出術では、原則腹腔鏡下手術を行っております。虫垂炎に対する虫垂切除では、24時間365日手術ができる体制を整えており、この分野でも腹腔鏡下手術の適応を拡大してきております。当科の特徴は、表のごとく全国平均に比べて短い平均在院日数です。これは安全な手術の実践と治療の標準化によりもたらされたものと自負しております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 88 12.01 18.08 26.97% 69.91
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 72 11.22 15.80 23.29% 75.89
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 50 14.74 19.32 47.27% 68.94
 脳梗塞と脳出血(非外傷性頭蓋内出血)からなる脳卒中の診療では、発症早期に専門家が適切な診断と治療を行い少しでも後遺症の程度を軽減することが求められます。そして急性期の治療が終了した後には、必要に応じて回復期リハビリテーションへの移行を速やかかつスムーズに行わなくてはなりません。
 DPC保険制度の仕組みでは、意識障害(JCS)の程度、外科手術、内科治療、合併症の有無などでコードが様々に表現されます。ここにお示しする患者数の多い3つのコードは、比較的軽症の脳梗塞と脳出血を指しますが、それでも脳梗塞の4分の1、脳出血の約半分の患者さんには主に回復期リハビリ施設への転院が必要になっています。
 当院では、急性期の高度専門治療と並行して院内での早期リハビリを行いつつ、一日も早くリハビリ専門施設へお移りいただく密接な連携体制を構築しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳未満) 処置2なし 294 6.04 5.72 0.34% 2.08
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 174 6.19 6.31 0.00% 3.12
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 105 6.07 6.17 6.67% 0.00
 喘息、肺炎、細気管支炎等の呼吸器疾患、胃腸炎等の急性期疾患への対応を積極的に行っています。
 低月齢の乳児・低出生体重児や基礎疾患を持つ症例も多いため、在院日数が全国平均より若干長くなっておりますが、早めの介入により重症化を防いでいます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 82 5.22 6.79 0.00% 60.40
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 52 4.94 5.99 0.90% 72.06
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 処置2なし 45 3.16 3.40 3.08 73.56
 当院の標榜診療科"外科"は、総合外科、乳腺外科、血管外科に分かれて、より専門的な医療を提供しております。
 
 乳腺外科では、乳癌検診受診率の増加に伴い、3cm以下で発見される乳癌が増えています。早期に発見されれば腋窩リンパ節転移をきたす割合も低くなるため、腋窩郭清を伴わない乳房部分切除術が最も多い術式となっています。センチネルリンパ節生検は色素と放射性同位元素併用法で施行しており、良好な同定率を維持しています。
 血管外科では、閉塞性動脈硬化症に対するバイパス手術・血管内治療に加え、透析シャントの造設、修復、メンテナンス、腹部大動脈瘤に対する外科的治療に力を入れています。シャントの血管内治療では、積極的に日帰り治療を導入し在院日数の短縮に努めています。また、クリニカルパスを導入し、安定した入院管理を心がけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 131 13.68 27.21 80.92% 74.11
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 定義副傷病なし 116 14.78 24.95 14.53% 67.64
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 手術なし 処置2_1あり 71 2.00 3.11 0.00% 71.48
 当科の特徴は、脊椎脊髄、上肢、下肢の外傷、変性疾患、リウマチ、スポーツ整形外科など、整形外科におけるほぼ全ての分野をカバーしていることです。疾患別上位3位は、膝、股関節、脊椎の順となりました。この3疾患の在院日数は、全て全国平均より短くなっています。なかでも、膝関節症は手術後早期に転院、リハビリテーションに移れる連携システムが構築されているため、平均在院日数が全国平均の約半分に短縮されています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1あり 処置2なし 57 2.63 3.15 1.69% 61.72
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 定義副傷病なし 49 7.73 11.91 4.08% 76.78
010010xx9903xx 出来高 [ 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_3あり ] 40 4.08 10.33 4.08% 61.23
 当科では脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷の治療を主体に行っています。脳血管障害は、脳動脈瘤(未破裂脳動脈瘤、破裂脳動脈瘤)の治療が最も多く、そのため検査入院も多くなっております。脳腫瘍は、手術、放射線治療、化学療法まで一貫して治療しており、放射線治療に関してはサイバーナイフの治療目的で他院からご紹介いただく例も増加しております。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし 定義副傷病なし 207 2.58 3.29 0.48% 69.58
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 105 12.86 14.34 7.83% 72.41
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 78 12.71 13.38 0.00% 67.15
 肺がんの確定診断のために入院で気管支鏡検査をおこなっていますが、当科は全例パスを使用し運用しています。確定診断後、手術適応のない患者さんや術後の抗癌剤治療を1コース目を入院で行なっています。その後は、外来での化学療法としています。
 肺炎患者は、高齢化に伴い年々増加してきています。若年者の肺炎に関しては、尿中抗原検査で起炎菌の同定がしやすくなり抗菌薬の使用が適切となって短期で退院されるケースもあります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 124 6.34 13.03 0.00% 69.30
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 定義副傷病なし 27 7.67 9.68 0.00% 26.04
040200xx99x00x 気胸 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 8.47 8.28 0.00% 37.58
 人口の高齢化に伴い悪性新生物の発生率は増えており、当科でも原発性肺がん、転移性肺腫瘍などの肺の悪性腫瘍症例が増えています。当科では、侵襲の少ない胸腔鏡併用手術を取り入れ積極的に手術療法を行っています。しかし、肺がん症例は喫煙歴のあることが多く、そのため慢性閉塞性肺疾患による低肺機能となり、胸腔鏡手術を行うことができない症例も多く存在します。当院では、このような低肺機能で手術を行うことができない症例には、サイバーナイフによる治療を行っています。DPC分類では手術療法を行う症例、手術以外のサイバーナイフ等の治療を行う症例が含まれています。
 また、当院は救急病院のため、自然気胸症例も多く入院しています。自然気胸は胸腔ドレナージによる保存的治療で治癒する場合も多く、患者さんの希望をよく聞いて手術を行うか、手術を行わず保存的治療を行うかを決定しています。手術は、症例によりますが可能な限り胸腔鏡による低侵襲手術を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 処置1なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 70 19.87 25.69 0.00% 72.20
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 処置2_1あり 定義副傷病なし 21 25.57 29.80 28.57% 63.10
050050xx0101xx 狭心症,慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む) 単独のもの等 処置1なし 処置2_1あり 18 18.61 23.57 0.00% 66.61
 心臓血管外科の領域には虚血性心疾患、弁膜症、大動脈疾患と大きく分類されますが、いずれも緊急手術を含め幅広く対応しています。弁膜症治療センター開設に伴い、弁膜症に対する治療機会は増加しており、弁置換術、弁形成術、経カテーテルによる大動脈弁置換術(TAVI)、低侵襲手術(MICS)等、症例に応じた治療選択を取り、手術後の生活の質の向上を目指しています。
 急性大動脈解離等の大動脈疾患、狭心症等を治療する患者さんの中には、糖尿病、脳神経疾患、腎臓疾患など様々な併存症を抱えている方も多く、総合病院の利点を生かした治療を進めています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 15 2.80 4.38 0.00% 55.87
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.97 - -
 当科では、皮膚に生じる腫瘍は悪性のみならず、良性と判断するものでも生活の質の向上が望めるものであれば積極的に手術を行い、日々研鑽しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 120 5.31 7.59 0.83% 71.28
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 71 4.00 4.30 0.00% 69.03
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 69 7.94 14.03 0.00% 66.58
 当科の入院患者の半数以上は癌患者ですが、膀胱癌に対する経尿道的手術が最も多い術式でした。前立腺癌に対する手術は、ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術が行われておりますが、平均在院日数は全国で最も短い病院となっています(平成26年、8.1日)。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 176 8.15 9.94 0.00% 35.37
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 90 5.70 6.50 0.00% 46.69
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 77 5.86 6.34 0.00% 40.91
 当院は、周産期医療、産婦人科悪性腫瘍治療、腹腔鏡下手術治療、生殖医療(体外受精含む)の4本柱を中心に積極的な医療を行っております。その中で胎児及び胎児付属器の異常・子宮全摘術等で上位にランクインしています。また、婦人科悪性腫瘍手術に関しても神奈川県内でトップ5に入る症例数を有しておりますが、卵巣の良性腫瘍、子宮の良性腫瘍の腹腔鏡下手術に関してもDPCコードで上位にランクインしています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 32 9.03 8.20 0.00% 22.28
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 7.94 7.76 0.00% 55.53
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 24 8.38 9.55 0.00% 66.17
 手術のための入院がほとんどであるため、疾患の分布が手術のそれに一致しています。甲状腺が多いのが当科の特徴であり、他医療機関、他診療科との連携の賜物といえます。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 47 3.98 5.56 0.00% 31.09
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 25 3.28 7.52 4.00% 35.00
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 定義副傷病なし 22 2.41 3.58 0.00% 41.77
 救急疾患の中で虫垂炎は頻度の高い疾患で、虫垂切除後約4日で救急科を退院しています。重症の虫垂炎では術後消化器外科病棟に転棟しますので、この集計には入っていません。
 頭部外傷は、多くみられる外傷で重症例は治療後、脳外科病棟に転科していますが軽症例では救急科から直接退院しています。
 薬物中毒の多くは、睡眠薬中毒で24時間後には意識清明となり2~3日で退院します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 105 37 20 67 23 16 1 7
大腸癌 47 85 75 69 25 34 2 7
乳癌 73 58 12 - - 15 1 7
肺癌 86 22 51 148 28 47 1 7
肝癌 17 36 - - 10 59 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 患者数は肺癌が最も多く、次いで大腸癌、胃癌の順となっています。肺癌ではstage4が148人と進行がんの方が多いのに対して、乳癌や肝癌ではstage1や2の比較的早期の方を多く治療しています。
 当院は地域がん診療連携拠点病院として、標準的手術、放射線治療法、化学療法などに加え、内視鏡下治療、ロボット手術、サイバーナイフなどを積極的に取り入れています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 26 8.27 50.62
重症度 1 28 12.36 71.68
重症度 2 46 13.76 73.65
重症度 3 40 15.70 82.35
重症度 4 14 21.29 88.21
重症度 5 - - -
不明 16 21.47 75.73
 症例数の内訳は、中等症の占める割合が大きくなっています。重症になるにしたがって平均在院日数が長くなり、その原因の一つとして高齢化が考えられます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 260 17.77 72.75 36.97%
その他 24 12.21 71.5 1.06%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 21 8.83 76.44 9.52%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 11 11.09 36.55 9.09%
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 脳卒中(脳血管障害)の中でも脳梗塞は発症後1分でも早く専門家が診察し、適切な診断と治療を開始することが求められます。
 当院脳神経センターでは、横浜市の脳血管疾患救急医療体制と密接に連携して24時間365日の急性期脳卒中診療を行っており、多くの急性期脳梗塞の患者さんを拝見しています。
 脳梗塞の症状がなかったり慢性的な経過をたどる脳動脈、頸動脈(脳実質外動脈)の病変やもやもや病と診断されると専門的な外科治療が必要になることもあります。
 当院では、神経内科と脳神経外科が常に協働した診療体制をとっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 44 9.64 7.59 4.50% 68.98
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 28 3.32 14.32 0.00% 59.18
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
 当院の標榜診療科"内科"は、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、総合内科に分かれて、より専門的な医療を提供しております。
 腎臓内科が実施する手術で上記の手術が件数上位となりました。
 血液透析を行う際には、1分間に平均200ml程度の血液を人工腎臓に循環させる必要があります。上肢の動脈と静脈を手術でつなぎ合わせることによって、透析用の血管を設置する必要がありこれを内シャントといいます。少なくとも手術後2週間以上たってから使用することが望ましいので、血液透析が必要になる時期を予測して計画的に手術を行います。当院では血管外科あるいは泌尿器科医師が内シャント設置術を担当しています。
 腹膜透析を行う際には、透析液を腹腔内に出し入れできるように、「カテーテル」と呼ばれるシリコン製の管を腹部に埋め込む手術を行います。カテーテルは、半永久的に使用することが可能ですが、感染症などの合併症が生じた場合は抜去する必要があります。カテーテル挿入術後、すぐに腹膜透析を開始する場合と、カテーテルの埋め込みとカテーテルの取り出しを2回に分けて段階的に行う方法(SMAP法:Stepwise initiation of PD using Moncrief And Popovich)で行う場合があります。当院では腎臓内科の医師がカテーテル留置を担当しています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 622 1.29 2.48 0.47% 71.39
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 239 0.96 7.00 5.50% 74.07
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 85 2.44 4.32 0.00% 64.93
 冠動脈インターベンションとしては、原則的には最終的に薬剤溶出性ステントの留置を行うようにしています。ステント内再狭窄病変などに対しては、各種イメージングモダリティーを駆使し、その再狭窄機序を解明しその機序に応じバルーン拡張、薬剤溶出性バルーン拡張、ステントの追加留置などを選択しています。複雑性病変に関しては、症例に応じてロータブレーターやプラークのアテレクトミー治療なども適宜併用し治療を行っております。
 四肢の血管拡張術、血栓除去術に関しては、近隣病院などから非常に重篤な重症下肢虚血患者さんが紹介されることも多く在院日数は7日となっていますが、血管拡張術、血栓除去術に加え下肢の部分切除や継続的な創処置により多くの患者さんの救肢を可能としています。
 経皮的カテーテル心筋焼灼術は、年々その施行患者さんが増加し、最新式のマッピングシステムやカテーテルを用いてより安全で確実なアブレーションを実践しております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 79 2.11 10.95 6.25% 74.41
K654 内視鏡的消化管止血術 61 0.74 7.26 3.66% 69.02
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 56 0.00 1.04 0.00% 62.80
1.閉塞性黄疸と診断後、胆管炎治療、減黄治療目的で速やかに胆道ステント留置術を行っています。緊急であれば夜間でも行っています。
2.主は、上部消化管出血に対して24時間体制で内視鏡止血術を行える体制で診療しています。胃食道静脈瘤破裂にはヒストアクリル注入、EVLを行い後日EVL追加、または硬化剤注入を行っています。胃十二指腸潰瘍出血に対してForrest分類Ⅱa以上はクリップ、エタノール注入などを行っています。
3.当院では、出血のリスクが少ないと判断された大腸ポリープは外来でも積極的に切除を行っています。ただし、出血のリスクのある方、あるいは複数個、広基性、挿入難および御高齢の方には安全のため原則1泊2日入院にて治療を行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 142 1.46 3.49 2.60% 58.32
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 79 1.41 9.27 2.53% 69.04
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 64 2.00 11.19 15.38% 71.03
 当科では、多くの胆石症や結腸癌(大腸癌)に対する手術的治療を行っております。いずれの疾患もその多くは腹腔鏡下手術(低侵襲治療)で行っております。腹腔鏡下手術では、その安全性を問題とするような報道もありますが、この分野の技術を認定する技術認定医が3名在籍し、3名を中心に安全な腹腔鏡下手術を心がけております。その結果として、腹腔鏡下手術後の在院日数は非常に短いものになっております。開腹手術でも、クリニカルパス(工程表)により、標準化された治療が実践され、安全・確実に治療を行っております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 17 0.00 31.71 11.76% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 15 0.00 26.80 20.00% 0.00
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
 主に、早産児で出生時に蘇生処置を必要としたものを対象としています。術後日数は、未熟児であるために長期間の入院となっています。
なお、仮死を理由とした転院は、0名となっております。 
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 83 1.00 3.24 0.00% 60.35
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 62 0.76 3.84 0.97% 71.40
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 61 0.62 2.57 0.00% 70.87
 当院の標榜診療科"外科"は、総合外科、乳腺外科、血管外科に分かれて、より専門的な医療を提供しております。
 乳腺外科では、全乳癌手術症例のうち約6割が腋窩郭清を伴わない乳房部分切除術です。乳房全摘、乳房部分切除いずれも全入院期間7日間のクリニカルパスを導入していますが、侵襲の少ない乳房部分切除は術後3日で退院する症例が殆どです。
 血管外科では、主に末梢動脈の血管内治療、透析シャント造設術あるいは拡張術(VAIVT)、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(EVAR)が挙げられます。いずれも手術適応を検討の上、併発症をおこさないように細心の注意を払いながら治療に臨んでいます。
透析シャント造設術では、手術当日入院、翌日退院というスケジュールを取り入れており、VAIVTでは積極的に日帰り治療を取り入れています。また、急性動脈閉塞症に対する緊急手術も多く行っているため、平均術前日数が短くなっています。また、術後管理にはクリニカルパスを導入し、在院日数の短縮、安定した管理を心がけています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 289 1.60 12.09 50.68% 71.02
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 112 1.77 4.53 9.65% 51.21
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 78 2.85 13.53 53.09% 71.33
 当科の年間手術件数は、約1,400件です。その特徴は、外傷、脊椎脊髄、上肢、下肢、リウマチ、スポーツ外傷など整形外科におけるほぼ全ての分野をカバーしていることです。手術別では、人工関節置換術が最も多く、次いで様々な部位の骨折観血的手術の順となりましたが、その他にも多くの種類の手術を施行しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 0.42 6.32 3.92% 76.94
K1781 脳血管内手術 1箇所 39 7.21 11.46 17.95% 65.72
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 26 1.85 18.35 23.08% 60.15
 慢性硬膜下血腫は、術後2日目に退院している例が多いのですが入院時に状態が悪い例では転院となることもあり、このため平均術後日数は2日より多くなっています。
 脳動脈瘤の治療は、開頭手術、血管内手術の双方を積極的に行っており、患者さんの状態に合わせて最良に治療法を選択しています。さらにハイブリッド手術室にてこの2つを組み合わせたハイブリッド治療も行っております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 61 1.43 6.69 0.00% 66.97
K509-3 気管支内視鏡的放射線治療用マーカー留置術 42 0.00 1.00 0.00% 73.93
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 39 4.69 3.69 0.00% 33.23
 当科では肺の良性、悪性腫瘍に対する手術、縦隔腫瘍に対する手術、自然気胸などの嚢胞性肺疾患に対する手術など様々な手術を行っています。
 手術数では、肺の悪性腫瘍に対する切除術が1番多く、2番目は、同じく肺の悪性腫瘍ですが、低肺機能のため切除術ができない症例へのサイバーナイフによる治療となっています。サイバーナイフでは、呼吸に合わせて腫瘍に正確に放射線を照射するために、事前に肺の中に金のマーカーを留置しますので、その件数が示されています。
 次いで、自然気胸に対する胸腔鏡下の嚢胞切除術となっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 68 4.19 19.03 4.35% 73.09
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 29 4.21 19.86 17.24% 68.72
K5541 弁形成術 1弁のもの 24 3.92 14.50 0.00% 64.33
 当科は、弁膜症治療センター開設に伴い、弁膜症の診断・治療・外来フォローと地域内で完結した医療の提供ができるよう連携に努めています。経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)も含め、低侵襲治療を進め、術後の生活の質を意識した治療方法を選択しています。大動脈弁狭窄症に対する弁置換術は、近年ますます増加傾向にあり僧帽弁閉鎖不全症にはほぼ全例形成術を施行しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 13 0.23 1.85 0.00% 71.69
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上 10 2.00 1.20 0.00% 54.60
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
 皮膚悪性腫瘍の患者は、高齢化や紫外線の影響の為近年増加傾向にあり、早期であれば完治も望めることからも当科では積極的に手術に取り組んでいます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K843 前立腺悪性腫瘍手術 69 1.07 5.87 0.00% 66.58
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 66 1.23 3.26 1.49% 71.05
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 61 1.10 3.00 0.00% 72.84
 当科の診療の基本方針の一つとして、ロボット手術をはじめとする腹腔鏡手術や経尿道的手術などの低侵襲医療の提供があります。特に前立腺悪性腫瘍手術(ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術)は全国でも在院日数が短く(平成26年、8.1日)、患者さんへの負担を軽減しております。前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺切除術の平均在院日数も5.1日と全国7位、神奈川県で1位の短さを達成しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 171 3.43 5.62 0.00% 35.20
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 131 0.95 3.79 0.00% 43.37
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 118 2.62 6.05 0.00% 35.19
 当科は、神奈川県の周産期3次救急を担う地域周産期母子医療センターとしての役割を有しています。そのような中で、総合分娩件数は1300件/年を越え、300件/年以上の帝王切開手術(選択ならびに緊急)を行い、Kコードの上位にランクインしています。
一方、婦人科診療も悪性腫瘍手術、腹腔鏡下手術や生殖医療領域の体外受精も積極的に行っており、その中で子宮付属器腫瘍摘出術(両側)腹腔鏡によるものがKコードの上位にランクインしました。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 31 1.00 7.45 0.00% 23.23
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 28 1.00 6.04 0.00% 56.96
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 16 1.31 6.13 0.00% 63.81
 内視鏡下鼻内手術、甲状腺手術、その他、頭頸部腫瘍手術を積極的に行っております。他医療機関と連携し、日帰り副鼻腔手術を実施しております。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 38 0.34 2.66 0.00% 30.82
K7182 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 21 0.19 5.86 2.86% 43.10
K672 胆嚢摘出術 12 2.58 7.75 2.63% 71.33
 腹部の救急疾患の中で虫垂炎は最多で緊急で手術をしています。膿瘍を伴わない虫垂炎は虫垂切除後早期に退院します。虫垂炎が進行し膿瘍を伴っている場合は、抗菌剤治療を継続しないといけないので入院期間が約6日と長くなります。
 急性胆嚢炎では、まず抗菌剤で炎症を抑えたのち2~3日で腹腔鏡下(または開腹で)胆嚢摘出術を施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 53 0.33%
異なる 20 0.12%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 190 1.18%
異なる 12 0.07%
 播種性血管内凝固症候群とは、様々な基礎疾患を原因として、全身の微小な血管内に血の塊(血栓)が発生して血管をつまらせ、それに伴い、出血を抑制する血小板や血液凝固因子を使い果たしてしまい、過剰な出血傾向を来す病態を言います。重篤な感染症、悪性腫瘍、外傷、出産時、大きな手術の後、などが病態を発症する引き金となります。
 敗血症とは肺炎や尿路感染症等、感染症を起因とした重篤な全身の炎症反応状態をいいます。

 当院は様々な疾患を持った治療が難しい患者さんの手術を行っており、手術後に播種性血管内凝固症候群や敗血症等を合併することがあります。また、当院は救命救急センター、横浜市重症外傷センターの指定を受けており、他の病院で播種性血管内凝固症候群、敗血症を発症した患者さんの治療の紹介や重症な外傷患者さんなど、より重篤な患者さんの受け入れを行っております。

 ここで示している敗血症の入院患者数の内訳は、入院時から敗血症を中心に加療した症例が53例、入院中に発症し、治療の中心が敗血症となった症例が20例となります。
 手術・処置等の合併症は、腎臓内科の入院治療で透析治療を行うために必要な透析シャント(静脈と動脈をつなぎ合わせること)が血栓などにより閉塞し使用できなくなり、その治療を目的(シャント拡張・血栓除去)とした入院や、整形外科の入院で人工関節のゆるみの治療や、その他、外科手術後の創部からの感染症等で入院される患者さんが該当します。
更新履歴
2016.09.30
平成27年度 病院指標を公開しました。